« 水をガンガン、洗剤をバンバン! | トップページ | クリーニング屋さんのお店の名前を覚えましょう。 »

服と素材の違い。

洗濯の話をしていると、話が噛み合わない事がよくあるんです。

噛み合わない理由はいくつかあって、その中に汚れの落ちる仕組みを理解してない、という事があります。



いい洗剤を教えてください!



これを言われると僕らはうーん、とうなるわけですよ。

いい洗剤って洗剤だけでどうにかなるもんじゃないからなあ、と。

洗うってことは、洗剤だけでどうにかなるものではありません。

洗剤を入れれば綺麗になるわけではなく、洗い方も大事。

その洗剤をどう使うか?に関わってくるんですね。



もう一つ、噛み合わないなあ、と思う事があるんです。



それは、どうも服を洗っている意識がないんですよね、みんな。

服を洗うというよりも素材を洗っている、そう思っている人がたくさんいるんです。


綿だから、麻だからウールだから。



だから洗える、洗えないのはおかしい、みたいな話をする人がたくさんいるわけですよ。

少し服に詳しかったり、アパレルに近い人がよく陥るんですけどね。


下手に詳しいが故に、素材に対応さえすれば洗えると思い込んでいる人、沢山います。



もう一度書きますね。

僕らが洗っているのは服であって素材ではありません。

この違いは大きいんです。

何が違うのか?というと、素材は素材そのものの話、服は素材以外にボタンやファスナー、プリントや装飾品など他のものがついている。

さらに服の形にカットされていて縫われているわけです。

これだけで全然違います。


素材だけ見れば洗えるものでも、服になると洗えないものって結構あるんですよ。

また、素材の段階なら気にせず洗えても、服になると色々注意を払ってソフトに洗わなければならないものもあるんです。


みなさん、この違いに気付かないから洗濯で失敗をするんですよね。

で、違いがわからないから失敗の理由もわからない。



これが一般の人なら仕方ないかなあ、と思います。

でもねえ、同じように服を洗っている意識がない人が他にもいるんですよねえ。

そっちが問題。


例えば、服作っている人たち。

この人たちが服を生地として認識して洗濯表示をつけていると大変なことになるわけですね。

いざ洗ってみたら表示と結果が違う、という事になりかねない。

だから、新しい洗濯表示は製品での洗浄テストをするように変わったわけですから。


また、洗濯機や洗剤を作っている人たちが服ではなく素材として認識していたら。

洗えてる、綺麗になっていると思ってるけどそれはビーカーの中の話で本当に洗濯機で洗った時に綺麗になるのか?わからなくなりますよね。

まあ、そんなことはないと思いますけどね、きちんと洗濯機を用意して服を用意してテストしていると思うんだけど



素材を知ることはとても大事です。

これは消費者も同じ。

素材の特性をきちんと知ると洗うとき、服を買うときにとても役に立ちます。

しかし、その情報はあくまでも情報の一つとして、いざ洗うときには服として全体を見るようにしましょう。

そうすると、洗えない服、洗っても大丈夫な服、と見分けられるようになりますよ。




| |

« 水をガンガン、洗剤をバンバン! | トップページ | クリーニング屋さんのお店の名前を覚えましょう。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水をガンガン、洗剤をバンバン! | トップページ | クリーニング屋さんのお店の名前を覚えましょう。 »