« 冬物を洗うベストなタイミングは? | トップページ | 僕らはそんなことでは怒りません。(笑) »

いいお店はたくさんありますよ。

商売の目的は?と言われると物やサービスを売ることです。

もっと簡単に言うと、お金を稼ぐ事。

そのために、いい仕事をして、品質を上げて、お客さんに満足してもらうように努力をします。


なので、お金を稼ぐことと品質を上げることは本来はイコールなんですよね。



ところが。



お金を稼ぐことが1番で、何よりも優先される事になってしまうとおかしくなってくる事があります。

お金を稼ぐ手段って色々あるんですよ。

例えば、品質を下げて、値段も下げて安さをアピールするとか。

いわゆる薄利多売、と言うやつです。


売り上げ、と言うお金の面だけで見るといい品質を作り込むよりもこちらの方が手っ取り早くて多く稼ぐことができます。


どこまで品質を下げるか?にも寄りますが、人間慣れてしまうもので、安い!と思った物でも慣れると普通の値段になり、もっと安くしないと安いと感じてもらえなくなる。

すると、どんどん品質を下げていかなければならなくなるんですよね。


必要最低限の品質を持たせていて安いのなら構わないんですが。

問題のあるレベルまで落としてしまうのはまずいと思うわけです。



安いサービスや商品を提供している会社の人に話を聞くと、大抵こんなふうに返ってきます。



だって消費者がそれを望んでいるんだから、と。


僕らはお客さんが望んでいるものを提供しているだけだ、と言うわけです。

でも本当にお客さんはそう言うサービスや商品を望んでいたんでしょうかね?


僕もクリーニングから離れれば消費者になりますが、安いもののほうがいいとは思いますけど、だからと言ってわるいものは嫌なんですよね。

つまり、必要な品質があった上で安いものならいいよね、と言う事なんです。


これって多くの人たちも同じなんではないでしょうか?



でも、細かい品質とかってプロでないからわからない、その真実の部分はプロに任せているんだと思うんですよね。


安全とか、細かな配慮とか。


もちろん、そんな細かいことを売る時には言ってきませんが、黙っててもそれは商品なんだから最低限含まれているでしょう?と考えると思うんです。


この部分が商売人やプロの責任なんじゃないの?と。



だから、いい商品になると安いものはそんななくて、ある程度の値段はするんだよなあ、と思うんですよね。



でもね。

こう言う考えを利用する奴らもまたいるわけですよ。

高料金にすると勝手に信用するって。


悪いことする奴らは世の中の価値観を壊していくんですよね。

で、実直に真面目にやっている人たちが疑われて辞めていってしまう、と。


いいお店に残って欲しいですよね!と言われますが、いいお店はたくさんあるんです、商売をしていたら悪どい人なんてほとんどいません。

みんな、お客さんのためにと真面目にやっています。

皆さんの周りにもあるんだよなあ、気付かれてないだけで、と言うような事が多いので、ぜひ周りにあるお店をじっと見てもらえたらな、と思います。


クリーニング屋だけでなく、いろんな個人店が辞めていくのは少し寂しいです。

| |

« 冬物を洗うベストなタイミングは? | トップページ | 僕らはそんなことでは怒りません。(笑) »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬物を洗うベストなタイミングは? | トップページ | 僕らはそんなことでは怒りません。(笑) »