« お祭りに行けなかったなあ。 | トップページ | 必要な事を適切なタイミングで。 »

洗濯槽を洗う???

すっかり洗濯槽のクリーニングが世間に認知されてきたように思います。

洗濯講座をしてて他に何か聞きたい事はありませんか?というと、洗濯槽の掃除の仕方を、という方がいらしたりします。



この質問が来ると思うんですよね、僕ら。



なんで洗濯槽をわざわざ洗うんだろう?と。

その必要性はどこにあるんだろう?と。



後になってからみんなが洗いたがる理由と原因がわかったんです。

そして、ぼくらは必要性を感じていないのにも理由がありました。



洗い方が違うんですよね、みなさんと。

で、使うものが少し違う。

そのせいで洗濯槽に汚れが溜まってしまう人たちが続出して、僕らはそんな事ないので特に気にしていない、という現象が起きていたんです。



洗濯槽が汚れる原因は主に二つ。



一つは柔軟剤を使いすぎるという事。

もう一つは濯ぎが足りないという事。



順を追って説明します。

柔軟剤は元来ニットなどのウール製品に使うものでした。

それがいつの間にか、タオルに使い、下着に使い、洗濯をするときは必ず入れるものになってしまった。


洗剤と違い柔軟剤は濯ぎの1番最後に入れます。

そして、柔軟剤は服に吸着する性質があるんですね。

もちろん服だけに付くわけではなく、当然洗濯槽にも付くわけです。


そして、濯ぎ不足。

ここが問題で。

僕らの感覚だと、3回目のすすぎが終わってから改めて水を溜めて柔軟剤を入れます。

なぜこのようにするか?というと、すすぎを3回はしないと汚れが残るから。

すすぎし切ると、汚れがないので綺麗な水で柔軟剤をつける事ができる、と言うわけです。


ところが。


今の家庭洗濯では、濯ぎは一回、もしくは2回が基本。

この回数だと、水がまだ濁るんですよね。

で、そこに柔軟剤を入れてしまうと、汚れを抱き抱えて、服についたり、洗濯槽についてしまう、と言うことになります。


これが黒い汚れがついてしまう原因です。


ぼくらは3回きちんとすすぎ、汚れがなくなったら必要な服にだけ柔軟剤を使うので、洗濯槽が汚れると言う事がほぼないんですよ。


だから僕らはなぜ洗濯槽を洗う?と不思議に思うわけです。


ところが、一般の家庭では当たり前のように洗濯に柔軟剤をいれ、濯ぎ不足から汚れを洗濯槽につけてしまっている。

部屋干し臭の原因も同じところですよ、なので洗濯槽を洗ったところでまた匂いはします。

洗濯槽から菌が移るわけではありません。



洗濯を見直すと、洗濯槽が汚れるのも防止できます。

今なぜこんな事が起きるのか?というと、

洗濯がよくわからないからなんですよね。



洗剤でなんの汚れが落ちるのか?分からない。

漂白剤って何?

オキシクリーンは最強の洗剤?


などなど、各々目的が違うのに、分からないからなんとなく使っている。

ときには悪化させているケースもあります。


せめて洗剤や漂白剤、柔軟剤は何をしているのか?を知っていたら、上手に洗えるようになると思います。

学校では教えてくれなかったでしょ?

学ぶのに時期は関係ありません。

知らないんだから、今学びましょう。



| |

« お祭りに行けなかったなあ。 | トップページ | 必要な事を適切なタイミングで。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お祭りに行けなかったなあ。 | トップページ | 必要な事を適切なタイミングで。 »