« クリーニング屋さんが選ばない服って何? | トップページ | 洗濯で喧嘩しちゃダメ! »

クリーニング代は高い?

クリーニングって高いと言われることがあります。

クリーニング屋さんにはチェーン店と個人店とありましてね。

この2つ、料金が全然違うんですよね。


ともすれば、個人店のクリーニング屋さんだとチェーン店の数版のクリーニング代になる事もしばしば有ります。



個人店のクリーニング代は高い!という人もいれば、そもそもチェーン店のクリーニング代でも高い!自分で洗えるのに!という人もいらっしゃるんですね。



自宅で洗う品質とクリーニングでの品質の違いはここで今更説明しても仕方ないので。



不思議なんですけどね、クリーニングに関係ない時はクリーニング代が高いと思うんですよね、みなさん。

それがクリーニングの事を知ると、洗濯のことを知ると、クリーニング代は安い、に変わるんですよ。


不思議でしょ?



そもそもクリーニングってなにをしているか、みなさん知らないんですよね。

下手すれば、何も考えず、洗濯機に入れて、ボタンを押して、乾燥して、アイロンかけているだけ、と思ってる。


まあ、確かにそういうこともしているんですけどね。(笑)


でも、何も考えないで、単なる作業としてやってるだけじゃないわけですよ。

そこには、素材を見て、デザインを見て、汚れを見て、適切な処置をしているわけです。


その素材を見る、という事も綿や麻、ポリエステルなどの特性を知っていて、どの薬品に強いか?どの薬品に弱いか?も知っていて、摩擦に強いか弱いか、も知っている。

さらに、過去のトラブル事例も頭に入れてて、このデザインの服は過去にこう言ったトラブルがあったな、とそこの確認もしたりしています。

さらに、着用している物ですからね、その着用の状態を想像して、どのあたりに汚れがついているか?確認もするわけです。


食べこぼしもあるかもしれない、袖の後ろに何か付け足しみがあるかもしれない、脇の下に汗のしみがあるかもしれない、襟の汚れ、袖口の汚れ、ポケット周辺、お腹周り、シミではないかもしれないけどうっすらと汚れが蓄積してないだろうか、とか。


細かく見てるんですよね。


さらにさらに、クリーニングに出されるまでのことも想像するわけですね。


他のクリーニング屋さんで洗った形跡はないか、自分で洗っていたのか、汚れ具合から確認をします。

なぜそんな事をするのか?というと、汚れが落ちてないケースがあるから。

チェーン店に出してたりすると、たまに逆汚染されていることがあるんです。


逆汚染、再汚染、とか言いますね。

汚れが落ちてないのではなく、落ちた汚れが服に戻る現象です。

これが起きてると普通に洗ったのでは落ちないかな、とか。


こんな事を全ての服に対してチェックしながら仕事をしているんですね。

で、これを聞いた人は、みなさんクリーニング代は安過ぎる、と言うわけです。


これ、誰でもできそうでしょ?

できないんですよね。

なぜなら、知らないから。

僕らはきちんと勉強をし、国家資格も取り、その上で毎日の業務で学んでいます。

なので、これらの判断は割と一瞬で済んじゃうんです。

一眼見れば、素材の特性から扱い方、汚れの具合までわかるし、そこからさらに気になれば細かく見ます。


でも、これを普通の人たちがやろうとしたら、厳しいと思いますよ。


じーっと見てもわかるかどうか。

一つ一つ調べてたら朝洗おうとしたものが夜になりますよね。(笑)



これを当たり前にやっているのが、個人店のクリーニング屋さんな訳です。

さらに言えば、クリーニング師が仕事をしているクリーニング屋さんなんですよね。



クリーニング、少しは見直してもらえたでしょうか?

ぜひ、今年の衣替えは、個人店のクリーニング屋さんに出してみてください。

その良さを体感できると思います。


| |

« クリーニング屋さんが選ばない服って何? | トップページ | 洗濯で喧嘩しちゃダメ! »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリーニング屋さんが選ばない服って何? | トップページ | 洗濯で喧嘩しちゃダメ! »