« 玉子サンド研究所。 | トップページ | 善光寺。 »

意識を汚れから服へ。

一般の方とクリーニング屋さんでは、洗う時に考えていることが微妙に違います。

どこに重きを置いているか?が違うんですよね。



一般の方は、汚れを落とす事に主の目的を置くんです。



ではクリーニング屋さんは?というと、服を傷めないことを一番に考えるんです。



これ、どういう違いがあるか?というと、一般の人からのご相談を聞いているとよくわかるんですが、とにかく汚れの落とし方を聞いてくるんですね。

なんの素材かもなく、どんな服かもなく、服にこんなシミがついたんだけどどうやれば落ちますか?みたいな質問がくるわけです。


僕らも汚れを落としたい気持ちは無茶苦茶強いです。

でも、その汚れを落とすために考える事は、まず服の事なんですよね。

その服がどういう洗い方ができるのか?どの薬品に耐えられるのか?などを考えるわけです。

そこから、出来ることを考えて行って汚れを落としていく。


汚れを落とすだけなら、その汚れに一番効果のあるものをぶつければいいんですよね。

でも、その代わり服が傷んでしまう、という事もあるわけです。


僕らは人様の衣服を預かっているので、服を傷めるわけにはいきません。

だから、第一に考えるのは服を傷めない事。

それと同時に汚れを落とすことを考えるわけです。


でね、みなさんにもう一度考えてみてもらいたいわけですよ。


皆さんが服を洗う、と思ってる結果ってどんなものなんだろう?と。



まず、汚れがきれいに落ちてくれることを望みますよね。

そして、色も褪せてなくて発色良く。

さらに、肌触りも買った時に近いものの方がいいな。


で、これって服が傷んでないものを想像していると思うんですよ。

ヨレヨレになってない、破れてない、縮まない。


つまり、みなさんも服を洗うときに望んでいることって、服を傷めないで洗いたいってことなんですよね。


だけど、洗って服が痛むとは思ってないから、汚れの落とし方を聞いたら望んだ結果が出来ると思ってる。


いざ洗ってみるとなんとなくおかしいから、他のやり方、上手いやり方があるんじゃないか?とまた質問をする。


こんな感じなんじゃないですかね?



服を洗うとどうなるか?



これをアップデートする必要があるんですよね。

服ですから、洗ったら皺がつくのは当たり前です。

ものによっては多少の縮みも出ます。

気をつけて洗わないと色褪せも起こります。


そう、服はこういうものなんですよ。

だから、ここに配慮して洗わないと影響が大きく出ちゃう。

逆に言えば、服の変化を考慮して、それに合わせて洗えば汚れも落としやすくなる、という事なんですよね。



今、僕らが洗濯講座をしていて、伝えているのはこの部分。



汚れを落とすために、見るのは服の方ですよ、というお話です。

服のことを置き去りにして、きれいにする事はできませんからね。

意識を汚れから服の方に変えていきましょう。

汚れ落ちも変わってきますよ。

| |

« 玉子サンド研究所。 | トップページ | 善光寺。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 玉子サンド研究所。 | トップページ | 善光寺。 »