« 漂白剤は白くするものじゃない。 | トップページ | 美味しい時は連絡が来ます。(笑) »

部屋干し臭対策で1番効果があるのは?

梅雨の時期に入ってきて、やたらめったら部屋干し臭の話題が入ってきます。



洗濯したのに部屋干し臭がする、その対策は?



という話がほとんどです。

面白いのは、記事やニュースはいくつもあるのに内容はほぼ同じと言うこと。

どこかの誰かが発信したものがいくつもの媒体で発信されているんですよね。


大体がこんな話ですよね。



まず、乾かし方を工夫しましょう。

時間をかけて乾かすと菌が繁殖します。

部屋干し臭の原因は、モラクセラ菌が増える時に出す排泄物が原因です。

素早く乾かすことで菌の繁殖を防げます。


とか。



臭いの原因は菌の繁殖です。

洗う時に酸素系の漂白剤を使うことで臭わなくなります。


とか。



そんな話をしてると思うんですよね。

確かにこれでも匂いがなくなることはあります。

でも、全ての匂いがなくなるわけではない。

では、なくなる人と無くならない人の差はなんなのか?と言うと、そもそも洗濯が人によって違いすぎるのが原因なんですよね。

だから、部屋干し臭の原因もみんな微妙に違うわけです。



さらに言うと、実はこれらの対策では、洗った直後は匂いはしないけど、着ているとすぐに匂い出してしまうんですよ。


なぜか?


部屋干し臭のの原因であるモラクセラ菌は常在菌と言って体にもついているしその辺にもいるので、すぐついて繁殖するから。



乾燥時間を早くして繁殖を妨げたとしても、着用して体温で温まればすぐ増えます。


漂白剤を使って一旦菌を消したとしても、着用すればまた服に菌はつくので増えます。



ね?この方法だと匂いは消えないんです。

で、なぜこの方法で匂いが消えないのか?という核心的な話をすると、服に汚れが残っているのが原因なんですよ。


つまり、菌の餌が服に残っているから部屋干し臭を起こしてしまうんですね。



これ、逆に言うと、菌の餌がなくなれば、菌がいても部屋干し臭はしなくなるんです。


洗っているのに菌の餌、汚れが残っているのは洗浄力が足りないから、と思いがちなんですが、実は原因は洗浄力不足ではなく、すすぎが原因です。

すすぎが圧倒的に足りないんですよ。


一回濯ぎの洗剤とか売られているし、洗濯機の標準コースが2回しか濯がないとか。

また過度に節水されているので、洗う時も濯ぐ時も水かたりません。

せっかく、洗剤で落としやすくなった汚れが、きちんとすすがれないので、服に汚れが残ってしまっている、と言うわけです。


原因はわかりました。

では、どうすればいいか?



もう答えは出ていますが、濯ぎを増やすこと。

これで全て解決します。

というか、これ以外の解決方法では、匂いがまたすぐ発生します。


なので、濯ぎの回数を増やす、これが部屋干し臭対策で1番効果が出る方法。



僕は3回を推奨します。


水の量を増やして、すすぎを3回にするだけ。

漂白剤も使わない、干し方も普通に干せる、それで匂いが消えちゃう。

こんな簡単なことで、と思うかもしれませんが、この一年で僕らが出した答えです。


本当に今、色んな干し方や洗い方が出回っていますけどね。

彼らはまだアップデート出来てない。

その内、ネットやテレビに出る部屋干し臭対策のやり方はすすぎ3回に変わっていくと思います。

みなさん、覚えておいてくださいね。



| |

« 漂白剤は白くするものじゃない。 | トップページ | 美味しい時は連絡が来ます。(笑) »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 漂白剤は白くするものじゃない。 | トップページ | 美味しい時は連絡が来ます。(笑) »