« 言葉の違い。 | トップページ | いい風だ! »

洗う事よりも汚れたまま着る方がハイリスクです!

よく、どのくらい来たらスーツをクリーニングするのが良いですか?と言う質問をネット上で見かけます。


だいたいそれに応えているのはファッション関係の人たち。

中には紳士服を販売しているデパートにお勤めの方もいらっしゃったりします。


大体ざっくりと答えていますが、みんな答え方が荒い、と僕らは思うんですよ。

ファッション系の人たちは、みんな自分達と同じように服を持っていて関心を持っていると思っているのかな?とたまに思います。

僕らクリーニング屋からすると、ファッション好きな人もいればそうでない人もいる、消費者は千差万別だ、と言う思いの方が強いので、ざっくりとスーツを洗うタイミングや頻度の話をファッション性の人たちがしているのを聞いているとモヤモヤするんです。


まず、何が1番モヤモヤするのかと言うと、スーツを持っている人の状況を無視しているから。



洗う回数や頻度なんて、そもそもその人が何着スーツを持っているか?に寄って変わってきます。

ここを無視しての会話は成立しません。

なぜなら、1着しか持ってない人と10着持っている人とでは1着あたりのスーツを着る回数がぜんぜん変わってくるから。

最近は季節に応じて頻度やタイミングを変えた説明をしている人がいますが、それでも着数を無視した説明は雑過ぎます。


もう一つ気になることがあります。

これはもう何年も聴いているんだけど、その根拠を誰も説明してくれない。


クリーニングのし過ぎはいけません、と言うもの。



この説明が納得いかないんですよねえ。

たまに軽く説明をしているものがあって、そこにはウールの油を取ってしまうから、と言うのがあるんですが、誰だこんなこと言ってる奴は?

油取れるほどドライクリーニングは油脂溶解力は高くないです。

過去にはものすごく強いものもありましたけど現在は強いものは使ってないのであり得ない。

パサつくと言うのであれば、それは洗いの問題ではなく別の問題です。


パサつく原因もわからないのに適当に話すのはいただけないなあ。

もっと勉強してから発言してもらいたいです。



クリーニング屋として気になるのは、洗いよりも着用による損傷。

みんな、洗うと傷むとか言いますが、着用してて痛まないとでも思っているんですかね?

着用ってかなりスーツに負担をかけてます。

さらに、汗をかいたり汚れたりすると、スーツが硬くなるので余計傷みやすくなる。


僕からしたら、洗うリスクと洗わないできるリスク、どちらが危ないか?と言われたら、確実に洗わないで着るほうが危ない、と答えますね。



何で洗うと服が傷むと考えるんでしょう?

何で着用で傷まないと思えるんでしょう?

着用していたら服は擦れるんですよ?

十分傷む要因はあるんですけどね。


服を傷めたくなかったらやる事は決まってます。



汚れたまま着ない、と言う事。



汚れたまま着ていると服は傷みやすくなる。

だから定期的にクリーニングをする事で、汚れを落とし、着用中の摩擦などから服を守ることができる訳です。


スーツを洗うタイミングは?と聞かれたら、汚れて服が硬くならないうちにクリーニングしましょう、と答えます。

これだと、着数の違いも臨機応変に対応できるかな、と。

課題ってどんな状態か、わからないと言う方も大丈夫。


汚れて来たら、ベタついてくるし、肌触りがざらざらして来ます。

誰でもわかるから大丈夫。

汚れたよ、と言うサインが出たらクリーニングに出しましょう。

適切なタイミングでクリーニングしていれば、スーツは驚くほど長く着用できますよ。

| |

« 言葉の違い。 | トップページ | いい風だ! »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 言葉の違い。 | トップページ | いい風だ! »