« クリスマスの話、面白かったですよ! | トップページ | マイナス6度! »

緊張したから?

去年の服は汗染みがすごい、という話。

ずーっと違和感を感じているので考えてみたんですよね。



確かに寒暖差があれば汗はかきやすくなる。

建物の中は暖房が効いているので暖かいし。

オーバーやコート類が本当に必要な場面ってあまり多くないのかもしれません。


しかし、それ以外の服も汗染みのひどいものがある。

最初は洗ってなかったから?と思ったけど、それにしては着過ぎ?とも思うし、この状態でそこまで着てたのかな?という疑問も残る。


ここでふっと、友達のクリーニング屋さんの言葉を思い出します。



緊張する仕事をしていると、汗が落ちづらい。



先日と書きましたね。

もしかしたらコレが影響したのかな?なんて思うんですよ。


コロナでリモートが増え、人と会う機会がめっきり減りました。

この状況を快適だ、と話す人も沢山いましたしね。


で、スーツやコートを着ていかなきゃいけないのって、やはり人に会う時だと思うんですよね。



久しぶりに人に会うのに緊張したんじゃないか?



なんて想像をしてみたんです。

すると、いろんなものが当てはまってきます。

コートだけでなく、ニットもジャケットも、全てにおいての汗染み。

人に会う時に着るような服が多い点。



もしかして、これかなあ?



僕、普段車で配達に出てて、滅多に電車に乗らないから、変な汗かきますしね。

緊張しているつもりはないけど、落ち着きません。

もし、これならコロナが落ち着いて、前のような状況になるまで汗染みは増えていくのかも。


引き続き、検証が必要だな。

こういうのってクリーニングの現場だけでは分かりづらいんですよね。

他の業種の人たちの話を聞いて、総合して判断していかないと。

もし、緊張が関係しているなら、他の業界でも何らかの変化があるはず。

リサーチしにいかなきゃダメだな。(笑)




| |

« クリスマスの話、面白かったですよ! | トップページ | マイナス6度! »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリスマスの話、面白かったですよ! | トップページ | マイナス6度! »