« 値上げの先にあるもの。 | トップページ | みんな元気でいてね。 »

廃業を防ぐには?

クリーニング屋さん、色々と厳しいんです。

コロナ禍に入ってからさらに厳しくなりましたが、実はそれ以前からずっと厳しかったんですよね。


コロナ禍に入ってから、感染者の多い地域、まん防や緊急事態宣言の出た地域などで差が出ています。

東京はかなり酷かったんじゃないかなあ。


友達がTwitterでこんなことを呟いてたんですよ。


廃業で検索したらおそろしい結果が、と。



そう言われたら検索するしかないですよね。

で、検索したんです。


確かにおそろしい結果がそこにはありました。



去年から沢山のクリーニング屋さんの廃業があるんですね。

つぶやきですから、クリーニング屋さんからのものではないんです。

みんなお客さんからのつぶやき。


クリーニングに出しに行こうとしたら廃業してた、とか。

仕方ないから他のクリーニング屋にいったらそこも廃業してた、とか。


何人もが、クリーニングに何が起こっているんだ?とつぶやいてます。

僕らクリーニング屋さんの中でも、廃業が増えていると言う話は出ていますが、実際にお客さんの側からこう言う話が出て来ると言うことは、相当やめているお店があるということですよね。


ただ、一つだけ救いはあります。

やめているクリーニング屋さんがどんなお店かまでは分からないということ。


チェーン店の取次所かもしれないし、個人店かもしれない。

この二つは大きく意味が違いますからね。

取次は比較的簡単にやめられますが、個人店がやめるとなると、それは工場が一つ消えるということ。


これ、相当まずいんです。



なぜなら、取次はまた出店できるんですけど、工場は多分もう作れないから。

クリーニング屋さんの工場は今新規出店が相当厳しいんです。

法律の壁の問題があるんですね。


なので、誰かがクリーニング屋さんを継がないと、クリーニング屋さんは減っていく一方なんですよ。

これから先は、個人店がやめていくと、大手チェーン店の取次しか出せなくなるので、そういうお店ばかりという事になります。



大手チェーン店の中にもしっかりしたお店はありますけどね。

でも、個人店のクリーニング屋さんがなくなったら本当に困ると思いますよ。


今、SDGsとかサスティナブルとかエシカルとか言いますけどね。

上っ面の話ならなんとかなるんです。

でも、本当にこれらをやろうとしたら必ずクリーニング、それも個人店の力が必要になる。

それが無くなるって事は使い捨ての未来になっていくということでもあります。


絶メシリストなるものがありますよね。

そして、そういう貴重なお店を無くさないように後継者を名乗り出たり。

クリーニングもそんな風にならないかなあ。

景気の悪さもあるけど、後継者不足が深刻なんだよなあって思います。

| |

« 値上げの先にあるもの。 | トップページ | みんな元気でいてね。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 値上げの先にあるもの。 | トップページ | みんな元気でいてね。 »