« クリーニングと洗濯、どう分けていいかわからないんだと思うんですよね。 | トップページ | ゼロから学ぶ洗濯講座、始まります! »

部屋干し臭は干し方では解決できません。

これから梅雨の時期に入ってくると、洗濯物を外に干せる日が少なくなります。

また、最近は日常的に洗濯物を部屋干しする人も増えていて、それと同時に部屋干し臭なる、洗濯したのににおいが出る問題に苦労する方も多くいるようです。


まるで部屋で干すから匂いが出てしまうかのようなこの表現。

やめた方がいいですよねえ。

誰かが言ってたな、部屋に謝れ、と。(笑)



この部屋干し臭対策として、いろんなやり方があちこちで見られるようになりました。


漂白剤を入れて洗えば匂いは無くなる、とか。

マグネシウムを入れて洗うと匂いがなくなるとか。

乾かし方を工夫すれば匂いがなくなるとか。


特に、乾かし方の工夫はいろんなところで見かけますね。

雑菌の繁殖をなるべく阻止したいので、できる限り早く乾燥することが大事だ、と言うわけです。


雑菌が臭いを発せいさせている。

だから、雑菌が繁殖しないようにすればいい。



一見、正しいように聞こえますよね。

これね、僕は一時的な効果だけであまり意味はないと思うんですよ。

干し方で解決するのはその場しのぎで根本的な解決にはなっていないんです。



そもそも部屋干し臭というのがなぜ発生するのか?というと、雑菌が出す排泄物が臭いを発せいさせているんですよね。

花王が発表していますが、モラクセラ菌というのがいて、それが原因だというんですよ。


モラクセラ菌が原因なら正しいんじゃないの?と思うかも知れません。

でも、なぜ乾かし方では一時しのぎで根本的な解決にならないか?というと、部屋干し臭の原因は菌の餌が服に残っているのがそもそもの原因だからなんですよね。


簡単に言うと、汚れが残ってるから匂いが発生する、と言うシンプルな話なわけです。


汚れが残っているから、菌がそれを食べ、排泄してにおいが出る。

モラクセラ菌というのはその辺にいる菌なので、仮に洗濯で完全に排除できたとしてもまたやってきます。

しかも、残念なことに完全に排除するのは無理なんですよね。

必ず菌は残るんです、ほんの少しでも。


すると、菌よりもその餌が沢山ある方が問題、と言うことになるわけですよ。


干し方で一時的に菌の繁殖を妨げたとしても、着用して体温で服の温度が上がれば菌は活発に繁殖します。

そうしたらアウト、すぐ臭い始めますよ。


だから、乾かし方で部屋干し臭を解決しようとするやり方では防げないんですね。


では、部屋干し臭はどうやったら防げるのか?



実は簡単なことで防げるんですよね。



それは、水の量を増やすことと、すすぎの回数を増やすこと。

これで解決しちゃうんですね。



菌の餌=汚れなんですけど、いろんなやり方があるんですが、そもそも十分にすすぎ切れてなくて汚れが残っているケースが非常に多いんですね。

また、最近の節水ブームで水が圧倒的に足りない。

そのせいで洗浄力もかなり弱くなっているんですよ。


なので、まず洗う時に水の量を増やす。

そして、すすぎを3回に増やす。


これだけで部屋干し臭がなくなり、さらに服が白くきれいになります。



干し方を工夫するよりも全然楽だし、効果も抜群です。

この一年、クラブハウスで部屋干し臭のご相談を沢山受けてきて、この説明をして改善した人が沢山いますからね。

本当におすすめです。



世の中にはいろんな洗濯のやり方やクリーニングの話が出てますけど、本当に意味のある話ならきちんと効果出ます。

逆にいうと、やってみたけど効果が出ないなあ、と言うときは何かが違うと言うこと。

その話自体がおかしいか、やり方と目的があってないか。

そのどちらかですね。


ぜひ、部屋干し臭で悩んでいる人がいたら試してみてください。


| |

« クリーニングと洗濯、どう分けていいかわからないんだと思うんですよね。 | トップページ | ゼロから学ぶ洗濯講座、始まります! »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリーニングと洗濯、どう分けていいかわからないんだと思うんですよね。 | トップページ | ゼロから学ぶ洗濯講座、始まります! »