« 洗剤を読む。 | トップページ | お米を買いに。 »

どこまで洗えるようにするか?

今、クリーニング屋さんや洗濯に興味のある人たちと、洗濯の基本の話をしています。



生活に必須な洗濯なのに、洗濯の仕方を教えてもらったことがない、きちんと学んだことがない、というのがきっかけ。

毎日洗濯しているけど、洗濯物を入れて、洗剤を入れて、ボタンを押しているだけ、何をしているのか?実はよく知らない、と皆さん口を揃えていいます。


小学四年か五年の家庭科の教科書には洗濯のやり方がきちんと載っているんです。

でも、授業でやった記憶のある人はほとんどいないんじゃないですかね。

僕もありません。

授業で取り上げていなかったんじゃないのかな、と思うんですよ。



洗い方の基本的な話をしていると関係する話がたくさん出てきます。



洗濯を考えた時に、考慮するものがいくつもあって、それらを組み合わせて洗濯をしています。


洗剤だけで決まるものではなく、洗浄時間だけで決まるものではなく、服のそばに合わせ、汚れの具合に合わせ、服についてる装飾品にあわせ、それらを考慮して洗剤を選び、洗浄時間を選ぶ。

全てが関係しているのできちんとやろうとすると全てを知らなければ洗えないんですね。



こう書くとものすごく難しいもので、家庭で洗うのは難しいのではないか、と思っちゃうんです。

でも、勉強してみると案外シンプル。

一つ一つは細かいんですけど、問題はグループごとに分かれているので、対処法としてそんなに数があるわけではない。

いくらか簡単にまとめることはできるけど、最初の勉強だけはしなきゃね、と言った感じになります。



洗濯の基本を考え出すといろんな壁にぶち当たるんです。

服を全部洗濯しようとしたら、実は洗えます。

もちろん、洗うだけなら、ですけどね。

若干気になるところも出てくるのは仕方ないのですがそこに目を瞑れば洗える。


洗えるけど覚えることがたくさん、気になることがたくさん出てくるわけです。

じゃあ、もう少し簡素化しようか、となると今度は洗えるアイテムが減ってくる。


どのレベルまで洗濯をしようか?ということにぶち当たるわけですよ。


何にも考えないで、これだけやれば洗えますよ、洗濯できますよ、というレベルに落とし込むと、下着以外洗えなくなります。

でもそうなると困るわけで。

知りたいのは下着の洗濯ではないですからね。


では、他のカジュアルの服も洗いたい、となると注意する所、やることが増える。

それを見極める知識も必要となる。



服の難しさが急に出てくるわけです。


見た目似たようなものでもほんの少しの違いで洗い方は変わります。

そこを知らないと、洗い上がったらおかしくなった、と言うことになりかねないんです。



どこまで自分で洗えるようにするか?ものすごく悩みます。



特に最近はインナーとかにいい素材を使っているものとかもあるので、いくらいい素材といっても毎回クリーニングに出すわけにはいかないですよね?というご意見もあるわけです。


ここまで来ると、買う時に洗える素材にしないからと口から出そうになるのですが、それは一旦置いといて、その服の扱いはどれがいいのか?もう一度見直したりします。


結果、やはりクリーニングをお勧めすることにはなるんですけどね。

インナーだけど、洗うのが難しいいい素材を使っているから仕方ない、と。

そのメンテナンス費用含めた贅沢品なんです、という結論になるんですね。



ようやく洗濯の話の先が見えてきたかな、と思うとまた戻ったり。

いい答えが出せるように、みんなで色々と話し合っています。


どこまで洗えるようにするか、悩ましい問題です。

| |

« 洗剤を読む。 | トップページ | お米を買いに。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 洗剤を読む。 | トップページ | お米を買いに。 »