« 汚れが落ちない時は焦らないで。 | トップページ | クリーニング屋の違い。 »

服を長持ちさせる秘訣。

いいもの悪いものって表裏一体だったりします。

臭いからいや、という人もいればその臭さが病みつきになる、という人もいる。

好みの問題、とも言えたりします。



僕らが洗濯でよくいうのが、水で洗うと腰が抜けます、という話。

みなさんあまり意識してませんが、ほとんどの繊維は水の影響を受けるので、水で洗うと腰が抜けます。

別の表現をすると柔らかくなる。



で、これってかなり微妙で、人によってはその生地本来の姿が出たという人がいたり、柔らかくなったと思う人がいるんですね。

でも、腰が抜けているとわかるのは、一度水で洗った後に、アイロンで仕上げても糊をつけても、買った時より早くシナッとしてしまうんです。

つまり、形を維持する時間が短くなる。



いつまでも新品のように着ることはできませんが、劣化を遅らせることは出来ます。

それは、服に合わせた洗い方を選ぶ、という事。



下着などのような、衛生的に使うことが大事なもので、着用で腰が抜けるのが問題にならないものは洗濯が向いています。


また、人前に出る時に着る服、おしゃれに着たい服、スーツやコートなどはドライクリーニングの方が向いてて長持ちします。


向いているんですが、時には向いてないと分かっていても水洗いをしなきゃいけないこともあるんです。



それが着すぎと言うやつで。



ドライクリーニングの向いている服は、ドライクリーニングで落とせる範囲のうちに洗えば傷まずに長持ちしますが、着用し過ぎて汚しすぎると、ドライクリーニングだけでは汚れが落とせなくなることがあります。

その時は、服に多少の犠牲が出ても汚れを落とす事を選ばなきゃいけないこともある。

これを繰り返していると、服の傷み方が加速していくんです。



どんな洗い方を選ぶか?と洗うタイミングはとても大事です。



クリーニング屋さんではどうしても水洗いをしなきゃいけないものも上手に仕上げてくれますけどね。

でも、出来るならドライクリーニングの向いている服は、ドライクリーニングで汚れの落ちるうちに洗った方がいいです。


それが服を長持ちさせる秘訣になります。










一伸ドライクリーニング店 

カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM


東京都府中市住吉町2-17-13

TEL 042-362-6470


定休日 日曜日


営業時間

800~夜1000


宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。


参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他



詳しい集配エリアはこちら

| |

« 汚れが落ちない時は焦らないで。 | トップページ | クリーニング屋の違い。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 汚れが落ちない時は焦らないで。 | トップページ | クリーニング屋の違い。 »