« 光触媒のカバー。 | トップページ | 背中に汗染み。 »

なぜ、ドライクリーニングは油で洗うのか?

ドライクリーニングの説明は至る所で目にするようになったと思います。


油で洗っている。

形の崩れない洗浄方法だ。


見たことある方、多いんじゃないでしょうか?

でも、なぜドライクリーニングは油で洗うのか?と言う問いに答えているものは今まで見たことありません。


誰かあります?

ないと思うんですよねえ。

という事で、なぜドライクリーニングは油で洗うのか?を説明してみようと思います。



この説明をするには事前情報として水洗いの説明をしなければいけません。



そもそも、ドライクリーニングがなかった時代は、全部を水洗いしていました。

綿も麻もウールもシルクも。


水で洗っていて不具合がかなり出ていたんですよ。


綿製品は毛羽立つ。

ウールは縮む、腰が抜ける。

シルクも毛羽立つ。

色が抜ける。



仕方ないんです、水で洗うってそう言う事なので。

水は汚れも落ちますが繊維に対する影響も強い。

だから、洗い上がった後にいろんな不具合が起きていました。


ドライクリーニングは偶然油をこぼしたことで発見された洗い方なんです。

油をこぼしたところがきれいになっている、と。

さらに、汚れが落ちたところが毛羽立つわけでもなく、腰が抜けるでもなく、風合いを維持している。

ここからドライクリーニングの歴史が始まっていったんですね。


服を洗う時に必要な能力というものがあります。



服に残留しない事。

服に変化を起こさない事。



これが洗う時に求められる性能です。

油はこの2つを見事に発揮してくれるんですね。


クリーニングに使われる油は溶剤と呼ばれています。

有機溶剤というやつですね。

ギトギトしたやつではなく、ベタッとしたやつでもなく、サラサラってしている液体。

服や装飾品に変化を与えにくいものになっているので、洗っても服を傷めることはありません。

また、水のように洗っても腰が抜けることもない。

そして、揮発性の液体なので、揮発させてしまえば繊維上に何も残らない。


ここ、とても大事。


洗剤のように繊維上に残る可能性もなく、干しているだけで気化してなくなってしまう。

これって体にも悪い影響を与えない、という事。

すっごい大事なんですよ。


汚れを落とすものなら他にもいくつかあるんです。

それこそ、油の中にも他に汚れを落とすものがある。

でも、汚れを落とすからといって全部使えるわけではないんですよね。


服に残らない、装飾品や生地に影響を与えない。


これらを満たしているのが今のドライクリーニングの溶剤という事なんです。



この繊維の上に残らない、という事がいかに大事か。

残っていたらどうなるか?クリーニング師である僕は想像もしたくありません。


なぜか?


残ってしまうと体に悪い影響が出るからです。

吸っても良くないし、溶剤の残った服を着用していると化学火傷を起こす事があります。


だから、気化して残らないことがとても大事、という事なんですよね。



たまに、クリーニングから返ってきた服が石油のようなにおいがする、という話を聞きますが、これは完全にやっちゃダメな事なんです。

クリーニングから返ってきた時についている袋を取るか?という話の時も、溶剤が残っていることがあるから袋は外しましょう、なんていっている人がいますが、そもそも残っていちゃいけないんものなんです。

ましてや、残留していてそれを家の中で干すなんて有り得ません。

帰化した溶剤を吸うなんてしちゃいけないんですよ。

  


もし、クリーニングから返ってきた服が臭うときには、クリーニング屋さんに持ち込み、再乾燥をしてもらいましょう。



少し話がそれましたが、ドライクリーニングで油を使う理由はこんな感じなんですよね。

いろんなものなる中で、理に適っているものが残って今利用されている、という事です。


ぜひ、クリーニングの歴史が作り上げてきたドライクリーニング、お試しくださいませ。






| |

« 光触媒のカバー。 | トップページ | 背中に汗染み。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 光触媒のカバー。 | トップページ | 背中に汗染み。 »