« 覚悟を決めました。 | トップページ | 老い。 »

信用されるクリーニング屋さんにならなきゃ。

この連休中に冬物を洗おう!と頑張った方もいらっしゃるかと思います。


最近よく聞くワードで、ほとんどの服が家庭で洗えます、という言葉があります。



これ、相当誤解される言葉だと思うんですよね。

洗える、というのは着られるという意味ではないです。

洗おうと思えばなんでも洗える、それ自体は間違いではないのですが、この表現はまるで子どもが反抗しているかのような感じを受けます。


なぜ服を洗うのか?と言ったらまた着るから。

また着るということは、しわくちゃでいいわけでもなく、ヨレヨレっと腰が抜けてもいいわけでもなく。

そして、汚れは落ちていた方がいいわけで。



ほとんどの服が洗える、という言葉に、それらの意味を全てこめている人は多いと思うんですよね。



それが違うんですよね。



もう一度言いますが、洗おうと思えばほとんどの服は洗濯で洗えます。

これは間違いない。

でも、その洗った服がちゃんとしているかは別の話。

みなさん、洗った満足感でおかしくなっているのに気付いてないんです。


だから、シワにならない干し方を!とか洗い方を!とか無茶な話をするんでしょう?

植物系の繊維は濡れればシワが出始めます。

それが当たり前なのに。

でも、それが不満ということは、そのままでは着ることは難しいということも理解しているんですよね。



そもそも、服を洗えるかどうかで洗っちゃダメなんですよ。



その素材、デザイン、によって向いている洗い方というのがあって。

それは、洗った後も形を維持してくれたり、張りや色合いを維持してくれたりと、服を着るにあたって必要な性能を残して洗う、ということ。


逆にいうと、向いてない洗い方をすると、これらが損なわれる、という事なんですよね。



再度言いますね。



ほとんどの服は洗濯で洗えます。

これは間違いありません。

しかし、洗った後、服がちゃんとしているか?は別の話。

そして、その服をまた着たいと思えるか?も洗えるのとは別の話です。



しまうために洗うわけではないでしょう?

飾るために洗うわけでもないでしょう?



服は着るために洗うんです。

だから、洗い方を選ぶときには、洗えるからで選んではダメなんです。


クリーニング屋さんで、家でも洗えるよ、と安易にいう人たち、無責任すぎると思いませんか?

洗った後の服を、お客さんがどう思おうと関係ないと思っているからそんな無責任な発言をされるんですかね?

それとも、失敗したらクリーニングに出るからとか、邪な考えを持って話してるんですかね?


そろそろ専門家らしく、責任ある発言をされた方がいいんじゃないか、と思いますがいかがでしょうか?


服の正しい扱い方を知っているのはクリーニング屋さんだけです。

そのクリーニング屋さんが適当な話をするのはいけないと思うのですけどね。

信用されるクリーニング屋になるためにも、いい加減な発信はしない方がいいと思います。

| |

« 覚悟を決めました。 | トップページ | 老い。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 覚悟を決めました。 | トップページ | 老い。 »