« 日曜ですが仕事です。 | トップページ | 朝一で修理に。 »

カシミヤのニットはどう洗う?

昨日、洗濯王子の中村くんのセンタクライブで、カシミヤのセーターのお洗濯の話をしていました。


衣替えの時期ですから、そろそろカシミヤのニットは洗いたい所。

自分で洗う方法は?とか洗う注意点など質問が多いんでしょうね。



王子も話してましたが、カシミヤは基本クリーニング一択だと思うんですよね。


みんな、なぜ自分で洗いたがるのか?不思議でならないんですよ。

だってね、カシミヤって高級絨毛繊維と呼ばれている素材です。

ウールの仲間ですけど、ウールよりも柔らかいし肌触りはいいし、暖かい素材。

ウールより性能がいいから、そもそも買う時に値段が高いわけですよ。


で、それを洗うのに、ウールと同じに扱えるわけないでしょう?と思うんだけど、これってそうは思ってないってことなんですかね?

洗うのはみんな同じ、高級素材も普通の素材も変わりない、と思っているのかなあ?



柔らかい素材と硬い素材、同じように扱えるわけないって想像できると思うんです。

より丁寧に扱う必要が出てくるわけですよね。


また、自宅で丁寧に洗うから、という人もいますが桶に水張って押し洗いする程度でどのくらい汚れが落ちると思っているのか?そこも不思議だなあと思うんですよね。


今の服の汚れって複合的なんですよ。

内側から出る汗などの汚れ、排気ガスなどの外からくる油の汚れがあるわけです。

よく、汚れのほとんどは水で落ちる、という人がいますが、水で落ちる汚れは確かにありますが、水に溶ける汚れですら水につけただけでは落ちないんですよね。


こういう話をする人たちって、ナチュラル系の洗濯をしてる人たちに多くて、界面活性剤とかそういう化学的なものを嫌う傾向があるんですが、水は自然なものだからと信じたいんだろうけど、事はそんなに簡単な話ではないわけです。


一言で言うなら、洗濯を舐めんな!って感じ。



そんな簡単ならうちらクリーニング屋はこんなに苦労していません。



話を戻しますが、カシミヤのニットを自宅で洗う方法はないのか?と言われることがあります。

自宅でも洗える、でも、クリーニングよりも品質が落ちる。


どう落ちるか?というと、風合いが変わったり、ヌメ感がなくなったりカシミヤ本来の風合いがなくなっていくんです。


それでもいいよ、という人が自分で洗うのは構わないです。

納得の上でやってますからね。


でも、もう一度考えてもらいたいのは、そのカシミヤのニット、買った時に大事にしようと思いませんでしたか?と言うこと。


来年もまた買った時のような柔らかさ、風合いで着たいと思いませんか?と言うこと。


少しでもそう考えるならカシミヤ製品はクリーニング一択なんですよね。


カシミヤも安くなってますからね、そもそもがいい素材というのを忘れてしまってる人たちもいるようです。

カシミヤはいい素材です、大事にしてもらいたいなあと思います。

| |

« 日曜ですが仕事です。 | トップページ | 朝一で修理に。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日曜ですが仕事です。 | トップページ | 朝一で修理に。 »