« 服を長持ちさせる秘訣。 | トップページ | 必要最小限で。 »

クリーニング屋の違い。

クリーニング屋さんには種類があると書いた事があります。


形態は主に2種類。

大手チェーン店か、個人事業主か。

営業形態で言うともう少し細かくなって、リアルな店舗を持っている所、取次店をたくさん持っている所、宅配をしている所、と何通りかあります。



クリーニングそのものには違いはないだろう?どうせ洗うんだから、と思う方もいると思います。

それに、違いがある、とだけ書かれてもよくわからないし。

はっきりと書けや!とどこかから声が聞こえてきたような気がするので、違いを書いてみますね。


別に老化で聞こえない声が聞こえるようになったわけではありません。(笑)




大手チェーン店と個人店の大きな違いは、仕事に対する考え方にあります。

大手チェーン店は、システマチックに洗おうとするので、クリーニングの技術者はほとんどいません。

いくつかの工程を順番に流して行って、その結果綺麗になる、と言う考え方。


その通りいけば、アルバイトやパートで回せるのでクリーニングも安くなるんですが、実際はそんな簡単にはいきません。

何しろ、服ってたくさんあるし、汚れもその時々で違うし。

システム通りに一通りやれば綺麗になる、というのは難しいんですよね。



では個人店は、と言うと一言で言うならきれいにするために徹底的に洗います。

服一つずつをよくみて、汚れも確認し、必要な処置をする。

そして、洗い上がった後にまだ汚れが残っていたら、再洗いをする。

これを繰り返していって綺麗にしていくのが個人店。



ね、考え方が全然違うでしょう?


どちらも一長一短はあるんですけどね。

大手チェーン店は納期が短くできるのでさっと洗ってもらえるし。

個人店は、洗い直しをしたりするので納期が長めだったりするし。


でも、洗い上がりの綺麗さはダントツで個人店の方が良くて。

クリーニングで綺麗にならない、と言うイメージを持っている人の多くは、大手チェーン店しか利用していない人に多いんですよね。



個人的な意見を言わせてもらうなら、僕なら個人店をお勧めします。

何故なら、綺麗になってないと服はいろんな不具合を起こすから。

匂いも出るし、色も褪せてくるし、破れなども起きやすくなる。

服は着たら必ず汚れるので、綺麗にするのは必須になります。

なので、僕がもし消費者の立場なら個人店のクリーニング屋さんを探すと思います。



でも、中には早い方がいい、多少汚れが残っていてもいい、と言う方もいると思うんですよね。

また、クリーニングは安い方がいいよ、と言う人も。

なので、最後はどんなクリーニング屋さんを利用したい?と自分が答えを出すのがいいと思います。



クリーニング、服を洗うなんて、そんな変わりないと思う人は多いですよね。

でも、全然違いますよ。

なんなら、一回洗うだけで服をダメにすることだって出来ますからね。

服を洗うと言うのは、簡単な話ではないんです。

だからこそ、クリーニング屋さんは選んでね、とぼくらは常に話しているんです。

| |

« 服を長持ちさせる秘訣。 | トップページ | 必要最小限で。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 服を長持ちさせる秘訣。 | トップページ | 必要最小限で。 »