« 服に合った適切なお手入れをしましょう。 | トップページ | 変わるのは誰? »

部屋の湿度調整をしなきゃ。

雨ですね。

しかも気温が低くなりました。


なんだか昔の梅雨みたい。

ぼくが学生の頃の梅雨は肌寒くて。

上着を着ていても全然平気でしたよね。


夏の大会前の長梅雨で、練習ができず、学校の階段を上り下りしていた記憶があります、


今日は寒いですけどね、これから気温が高めになっていくと思うんです。

すると、心配するのがカビなんですよ。



服は水分を吸うものがとても多いです。

ポリエステルなどの化学繊維は吸ってくれませんが、植物系の繊維はよく吸います。

と言うことは、雨が降ると空気中の湿気を吸い取ってしまうわけです。


しけるだけではカビは生えません。

そこに栄養があって、気温が上がると、カビが生える。


栄養、汚れですよ。



よく着ていた服は、自覚があるから忘れないんです。

まずいのは、たまにしか着ない服とか、たまたま着た服とか。

忘れてしまっている服がかびてしまうんですよね。

で、そこからさらに胞子が飛び、他の服もカビが生え始める。


悪循環です。



汗をかいた服を、濡れたままカゴに突っ込んで落ちてもカビは生えます。

簡単ですよ、条件さえ整えば一晩で生えますから。


そもそもカビの菌はそこらじゅうにいるので逃げようがないんです。



カビを避けるにはどうするか?



濡れたままにしない。

まずこれが大事。


次に、汚れたままにしておかない。


そして、換気をよくする。



どれもこれもカビの生える条件を下げるための行動です。



昔から色々と言われてきたものってありますが、今の環境は過去と少し違うと思うんですよ。

暑さも、雨も、建物の密閉性も。

今に合わせた保管の仕方をしていかないとダメなんです。


エアコンにもカビ生えます。

昔はなかったものがこうして起きてる。

部屋を掃除していてもエアコンからカビの胞子が出てきてれば、部屋中のものがカビる可能性はあるわけですから。


カビその辺にいる、あとはどう生やさないか、ここですね。

部屋の湿度調整、頑張りましょう。

| |

« 服に合った適切なお手入れをしましょう。 | トップページ | 変わるのは誰? »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 服に合った適切なお手入れをしましょう。 | トップページ | 変わるのは誰? »