« お盆休みのお知らせです。 | トップページ | 忙しいクリーニングやさんがいる? »

服の仕分けとは。

洗濯講座をしていてこんな説明をしています。



服を仕分けましょう、と。





服を仕分ける理由はいくつかあって、一つはクリーニングするものと洗濯するものを仕分けるということ。

もう一つは、服の強度によって洗い方で仕分ける、ということを教えています。

つまり、僕らの伝えている仕分け方をすると、その時点で洗い方も自動的に決まるんです。


 

この仕分けという言葉。

実は洗濯がうまくできてない人たちも使っていて、さらに仕分けもしているんですね。

きちんと仕分けをしているのになぜうまく洗えないのか?


それは仕分けの意味が違うからなんです。



多くの人がやっている仕分けっておしゃれ着かどうかが多いんですよね。

また、そこの素材で仕分ける人もいたりします。


一見、正しそうなんですがこれだと足りないんですよ。


仕分けで見ているのは服の強度。

どのくらいの強さで洗えるのか?を見ているので、おしゃれ着かどうかで仕分けるのではなく、素材、糸の太さ、色合い、装飾品の有無で見分けるんです。


そもそもおしゃれ着ってなんですか?(笑)



おしゃれに着る服だからおしゃれ着、という意味の人もいます。

そして、もう人に会うときに着ないからこれは2軍だと言ってみたり。



そんな理由で洗い方が変わることはないんです。

なので世間で言うところのおしゃれ着ってかなりアバウトな表現になっていると思います。



もう一つ気になっているのは、仕分けの時に適切な強度の見積もりが出来なくてネットに入れて洗う人が多いと言うこと。

ネットに入れると洗浄力がガクンと落ちます。

その結果、汚れが落ちなくなる。


服の強度を過小評価してる人が多いんですよね。

で、それを仕分けだと思ってる人がたくさんいるんです。



僕らがなぜ洗濯講座をしようと思ったのか。




それは服を正しく認識できなくなって、洗濯やクリーニングをうまくできなくなっている人が増えたからです。



いきなりそうなったのではなく、洗剤や洗濯機でなんでも洗えるような空気感になり、洗った結果ヨレヨレになったり汚れが落ちなかったりと経験をして、洗い方が強いからでは?と洗濯に疑問を持ち始めて、服を守ろうと弱い洗い方になっていってしまった。


あまり洗わないほうがいいと言い始めたり、洗いすぎると傷むとか言い始めたり。

いつの間にか、服を過保護にし過ぎてるんですよね。


一度服に対する考え方をリセットしてみたら、洗濯やクリーニングに対する考え方が変わると思います。

ぜひ、僕らの洗濯講座を受けてもらいたいなあ、と思います。


ご興味のある方は洗濯王子、中村くんのホームページへ。










一伸ドライクリーニング店 

カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM


東京都府中市住吉町2-17-13

TEL 042-362-6470


定休日 日曜日


営業時間

800~夜1000


宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。


参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他



詳しい集配エリアはこちら

| |

« お盆休みのお知らせです。 | トップページ | 忙しいクリーニングやさんがいる? »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お盆休みのお知らせです。 | トップページ | 忙しいクリーニングやさんがいる? »