« ミスジャッジ。 | トップページ | 午後から愛知に出張です! »

伸びないシャツ。

ご家庭でYシャツのアイロンをかけている方もいらっしゃると思います。

うまく行くもの、うまく行かないもの、あると思うんですよね。

見た目は変わらないワイシャツなのに、何が違うんだ?と思う方もいると思います。


素材が違うんですよ。

それが掛けやすいものと掛けにくいものの差なんです。

簡単にいうと、化学繊維は割と掛けやすい。

ポリエステルとかですね。

そして、植物繊維だとかけにくくなります。

綿や麻などがこれにあたります。


どちらも掛け方を知っていればビシッ!と伸ばせるんですが、アイロンの原理を知っている人はあまりいないのでほとんどの人がアイロンがけをしても伸びてない状態になっています。


実は昨日もワイシャツのアイロンかけのご依頼がありまして。


普段ご主人のワイシャツのアイロンをかけているので、これも出来るとやってみたら何をしても伸びない、と。

シワが取れないと言います。

素材を見てみるとやはり綿。

霧を吹きかけても伸びなかったとおっしゃっていました。


お預かりしてアイロン掛けを。

そして、お渡しするときに見てもらったんですよね。

こんな状態ですけど、いいですか?と。



すると、驚いているんです。

シワなく伸びているから。

で、なんで驚いているのか?というと、自分が思っていた伸びている状態と全然違うからなんですよね。


自分が思っているシワが伸びた状態が伸びてないと気付いしまったんでしょうね。

でも、これは仕方ない、アイロンの原理はほとんどの人はが知らないですから。


僕が何年も懸念しているのはこの部分で、皆さんが思っている普通の状態というのが、普通ではないという事なんですよね。

シワがない、と思っているものがシワクチャなのはよくある話で。

でも、それは消費者が悪いんじゃなくて、メーカーが悪いんですよ。


乾燥機でシワが取れる!としわくちゃの服を見せてみたり。

アイロンでこんなにシワが取れます、とシワのまんまの服を見せたり。

どちらも使い方でシワは取れるんですが、なぜか宣伝に使うものはちゃんとしてない。

そのせいで、消費者に間違ったイメージを植え付けてしまっているんです。


だからクリーニングをしても変わらないと思い込んでる人が出てきてしまったり、洗っても服は綺麗にならないと思ってしまったり、服は一年でダメになると本気で思う人が出てくる。


間違ったイメージを持たせた責任を感じているのかなあ、各メーカーは。

CMの罪は重いですよ。


今回、お問い合わせいただいて、実際に仕上げて説明をしたので知ることができましたが、僕らに問い合わせてこなければ知る事もできませんからね。


SDGsとか言うけど、ここのイメージをきちんとすることのほうがよほど大事だと思う。

服が綺麗になることをもっと多くの人が知ることが環境が良くなる近道だと思いますけどね。


| |

« ミスジャッジ。 | トップページ | 午後から愛知に出張です! »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミスジャッジ。 | トップページ | 午後から愛知に出張です! »