« クリーニング屋の受付では普通しない会話。(笑) | トップページ | スーツの扱い方。 »

ちゃんと綺麗にしてもらえるクリーニング屋を選びましょう。

今年は急ぎの仕事の多い年のようです。

昨日までに仕上げてほしい、というご依頼が結構あったんですね。


その全部が制服だったんです。


多分入学式に合わせてのものだと思います。

それまでどんなふうにお手入れをしてきたのか?見ればすぐわかります。

ご自分で洗っていたり、クリーニング屋さんに出していたり。

全体的に言えることは、汚れているなあ、ということ。

学生服ですからね、ある程度は仕方ないのですが、ただそれだけでもないということも見ればわかるんです。


汚れが落ちてないんですよね、今まで。

洗濯でもクリーニングでも、汚れを落とせてない。

だから、汚れが何層にも積み重なってしまうんです。



洗濯をしてる人の制服はさらに縮んでもいます。

流石にクリーニングの方は縮んではいませんでしたが、2月にクリーニングしたのにこんなに汚れてる?プリーツがとれてる?いやいやおかしいでしょ?というような状況で。


僕らがおかしいと思ってもお客さんがなにがおかしいのか?わからないようで、すでにこの品質が当たり前なんだなあ、と思ったりしました。



昨日の夜に全ての急ぎをお渡しして。

その時に仕上がった状態を見せてるんです。

するとみなさん、一様に驚くわけです。

こんなに綺麗になるんですか、と。

そして、こんなことも言うんです。

色が濃くなった気がする、と。


今までは汚れが残っててくすんでたので、それが落ちたから色が復活するんですが、見慣れてしまうとくすんでる状態もわからなくなってしまうんです。



制服はクリーニングの方が向いている服です。



それは素材的にもデザイン的にも、着用のシーンにとっても。

最低3年間は着続ける服ですよね、制服って。

するとただ汚れが落ちればいいわけではなく、状態も良くないと三年着られないわけです。

そこで大事なのはクリーニングを選ぶ事。


みなさん、大きく誤解しているのが、子供は汚すから頻繁に洗わないといけない、だからクリーニングも安い方がいい、と言うところ。


子どもが汚すんじゃなくて、洗って落ちてないから蓄積していくんです。

きちんと洗ってその場で綺麗にしてたら、1学期に一度で十分。

アクシデントで制服を汚したら仕方ないですが、通常ならそんな頻繁に洗わなくてもいいんですよ。


クリーニング屋さんは選びましょう。

できれば個人店を。

国家資格のクリーニング師のいるクリーニング屋さんで洗ってもらうと段違いで綺麗になり、長持ちします。

本当におすすめです。

| |

« クリーニング屋の受付では普通しない会話。(笑) | トップページ | スーツの扱い方。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリーニング屋の受付では普通しない会話。(笑) | トップページ | スーツの扱い方。 »