« 夏物の準備を。 | トップページ | 斜めに入ったタック。 »

洋服の青山が伝授するYシャツの正しい洗濯術、は本当か?

最近本当に色々とひどいんですよね。

いろんな業種の人たちが服の洗い方について発信をするんですが、まあどれもこれも間違いだらけ。

仮にもメーカーの名前、会社の名前を出して発信をしているのだから、せめて内容のチェックくらいはした方がいいと思うのです。


みんな、大きな会社の言う事だからと信用するんですよ?

それだけに発信については責任が伴うと思うんです。


洋服の青山がYシャツの正しい洗濯術を伝授してくれるらしいんですね。


まずワイシャツを洗う時にボタンを外しましょう、と言います。

そして、裏返しにして洗う、と。

その理由は、汚れは服の裏の方についているので、ボタンをしたままだと裏側が洗えない、と。


ボタンを外すのは正解です。

でも、裏返しが必要か?と言われたら特に必要ないと思います。

ボタンを外す理由はボタンをつけたままだと引っ張られた時にボタンごと生地が千切れてしまうことがあるから。

ボタンだけ取れればまだいいんですけどね。

破損防止のためにボタンは外します。



また、シャツ同士が擦れ合うと生地が傷むのでネットに入れて洗ってください、と。

生地が傷む、傷む、傷む?

一体何の生地の話をしているんですか?

ワイシャツの生地にはいろんな素材が使われます。

例えば、綿素材なら擦れると毛羽立つ可能性はありますがポリエステルならないですよね。

また、Yシャツに使われている糸はかなりしっかりと撚られているので洗ったくらいで傷むか?と言われるとそんな事はないよなあって思います。

これが色物のシャツ、特に黒や濃紺ならネットを使う選択肢もありますが、そもそも別洗いにして弱く洗えばいいものををわざわざネットに入れて洗浄力を落とす理由は意味がわかりません。


また、ポリエステルの糸を使っているもので毛玉ができるものがありますが、あれが洗浄でできると考えるのはかなり無理があります。

洗濯は、全体を洗うものなので一部分だけ毛玉ができるとかおかしいんです。

一部分だけ毛玉ができたり毛羽立ちが起きているなら、それは着用中に擦れたのが原因と考えるのが普通です。

何でも洗濯のせいにしちゃダメ。



最後に、脱水を短めにして、終わったらすぐ出して形を整えて干せば完成、と言っています。


干して終わりなわけないでしょ?

ワイシャツですよ?

いくら脱水時間を短めにしてもシワが取れるわけない。


Yシャツを気持ちよく、綺麗に着たいなら最後にアイロンをかけないとダメです。


最近はやりのノンアイロンのシャツでも、10回ほどの洗濯で加工が取れてしまいます。

だから最後はアイロンをかける必要が出てきます。


また、速乾性のシワになりにくいポリエステルのシャツは、干すだけでシワは特に目立たないと思います。

シワだけ見れば優秀ですが、着用感や快適性で考えると実はかなり不快の部類に入ります。

服の目的は、洗うことではないので、シワを嫌がって服を選ぶのって本末転倒な気がするんですよね。



さて、もし、洋服の青山の関係者の方がこれを読んで、気になりましたらご連絡お待ちしております。

服の専門の方がこのような発信をしていることにとても残念に思っています。

なぜなら、このような扱いをしていると服は早くへたるので買い替えの頻度は上がるだろうけど、消費者が確実にスーツ離れ、ワイシャツ離れを起こすと思うからです。


ここの考え方はアパレルの方々と僕らはなかなか理解し合えないんですが、僕らがクリーニングを通して見てきた消費者は、早くダメになる服は次回買いません。

どうせすぐダメになるならと、安いものを選び始めます。


逆に、長く着られる、着やすい、いい服だと思うとかいたします。



なので、服の青山さんには正しい情報を発信していただいて、消費者の皆さんが快適にスーツやシャツを着られる環境を寄与していただきたいなあと思っています。

そのお手伝いが僕らはできると思っていますので、もし気になるようでしたらご連絡お待ちしております。










一伸ドライクリーニング店 

カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM


東京都府中市住吉町2-17-13

TEL 042-362-6470


定休日 日曜日


営業時間

800~夜1000


宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。


参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他



詳しい集配エリアはこちら


公式LINEはコチラ


一伸ドライクリーニング店 | LINE 公式アカウント

| |

« 夏物の準備を。 | トップページ | 斜めに入ったタック。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏物の準備を。 | トップページ | 斜めに入ったタック。 »