« 近くにクリーニング屋さんがない時は。 | トップページ | クリーニングした方がかわいく見えると思う。 »

昔は無料、今は有料。

いつの間にか認知された言葉ってありますよね。

クリーニングにもあります。


汗抜き、という言葉。



これ、昔はなかったと思うんですよね。

店の中では使っていましたが、これがメニュー化されることはなかったと思うんです。

その代わり、ウエットクリーニングを勧めていたと思うんですよ。

ところが今は、汗抜きがメニューにされていて、夏物のしまい洗いは汗抜きを頼むといい、なんて事が書かれるくらい認知されています。



でも、ちょっとおかしくないですか?



クリーニングに出すのは汚れを落としてキレイにしてもらうためですよね?

なら、汗も汚れとして当然キレイにしてもらいたいわけで。

それは通常のクリーニングに含まれていると思っていたのに、わざわざ別メニューで汗抜きを指定しなければならないってなんかおかしいと思うんですよ。


先ほども書いたように、店の中では作業のひとつとして会話に出てくることはあります。

それは、この服は汗の汚れがひどいから水洗いをしよう、と言う意味で使われているものなんです。


通常、ドライクリーニングで汗の汚れは落ちてしまいますが、中には汚れが酷くでドライクリーニングだけでは落ちきらないこともあります。

そんな時に使っていた言葉です。



いつからですかねえ、仕事の中の当たり前の作業が別料金になったり、特別なコースになって有料化されたのは。

それまではクリーニングに出せば必要なことは全てしてもらえていたのに、いつからか別メニュー、別料金になっていきました。


染み抜きなど作業の難解さから別料金にしたほうがいいと思うものもありますが、通常の仕事の範囲のものを有料化して別メニューにするのは正直いただけないなあ、と思うのです。


昔からクリーニングを利用している人たちは違和感を感じると思うんですよね。

また、新たにクリーニングをし利用する人から見ても、キレイにするところなのにキレイにする作業を別料金ってじゃあ何してるの?と思うわけで。


しかも、お店によって方針が違うから消費者は混乱しますよね。


チェーン店では別メニュー、有料なのに、個人店なら込み込みで全てやってもらえるとか。

外見からチェーン店か個人店かの見分けがつかないとクリーニングに出すのが怖くなります。


なんだかなあと思うんですよね。


でもね、クリーニング屋側だけが悪いわけではないんです。

サービスでやっていたことを一部のお客さんがクレームを言ってきて、無料から有料化になったものはいくつもあります。


ボタン付けとか、軽いほつれの修理などは昔はどこも当たり前のように無料でやってくれました。

今は、有料化されています。

それはサービスでやってクレームになるので要望をお聞きして有料化しよう、となったからです。


一見良さそうですが、お客さんがクリーニングに出す時に気付いてないと何もしてくれません。

着る時にボタンがないと気付くなんてこともありえます。


頼んでないことをするな!と言うご意見もありのは理解していますが、反面気付いてなかったことをお店側で気づいて使えるようにしてくれるのは、最終的にお客さんにとって便利だと思うんですけどね。


クリーニング屋さんもどんどんやめていっていると、ここでは書いています。

個人のクリーニング屋さんがなくなって、チェーン店ばかりになったらそんな痒いところに手の届くサービスは残るのかな?

有料が完全に当たり前になっていくのかもしれませんね。

いいサービスが残っていくことに願っていますが、どうなっていくのかなあ。









一伸ドライクリーニング店 

カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM


東京都府中市住吉町2-17-13

TEL 042-362-6470


定休日 日曜日


営業時間

800~夜1000


宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。


参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他



詳しい集配エリアはこちら


公式LINEはコチラ


一伸ドライクリーニング店 | LINE 公式アカウント

| |

« 近くにクリーニング屋さんがない時は。 | トップページ | クリーニングした方がかわいく見えると思う。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 近くにクリーニング屋さんがない時は。 | トップページ | クリーニングした方がかわいく見えると思う。 »