« 夏季休暇のお知らせ。 | トップページ | 市場が撤退。 »

これがクリーニングだ!

家庭の洗濯との対比で、ドライクリーニングの話が出てきます。

僕らもつい違いとしてドライクリーニングを例に出して説明をする事が多い。


わかりやすいんですよね。

水で洗う水洗いと、有機溶剤を使って洗うドライクリーニング。

根本が違うわけです。

そして、結果も全然違う。


各々落としやすい汚れも違い、洗う目的も違うのでわかりやすいと思って説明をするんです。



と、思っていたんですけどね、最近はちょっと違うかな?と思うようになってきました。


というのも、クリーニング店はドライクリーニングしかしていない、と思われているようで。

それはちょっと違うんだよなあ、と思ったんです。



家庭洗濯とクリーニングの大きな違いって、洗浄力と風合いや色合いの維持の違いだと思うんですね。

で、その色合いや風合いの維持の部分でドライクリーニングの説明を使うんですけど、実は水洗いもしているわけで。


汚れの種類によっては水洗いをしているし、それも家庭洗濯とは洗浄力も風合いの維持、色合いの維持も段違いでいいわけです。



水洗いもしているのに、ドライクリーニングの説明しかしなかったので、変な誤解を与えてしまってたかな?と反省をした次第。



クリーニング屋さんは、ドライクリーニングや水洗いを駆使して、綺麗に、風合い良く色合いも良く仕上げている。



そう、これが言いたいわけなんです。

ドライクリーニングだけじゃない、水洗いもしている。

というか、昨今のこの暑さ、皆さんの着用の仕方を考えると、水洗いは必須になりつつある。



水洗いの技術も上がってるんですよ。

水洗いには致命的な欠陥があったんですね。

服の腰が抜けてしまうんです。


これは家庭での洗濯も同じ。

人によっては柔らかくなった、と表現する人もいます。

でも、それは生地の生地が抜けるから。

クリーニングでの水洗いでも同様に腰が抜けるんですね。

ただ、クリーニングの場合はその後に糊をつけたりして服の腰を保つ工夫がされます。

そこは家庭洗濯と違うかな。


でも、その腰が抜ける問題もとある洗剤メーカーさんの技術で変わりつつあるんですよ。

今までと違い、洗った後の風合いが違う。

腰が抜けたようなヘロヘロ感がない、そんな洗剤も開発されています。



クリーニング屋さん、関連業界の協力もあってまだまだ進化してますよ。



日本の環境が変化してますからね。

クリーニングもそれに合わせないときれいにできませんから。

洗うだけなら家庭でもできる。

クリーニングは更に風合い良く、色合いよく洗えないとね。

それこそがクリーニングだ。(笑)

| |

« 夏季休暇のお知らせ。 | トップページ | 市場が撤退。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏季休暇のお知らせ。 | トップページ | 市場が撤退。 »