« エアコンの掃除。 | トップページ | クリーニングのハンガーが使えなくなる? »

勉強が先か、体験が先か。

昔、こんなことをよ言われました。



勉強だけしていてはダメ。

経験しないと。

行動が先!

知識は後からついてくる。



こんなこと言われた方、割といるんじゃないでしょうか?

今はあんまり聞かなくなりましたね。(笑)



いろんなことを学ぶと思うんですが、その時に体験が先か、勉強が先か、というのはみんな思うと思います。

本読んだり、セミナー受けたりしても、経験してないと頭に入らない、とか。

だから、まずは体験が先だ!と言う人、いますよね。



体験と勉強、どっちが先か?と言われると本当に難しいと思うんですよね。

確かに体験をした後に勉強をすると、頭に中への入り方が違う。

体験したことの意味が勉強で補強される感じ、よく分かります。



反面、体験がそんなに万能か?と言われるとそうでもないんですよね。

誰もが問題意識を持っていたり、常に何かを発見するような人でもなければ、体験はただの行動になります。

そこに疑問を持たなければ、次の学ぶ機会には繋がりません。


不思議なもので、学んでいたから体験で気づくことがあり、体験したから学ぶポイントがわかって強化される。


つまり、どっちも必要という事になります。



個人的には、少しだけ先に学んでおいた方がいいな、と思うんですね。

どっぷり学ぶとそれだけで知った気になって体験をしなくなるので少しだけ、ここがポイント。


そして、学んだら体験を通して確認をする。

すると、学んだ事の本当の意味を知ることが出来ます。

さらに、また学び直すと、同じことを教えてもらってるはずなのに、違う風に聞こえてくる。


これが一番効率的かな、と思うんですけどね、センスのいい人なんかだと体験から入っても全然気付いちゃうからな、こればっかりはその人に寄る、という事なんでしょうね。



今、洗濯の話をみんなでしています。

どうやったら正しい洗濯を伝えられるか?

クリーニングと洗濯の境界線を分けられるか?

とみんなで話し合ってるんですね。


でも、洗濯にまつわる話ってとても複雑で。


洗剤のことだけ考えてもダメで、汚れだけ見ていてもダメ。

服も素材だけ見ていてはダメで、ブランドやデザインも考慮しないといけない。


これやっとけば大丈夫!と言うふうにはなかなかならないのが洗濯だったりします。


あまりやにも複雑になってくると、勉強しているうちに混乱してくるんですよね。

すると、実際にやればわかる、と言うふうになる。

自分が扱っているもの、普段洗っているもの、それを通して学べば分かりやすくなる、と。



多分ねえ、ダメだと思うんですよ。

よほどセンスが良くなければ、結果的にその服専用の洗い方しか覚えない。

他の服を買ってきたら途端に洗えなくなります。


体験を通して学びたいなら必要最低限のことを知らなければ、やっている事の意味も分からないですからね。



早く知りたいから焦っちゃうんだと思います。

じっと我慢、学べる時にきちんと学んでおきましょう。

勉強した事はこれからの財産になりますからね。

それがベースにあれば、本当のプロ並みになれますから。


学びながら体験、これも実現しないとな。

一つ一つやっていくと、その先も展開が広がります。

その分大変だけど。(笑)

今やらないとね、多分もう次はないから。

頑張りましょ。

| |

« エアコンの掃除。 | トップページ | クリーニングのハンガーが使えなくなる? »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エアコンの掃除。 | トップページ | クリーニングのハンガーが使えなくなる? »