« 2023年10月 | トップページ | 2023年12月 »

2023年11月

は、廃業?

長い長い和歌山日記を書いている最中にちょっとした事件が起きました。



朝、Googleさんからメールが来たんですよね。



おたく、閉業したんですね、と。



ん?閉業?

いや、毎日普通に営業していますけど?と不思議に思ってグーグルマップを開いてみると、なんとうちの店が閉業になっている。

なんだなんだ?どうしたの?と調べてみたら、誰かが閉業と設定を変えちゃったんですね。



簡単に言ったら嫌がらせですよ。



グーグルマップで閉業に変えてしまうと店名で検索をしても表示されなくなります。

僕はビジネスオーナーとして登録しているので、閉業の変更がされた時に連絡が来ましたが、登録していないと閉業にされても気づかないと言うことになってしまうらしい。


いやー、恐ろしいですねえ。

勝手に変えられるなんて。



調べてみると、グーグルがすることはなく、オーナーかそれいがいのかたがへんこうをくわえられるんですね。

で、仮にお客さんからの嫌がらせなら閉業ではなく口コミに最低評価をつけると思うんですよね。

だからこんな事をするのは、お客さんではない人たち、一般の人ではない、と言うことになります。


暇なんだな。(´・∀・`)



これがね、やられてくやしい!頭くる!と言う人にやるなら効果あると思うんですよね。

僕そう言うタイプではないんです。

どちらかと言うと、トラブルが起きると楽しんでしまう方なので、今回も色々と調べて、どんな影響があるのか?直し方は?対策は?と色々と学ばせてもらいました。

そして、一通りやった後で、友達に連絡して、廃業になった、とみんなで大笑いをして終了。

最後は笑いのネタにして終わりです。



調べてみると、結構やられている人がいるんですよねえ。

そんな事したって大した影響も出ないんですが、それよりもこう言う小狡い事をしてしまう歪んだ認知の方が問題でね。

僕らよりもやった人の方が大丈夫?と思ってしまいます。

こんな事をしてしまう人だから日常生活でもうまくいかないと思いますよ。

そして、また負の連鎖に陥っていく…。


人の足を引っ張るような事をしてもいい事ないですからね。

無駄な事してないで自分のできる事をやりましょう。 

その方が毎日楽しいぞ。(笑)









一伸ドライクリーニング店 

カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM


東京都府中市住吉町2-17-13

TEL 042-362-6470


定休日 日曜日


営業時間

800~夜1000


宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。


参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他



詳しい集配エリアはこちら


公式LINEはコチラ


一伸ドライクリーニング店 | LINE 公式アカウント

| | | コメント (0)

和歌山日記。その10

和歌山日記、最終回です。(笑)

特に何にも起こりません。



伊那のセンタクアトリエを出て、とある目的地に急いでいました。

どこに寄りたかったのか?と言うと、諏訪湖サービスエリア。



ここでスタバに寄りたかったんですよね。

これから渋滞にハマり、かなりの長時間を車の中で過ごすのはわかっていたので、その前にスタバで買い物をしたかったんですよ。


もちろん、今回の旅でハマっていたティーラテのオールミルクを。(笑)



サービスエリアごとに閉店時間が違うので9時に閉店だと間に合わないと慌てて諏訪湖に向かったのでした。


8時50分に諏訪湖サービスエリアに到着。

スタバの真ん前に車を止めて急いでお店の中に入ります。


店内、誰もいない。

これはもしかして閉店か?と思っていたら僕の前にさっと人がやってきて注文をしている。

間に合ったようです。



僕の順番が来て、焦らず当たり前のようにティーラテを注文。

もちろんオールミルクで。


サイズはいかがいたしますか?と聞かれたので一番大きいのをお願いします!と頼みました。



受け取る方のところに並んでいて僕の順番になります。 

スタバって今これを作っています、と声をかけてくれますよね。

この時もそう声をかけてくれたんです。

が、ここからいつもと違う接客が始まりました。



お客様、どちらまでお帰りですか?と店員さん。

遠いんですよ、東京です、と答えると、やはり、と店員さん。

このサイズのティーラテを頼むと言うことは、遠いところに行くんだな、と思いました、と。



鋭い洞察にもうメロメロです。(笑)



その通り!と答えたら、店員さんが続けて話します。



ここからだと渋滞している談合坂あたりまで1時間半くらいで着きますよね?

その頃は渋滞も緩和されているのでちょうどいいと思います、と。


この店員さん、デキる人だ。



諏訪湖からの距離と時間と渋滞の予測を見事に当ててくれてもうご機嫌です。

いやー、いい店員さんにあっちゃったなあ、とご機嫌になり、トイレを済ませてから今度は府中に向けて走り出します。


この時間を過ぎると中央道はガラガラ。

トラックが多くいましたが特に気にならずに順調に走ります。

談合坂のあたりでトイレに行きたくなったので休憩。

本来ならこのあたりで渋滞の尻尾に捕まるはずですが特に何もなく。

トイレを済ませ、渋滞予測を見ると渋滞が見事消えていました。



スタバのおねえさんの言う通りだ、と感心しつつ、また府中に向けて走ります。

お店に着いたのが10時半頃だったかな?

順調に走ってこれた証拠です。



お土産をおろし、炭を下ろし、車を駐車場に止めて、みんなに着いたよ、と連絡をして和歌山の旅は無事に終了となりました。



いやー、なんだかんだ面白い人たちに会えていい旅でしたねえ。

炭の知識も増えたし、仕事に活かせそうな話も聞けたし。

最後、スタバのお姉さんもよかったな。



次回はどこに行くんですかねえ。

七輪、炭と揃えたら、次は何を揃えに行くんでしょうか。

近いのか?遠いのか?

出かけた時はまたご報告します。(笑)









一伸ドライクリーニング店 

カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM


東京都府中市住吉町2-17-13

TEL 042-362-6470


定休日 日曜日


営業時間

800~夜1000


宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。


参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他



詳しい集配エリアはこちら


公式LINEはコチラ


一伸ドライクリーニング店 | LINE 公式アカウント

| | | コメント (0)

和歌山日記。その9

和歌山日記、そろそろゴールが見えてきました。(笑)



愛知を出て、高速に乗りまして小牧を過ぎ、一路長野の伊那に向かいます。

僕らの旅にしては順調過ぎる今回の旅。

高速は渋滞もせず、ある意味時間通りに移動できているのは奇跡ですね。


中央道に入り、途中休憩してアイスなどを食べ、伊那に7時過ぎに到着。


晩飯どうします?

食べていきますか?というので、伊那で夕食を取ることに。

伊那にはローメンという有名な食べ物があります。

でも今回はローメンではなく、他のお店に。


信濃路さんで、夕食です。


タレカツ丼が有名なんですよね。

でも、普通のカツ丼も捨てがたい。

という事で、両方盛っている丼にしました。


実はこの信濃路さん、盛りが多いので有名なんですよね。

デカ盛りもメニューにありますが、普通のメニューも盛りが多い。

テーブルに置かれたカツ丼もものすごい量でした。


お腹も空いていたので無事に完食。

さあ、あとは荷物を積み替えて帰るだけです。


と思うでしょう?

ここからがまた大変なんですよね。

だって、45キロの炭を分けなきゃいけないんだから。(笑)



割と長めの炭はまだいいんですよ。

持ちやすいし、分けやすい。

問題はその後の細かい炭とさらに細かい消し炭。

これがねえ、厄介だった。


友達2人がせっせと炭を分けているんですが、とにかく取りづらい。

やっとの思いで細かい炭を分けたら今度は消し炭。

これがですねえ、想像を超えて詰まっていたんですよね。


ぎっしぎしに詰まっている。

スコップを持ち出して掬い上げようとしてもスコップが刺さらない。

やっとの思いで炭を三等分にして、旅は無事に終わりました。



後日談ですが、数日鼻から黒いものが出てきたので、炭を分けていた時に細かいのが舞っていたんでしょうね。

かなり吸い込んだんだろうなあ。



荷物を積み替え、お風呂行きますか?と言われましたが、もう閉店時間に近かったので今回は諦めることに。


時間は8時半を過ぎた頃です。


ここからの帰りは長野の須坂に向かうのと府中に向かう僕と。

僕だけなんですよね、大渋滞しているのは。

だから、あまり早く帰っても仕方ないんです。

渋滞にハマるだけだから。


でも、みんな疲れているし、と先に帰ることにしました。


お疲れ様ー、と声かけて、僕はとあるところを目指して走ります。

寄りたいところがあったんですよねえ。


というところで、明日で最終回です。(笑)










一伸ドライクリーニング店 

カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM


東京都府中市住吉町2-17-13

TEL 042-362-6470


定休日 日曜日


営業時間

800~夜1000


宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。


参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他



詳しい集配エリアはこちら


公式LINEはコチラ


一伸ドライクリーニング店 | LINE 公式アカウント

| | | コメント (0)

和歌山日記。その8

さあ、裏メインのお話です。(笑)




しみ抜きの勉強会の会場下に来ました。

ここでやる事はこんな感じです。


LINEで写真を送る。

本人気づく。

本人慌てる。

いないと言い出す。

下見て!という。

僕のことを発見して驚く。(´・∀・`)



こんなシナリオ。



という事で、写真を送ります。

しかし、5分経っても既読にならない。

スマホの音を消しているのか見ないふりしているのか。


仕方ないので、予定変更です。

気づくまでLINEを送る事に。


下見て。

下見て。

下見ろ、と。(笑)


すると2分後に既読に。

それからしばらくしてカーテンがもそっと開いて、僕と視線のあった人が1人。(笑)


ここまでため息が聞こえて来そうです。(笑)



数分後に友達が下に降りて来てくれました。

なにをしているんだ?と。

襲撃をするのはわかっていたから、お店のとあるところにお土産を隠して置いてある、今すぐとってきて、お店に帰って!と言い出します。

友達曰く、襲撃をされるのはわかっていた、でも自分のいないお店に来て、早く戻ってきて、と言われると思っていたから、返り討ちにしてやろうとお店にお土産を置いといた、らしいんですよ。

でも、まさかしみ抜きの勉強会にまでくるとは思っていなかったらしく、やられた、と言っていました。


半分成功かなあ。



無事に襲撃が成功してご満悦な僕ら、もう帰ろうと話していると、今から焼肉食べに行こう、温泉にも行こう、と連れ出そうとするんですね。

襲撃したのに今度は僕らの方が返り討ちに遭ってしまう。

なので、丁重にお断りして今回は帰るから、と。

だって、おもてなしを受けたら確実に日付変わってから帰る事になりますからね。

僕は構わないけど残る2人はダメです。

なので、今回は帰る事に。


そこから今度は長野の伊那に向けて走ります。

襲撃の成功した後の車内は実に楽しい。

話も盛り上がりますよねえ。

という事で、そろそろ和歌山日記も終わりを迎えます。

続きは明日。









一伸ドライクリーニング店 

カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM


東京都府中市住吉町2-17-13

TEL 042-362-6470


定休日 日曜日


営業時間

800~夜1000


宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。


参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他



詳しい集配エリアはこちら


公式LINEはコチラ


一伸ドライクリーニング店 | LINE 公式アカウント

| | | コメント (0)

和歌山日記。その7

和歌山日記、いよいよ和歌山を離れます。(笑)



湯浅醤油を出て、目指すは愛知県。

なぜ愛知に行くのか?と言ったら友達のクリーニング屋さんを驚かすためです。

ある意味裏メインはここ。


うちら一部のクリーニング屋さんの仲間内で、いきなり訪ねるのが流行っていまして。

連絡もせずにいきなりやって来て、お土産だけ置いて帰るというのがかれこれ10年以上流行っています。


しかし、最近はみんな慣れて来ちゃいましてね。

襲撃だー!といきなり言っても大して驚かず、普通に対応されてモヤモヤするんですね。

で、今回は、友達がしみ抜きの勉強会に行っている、というのでそちらに行こうかな、と。

で、その前に無人のお店の方にいるかのように装うために、一度友達のお店に寄って写真を撮ってからしみ抜きの勉強会の会場に行こう、と決めていたんです。


本当はお昼ご飯を近くの美味しい焼肉屋さんに寄って食べる、という目標もあったのですが、和歌山遠くてお店の営業時間に戻れない。

下手するとしみ抜きの勉強会の終わりの時間を過ぎてしまう可能性もあります。

なので、ここからは急いで愛知に向かったわけです。



幸い、高速も渋滞はなく、順調に走ることができました。

3時過ぎにお店に到着。

急いで本人しか知らないお店の写真を撮り、今度は名古屋市内の勉強会の会場まで行きます。

4時前には着く感じ。

よしよし、間に合ったぞ、と車内はまた変な空気に。


ワクワクしますよね、こういう時って。どんなふうに驚いてくれるだろう?なんて考えると楽しくて仕方ない。(笑)


30分後、会場に到着。

コインパーキングに車を止めて、会場になっているビルの下に来ます。

すると、友達の車が止まっている。(笑)

しめしめ、のんびりと勉強をしているな?とニヤニヤが止まりません。

上の方からコンプレッサーの動く音もしてる。



さあ、始めましょうか。



という事で、襲撃のクライマックスは明日。(笑)









一伸ドライクリーニング店 

カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM


東京都府中市住吉町2-17-13

TEL 042-362-6470


定休日 日曜日


営業時間

800~夜1000


宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。


参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他



詳しい集配エリアはこちら


公式LINEはコチラ


一伸ドライクリーニング店 | LINE 公式アカウント

| | | コメント (0)

和歌山日記。その6

和歌山日記、お楽しみいただいているでしょうか?

特に何か起きるわけではありませんが、ちょいちょいやらかしています。(笑)



さて、マグロ丼を食べ、お腹が満たされた僕らは一路湯浅町に向かいます。

なぜ湯浅町に向かっているのか?というと、ここに湯浅醤油さんがあるからなんです。



何年前からですかねえ、行きたくて行きたくて。

どこで知ったのか?というと、とんねるずの石橋さんの対談をする番組で湯浅醤油さんが出て話をしていたんですよ。

それが面白くてね。

で、カカオから作った醤油、カカオ醬というのがある、と。

また、魯山人醤油というのがある、と。


もうね、これはぜひ使ってみたいなあって思っていました。

取り寄せをすればいいんですけどね、中々取り寄せまではせず、湯浅醤油という名前だけ強烈に僕の頭の中に残っていたんです。


そうしたら昨年でしたか、clubhouseでクリーニング屋の仲間と話をしていたらその湯浅醤油さんの奥さんが入って来まして。

醤油の染み抜きの話を質問されたんですよね。

で、また湯浅醤油さんの醤油への憧れが強くなっていたんですよ。


1時間ほどで到着。


中の見学もできますが、まずは醤油を買うんだ、と。

3人して意気揚々と入って行きます。


8畳ほどのところにたくさんの醤油が並べられていて、なんと味見もできる。

醤油だけでたくさんあるんですよね。

生醤油に黒大豆を使った醤油、魯山人醤油もあります。

変わり種の醤油もある。

それら全部味見ができるんですよ。


小さなプラスチックのスプーンに醤油を垂らしてひと舐めする。


この醤油、うまい!とすぐわかるんです。

醤油を舐めるなんてしょっぱいだけじゃないかと思っていましたが、それがうまいっていうんだからすごい。


別の醤油をスプーンに垂らして舐めてみる。

さっきのと明らかに違う、でもこれもうまい!



こうなってくるとですね、もう止まらないわけですよ。

これも舐めてみる、うまい!あれも舐めてみる、うまい!と。

で、だんだんとおかしくなってくるんですね、男3人が。(笑)


ひとしきり醤油を舐めて、カゴを持ってお土産に醤油を買おうとするわけですよ。

でも、どれもこれも違いがあって美味しい、ここでないと買えない醤油ばかり。

選べと言われても選べないわけですよね。


するとどうなるか?


醤油を大人買いし始めるんですよね。(笑)



うちは家族がたくさんいるので、醤油を買って行ってもそれなりに消費しちゃいます。

まあ、なんとかなるな、誰かにお土産でもいいし、と気になるものを買い込んだんですが、残り2人は普通の家族構成です。

醤油なんてそんなに何本も買って行っても使い切れるものでもない。


なのに、カゴの中にたくさんの醤油が入っています。



途中、いいの?大丈夫なの?と聞いてみましたが時すでに遅し。

おかしくなっているので大丈夫、というんですよね、


結局レジに向かう頃にはたくさんの醤油がカゴに入り、みんなおそろしい金額のお醤油を買い込んでいるのでした。


醤油の量もさることながら、ここでまた例の問題が出て来ます。


そう、車にどう積み込むか?問題。

さっきのとれとれ市場のお土産は別に割れ物があるわけではないからどんな積み方でも問題はありません。

でも、醤油は瓶なんですよ。

下手な積み方をすると割れるんです。

ここでもまた荷物を入れ替えましてなんとか車に収納。

これ以上は積み込めないところまで来てしまいました。


車はパンパン、心は大満足。


さあ、次は愛知だ!と車を走らせたのでした。



明日に続きます。(笑)

| | | コメント (0)

和歌山日記。その5

和歌山日記、無事に備長炭を買い終えました。(笑)


さて、この後のルートをどうするのか?みんなで悩みます。

2つルートがあって、一つは伊勢の方を回るルート。

お伊勢参りをしよう、と話が出ていたんですね。

ただ、こちらのルートだと下道が長く、帰りに愛知に寄りたいのにその時間が取れそうもない。


もう一つのルートは戻って高速を使うルート。

こちらは時間が読めるのと愛知で寄りたいところに確実に寄れます。


どちらにしろかなりの距離を走るのと意外と移動時間もかかるな、と言うところで悩んでいました。


そして、ここでもう一つ、どうしてもこれだけは外せない、と言うものができました。

それが、マグロを食べること。


ここ和歌山はマグロの産地なんですね。

なので、いろんなところでマグロを食べさせてくれる。

ぜひ、マグロを食べて帰りたい。

でも、まだ朝8時半。

今から移動をして開いているお店は限られています。

伊勢の方に行こうとするとお店はなく、お昼近くにならないと開かない。

悩んだ結果、戻るルートにしました。

お伊勢参り、また今度ということで。



さて、ルートを決めたら今度はどこに行くか?を決めなければいけません。

Googleマップで検索をしたらとれとれ市場というのを発見。

ここにしよう、と移動を開始しました。


9時半ごろ到着。

ついてみたらびっくり、かなり大きな所なんですね。

車はたくさん止まっているし何やら温泉施設もあるし。

お店の中に入ってみると中は活気のある市場のようでした。


和歌山のお土産も色々ありますが、まずはマグロを食べないと。

イートインがありまして、お刺身から丼、定食などたくさんあります。

でも、まだ食べることはできません。

イートインの営業時間は10時から。

すると、丼のお店に列ができ始めます。

焦るんですよね、なぜか。(笑)

僕らもとりあえず並ぶことに。

何を頼むか?は並んでいる間に決めようと。


マグロづくしに3色丼、海鮮丼、色々あります。

僕はマグロの山かけ丼に。


並んでいてもう少しで注文というところで、横のテーブルにいた若い子3人のグループ。

美味しそうなマグロのお刺身をみんなで突いている。

そうか、丼もいいけどあんな食べ方もいいなあ、などと目移りしましたが、おとなしくどんぶりを注文。

混んでいるお店だから手際もいいですね、あっという間に丼到着。


ひと口食べてみる。


美味しい。(笑)

みんなばくばくとあっといぅに食べてしまいました。



お腹も膨れたことだし、愛知に向けて走ろうか、と。

その前にとれとれ市場でお土産を見ているとやはり買いたくなるわけですね。(笑)

3人とも、子供にとか奥さんにとか、色々買っています。

僕も梅干しを。


ここで先ほどの炭が存在感を示し出すわけですね。

買ったお土産、そんな大層な大きさでもないのに入れ方を考えないといけない。

なかなか厄介ですよ、備長炭。(笑)


なんとかお土産を詰め込みまして、次の場所に向かいます。


次に向かう場所は、醤油屋さん。


土曜の休憩で寄ったサービスエリアでとある醤油屋さんがこの辺にあることを知ったんです。

実はそのお店、前からずっと行きたかったんですよね。

伊勢を回るなら行けないからと諦めていたんですが、戻るルートを選択したことにより醤油屋さんに行けることに。


という事で、醤油屋さんへ一路向かいます。



ここでまた色々起こるのです。(笑)



続きは明日。









一伸ドライクリーニング店 

カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM


東京都府中市住吉町2-17-13

TEL 042-362-6470


定休日 日曜日


営業時間

800~夜1000


宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。


参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他



詳しい集配エリアはこちら


公式LINEはコチラ


一伸ドライクリーニング店 | LINE 公式アカウント

| | | コメント (0)

和歌山日記。その4

和歌山日記、いよいよメインの炭を買います。(笑)



無事にお店に着いて男性が出てきてくれまして。

炭が欲しい、でも作っているところを見たいと伝えると、どうぞと言ってくれました。

なんと目の前で炭を作っていたんですね。

よく見たら煙も出ている。

大きな窯が3つあってそのうちの二つから煙が出ている。

一つは今火を入れているところ。


ゴウゴウ!と燃えているのかもしれませんがゆったりと煙が上がっていてなんとも雰囲気のいいところです。

あー、これはここに椅子を持ってきてコーヒー淹れちゃったら何時間も居れるところだ、と直感でわかります。


しばらく炭の説明を受け、色々と質問をし、炭の使い方なども教えてもらいまして、いよいよ備長炭を買う事になります。



お店に行く前に3人で相談していたんですね。

備長炭は高いぞ、と。

特に和歌山の紀州備長炭はとてもいいお値段がする、それを1人一つずつ買っていては大変だから3人で分けよう、と。


一箱15キロなんですよ。

それが15000円くらいからするわけですね。

量も多いし、値段もするからって。

そのつもりで備長炭を見せてもらいました。



どんなふうに使うの?と聞いてきます。

僕らの頭の中では備長炭は七輪で使うもの、となっていますが、今はインテリアや除湿で使う人もいるのてそれによって備長炭も変わってきます。

七輪で使う、趣味で使っていると伝えるとそれならこれが使いやすいよ、と見せてくれたのが細かい備長炭でした。


長いものではなく、細かく砕かれたような備長炭。

長いやつだと火持ちはいいけど火をつけるのも大変だし家庭用には向かない。

これだと火のつきもいいし火力も強いからおすすめだよ、と。

いくらするのかなあ?とドキドキしていたらなんと5000円もしない。

その場にいた3人もこれなら1人一箱買える!と思ったでしょうね。


しかし、そこに僕がいるんです。(笑)

いやいや、どうせ来たならいいやつも見せてもらわない?高いやつも見せてもらわない?とよく見るような長い備長炭を見せてもらったんですよね。

すると残り2人の様子がおかしくなってきます。(笑)


よく目にするような理想的な備長炭がある、でもこれはやはり高くて12000円くらいする、細かい方は安くて使いやすい、どちらがいいのか?


多分、心の中はこんな感じだったと思います。

答えが出ないんですよね。

で、それを見ていた僕は背中を押してあげたんです。



両方買えば?と。



どうせ3人で分けるんだし、1人頭10キロくらいならすぐ使い切っちゃうだろうなとわかっているので。

十分消費できる量です。

そこにさらに店主さんからとどめの一言が。


二つ買ってくれるならまとめて15000円でいいよ、と。


この一言で2人の心の中は決まったのでした。

両方ください、と。

これで合計30キロの備長炭を買うことが決まりました。


めでたく備長炭を購入することができて、3人の中でホッとした空気が出ます。

これで今回の目的は達成した、無事に備長炭を手に入れた、と。


とりあえず1人が立て替えて支払うことでその場は決まりまして、会計を済ませようと事務所に行く時に、店主さんがこんなこといってくれたんですね。


消し炭もサービスしてあげるよ。


備長炭は本当に火がつきづらいんですよ。

着火剤を使っても中々火が起きてくれない。

火起こしの難しい炭なんです。

消し炭とは一旦火のついた炭で、次に使う時に火がつきやすくなっています。

つまり、この消し炭に最初に火をつけることで、他の備長炭にも火を起こしやすくなります。


すっごい助かる!ととても喜んでいたんですよね。

で、僕らは購入した備長炭を車に積み込んでいました。

当初の予想の倍になった訳で、車にどう積むか?も考えないといけません。

僕ら3人のスーツケースもありますしね。

まあ、詰め込めない量でもないから整理すればなんとかなる。

と、あれやこれや中の荷物を動かしていると、支払いの終わった友達と一緒に店主さんが消し炭を持ってきてくれました。



15キロの箱にパンパンに詰まっている消し炭を。(笑)




はい、僕らは消し炭を含め、備長炭を45キロ手に入れたんですね。



これで一人当たり15キロの炭を手に入れた事になります。



さて、車に積まないといけません。

当初の予定の3倍。

こうなるともう荷台に入りきらなくなりますよね。

使ってないサードシートのところに一つ置きました。



この時、3人はまだ大変さに気づいていません。

こんなにもらっちゃって嬉しいなあ、くらいにしか思っていませんでした。

この後、じわりじわりとボディーブローのようにきいてきます。(笑)


続きはまた明日。









一伸ドライクリーニング店 

カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM


東京都府中市住吉町2-17-13

TEL 042-362-6470


定休日 日曜日


営業時間

800~夜1000


宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。


参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他



詳しい集配エリアはこちら


公式LINEはコチラ


一伸ドライクリーニング店 | LINE 公式アカウント

| | | コメント (0)

和歌山日記。 その3

和歌山日記、いよいよ今回のメインになります。(笑)



ホテルで一泊しまして、翌朝は6時半にロビーに集合。

なぜかと言うと、ホテルから備長炭を作っているところまで100キロほどあるんですね。

そしてその後も移動する距離が長いので、お店が開いたらすぐさま入りたい。

だから朝早くからのスタートとなったんです。


ホテルのロビーには沢山人がいます。

みんな朝食に並んでいる。

どうやらこのホテル、入場のチケットを別に配って制限しているんですね。

だからみんな朝イチで並んでいたんです。


僕らはそれを横目にロビーで全員揃うのを待ちます。

若干一名、準備に手間のかかるやつがいるので。

そして、彼がきていざ出発。


とりあえず、今日のルートは決めないで炭屋さんに直行します。

そこでお話も聞きたいし、実際に炭を焼いているところも見たい。

炭も選びたいしと考えているとどのくらい滞在するのか?も見当がつきません。

なので、その後の予定は炭を購入してから決める事にしました。


炭屋さんに向かう道中、かなりの車が走っているんですね。

渋滞こそしませんでしたが、たくさんの車が同じ方向に向かっていきます。

多分、関西の方々が遊びに行くところなんでしょうね。

東京で言うところの山梨みたいな感じでしょうか。


順調に走っていきますが、海が見えません。

山の中を走っているからなんですが、いい景色なんですよ。

すると、山の中にオレンジのものが見えるんですね。


あー、これみかんか。


和歌山、みかんの産地ですからね。

すると、みかんを買いたくなるわけですよ。

どこかで買えるかなあ?と思いつつ、炭屋さんに向かっていきます。


近くのインターで降りて下道を走っていくと、また山の中へ。

家も少なくなり、道も細くなり、明らかに田舎の方に来たなあと思います。


でもね、すっごい不思議なんですけど、ほんの1キロくらいの間にカフェがあるんですよね。

それも数店舗も。

自宅の一部を改装してやっているようなカフェがいくつもある。


明らかな田舎の道でこれだけカフェがあるのが不思議。

これはもしかして愛知の文化も入っているのかなあ?なんて考えてみたり。



そんなふうに見ていたら炭屋さんまで残り1キロ。

ナビが近くに来た事を教えてくれます。

高鳴る胸の鼓動。

なんか去年の七輪を買いに行った旅と似ていますねえ。(笑)


ここを右折です!とナビが言ったところが、どうにもお店のあるような道じゃないんですよね。

車一台がやっと入れるような感じの細い道。

炭を作っているから山の中なんだろうなあと思っていましたが、後ろに山はあるけど本当にこんなところにあるのか?と言うような細い道。

そして、少し入ると民家が数件あります。

ナビは、到着しました、と告げます。


ここか?と思うけど、看板などは一切なし。

普通の民家です。

ここは事務所なのか?

明かりもついているので聞いてみようか?と辺りを見回していると、あそこじゃないですかね?木が沢山置いてあるし、と反対側を指さしてます。


それっぽいから入ってみようか?と車を入れて降りて様子を見ていると、奥から1人の男性がやってきました。



炭を買いに来たんですけど、と告げるとありますよ、と。

無事に炭屋さんに到着出来ました。


いやー、全然関係ない民家に突撃するところでした。

危なかった。(笑)



さて、炭屋さんに到着した僕らはこれから炭を買う事になります。

が、僕らの予想とはかけ離れた結果になっていきました。


続きは明日。








一伸ドライクリーニング店 

カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM


東京都府中市住吉町2-17-13

TEL 042-362-6470


定休日 日曜日


営業時間

800~夜1000


宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。


参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他



詳しい集配エリアはこちら


公式LINEはコチラ


一伸ドライクリーニング店 | LINE 公式アカウント

| | | コメント (0)

和歌山日記。その2

和歌山日記、続きです。



高速に乗る頃には雪は止んでいました。

そして、飯田方面の雪用タイヤにしろと言う表示もない。

でも、相変わらず飯田のあたりで渋滞はありそうです。



友達の運転でひたすら愛知の方に向かって走ります。



実はこの和歌山への旅、裏テーマがありましてね。

それは水曜どうでしょうの合宿、と言うのがあるんですね。

2人が水曜どうでしょうのマニア、1人は全然知らない普通の子。

すると、マニアの比率が高くなるじゃないですか?

そうすると、マニアが騒ぐわけですよね。


合宿だ、と。


道中、水曜どうでしょうの動画を見るんだ、と残る普通の人を洗脳しようとするわけです。

で、素直な子なので、わかりました、と延々と動画を見せられる。

今回は、ユーコンと西表島の2本を見させる予定です。



ユーコンの動画を見始めます。

車は順調に高速を走る。

やがて飯田のあたりに来ましたが特に渋滞もなく。

車はスムースに走る、車内はどうでしょうを見る。(笑)

2話目が終わったあたりですかね、休憩しよう、と恵那峡のサービスエリアで止まりました。


ここ、スタバがあるんですよね。

で、つい数日前に気になるものを見たんですよ。


レンタルなんもしない人、と言う方がいます。

その人がXにポストしていたんですが、スタバのティーラテを注文する時に、オールミルク、と言うカスタマイズをすると無茶苦茶美味しい、と言う話を聞いた、と。

で、それを見て僕も頼んでみたくなったわけです。


スタバの注文って難しいじゃないですか?

カスタマイズできると言われていても、呪文のようなカスタマイズをするのは僕には難しい。

でも、オールミルクなら僕にも言える。


という事で、みんながトイレに行っている間に、僕はスタバでオールミルクを注文する、と意気込んでスタバに入っていきました。


ティーラテで、オールミルクって出来ますか?と聞いたら店員さんがニコッと笑ってくれてできますよ!と言ってくれます。

よしよし、僕にも注文できたぞ!と思っていたら、ティーラテ、種類がございますがどれがいいですか?と。


いきなりハードルが上がりました。

どれがいいですか?って言われても選べません。

悩んでいたら店員さんが今出ている新作をお勧めしてくれたので、それでやってもらうことに。

スタバで堂々と注文するにはまだ経験値が足りないようです。


出てきたオールミルク、一口飲んでをみたら確かに美味しい。

これはいいことを知ったなあ、と。

みんなにも一口ずつ飲ませて、美味しい、と。

甘いものをとったところでまた移動し始めました。


愛知に入るとなんとなくそわそわします。

なぜなら友達がいるからなんですよね。


今ここで降りて襲撃したっていいんだぞー?なんて思いながらも、いや今日は寄らない。

今日の目的地は宿、と自分たちに言い聞かせます。

愛知を過ぎて、滋賀に入るとまた友達のいる地域に。

このまま襲撃してもいいんだぞー?とまた思いますが、いやいや目的地は和歌山だからと自分たちに言い聞かせ。

そして、一旦滋賀のサービスエリアで休憩。

ここでルートの確認です。


大阪の方を経由するのは遠回り。

途中で京滋バイパスに入り、第二名阪に乗り換え、現地に向かう、ということをかくにん。

どうやらそれが最短ルートのようです。

今、とても便利なのがスマホでナビができることですよね。

後ろに乗ってる人もスマホのナビを付けてて、運転してる人に指示を出します。

運転しながら知らない道の指示を確認するって割と大変なので、ナビの指示を後ろの人が見る役目をすることで幾らか楽だったのではないかな、と思います。



結局、渋滞もなく、道も間違えるようなこともなく、順調に高速を走りホテルに一番近いインターの手前のサービスエリアに到着。

時間も遅かったのでここで晩御飯を食べてホテルに入ろう、と言うことになり、遅めの夕食に。

みんなでラーメンを食べてお腹が膨れたところでホテルに到着。


とりあえず翌日のルートは決めないで、朝イチに行く炭屋さんまでの確認をしたところでこの日は終了。

各々休みました。


行きの高速で、無事にユーコンの動画も全て見終わりまして、西表島は翌日の移動にみることに。

日曜はおそらく走ってばかりだと思うのでみる時間はたっぷりあります。

問題はどこに行くか?とどのルートを通るか?なんですよね。


ここにきて和歌山ってでかいな、どのルートを通っても遠いな、と気づき始めます。

さて、日曜はどんなふうになるのか?

明日に続きます。










一伸ドライクリーニング店 

カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM


東京都府中市住吉町2-17-13

TEL 042-362-6470


定休日 日曜日


営業時間

800~夜1000


宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。


参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他



詳しい集配エリアはこちら


公式LINEはコチラ


一伸ドライクリーニング店 | LINE 公式アカウント

| | | コメント (0)

和歌山日記。その1

さて、今日から和歌山に行ったお話になります。

全何話になるだろう?(笑)

お付き合いくださいませ。



今回、なぜ和歌山に行ったのか?と言うと備長炭が欲しかったからなんですね。

クリーニング屋さんの仲間内で七輪が流行っていて。

で、去年は能登に七輪を買いに行き、一年七輪を満喫したところで、そろそろいい炭が欲しいな、と。

ネットで注文をすれば楽なんですが、どうせなら現地に行って備長炭を買い付けたい、炭屋さんのお話を聞きたい、と言うことになりまして和歌山ツアーの企画が立ち上がりました。


和歌山、どのくらい遠いのか?全く知らなかったんですよね。

なので、伊勢に寄りたいだの愛知の友達のクリーニング屋さんに寄りたいだの、好き放題話していました。

ところが炭屋さんを決め、そこまでの距離を計算したら500キロを超えている。

しかも後半のほとんどは高速ではなく下道。

これは時間が掛かるな、と言うことになり、泊まりで行くことになりました。


という事で、出発は土曜の午後。

一旦、長野の伊那にあるセンタクアトリエに集合をしまして、そこから一路和歌山方面へ向かうことに。



しかしですねえ、天気が悪くてですね。

道中かなり大変だったんですよね。

混みはしないんです、でも甲府あたりから風がものすごくて。

初めて見ましたもん、高速にある風の強さを見る旗が真横になっているのを。

横風を受けるのを感じながら走るので当然スピードは出ません。

どこまでこの風は続くんだろう?と思っていると八ヶ岳に近くなってきた、おさまってきて。

残りは安心して走れるな、と思っていたのも束の間、今度はどんどん空の色が怪しくなってきました。


それからしばらくすると、何か舞ってるなあ、と思ったら雪ですよ。

高速は車が走っているので積りませんが、周りの景色を見ていると畑とか真っ白です。

うちの車はスタッドレスに履き替えておいたので気になりませんが、周りの車はどんどんと速度を落としていく。

まだノーマルだったのかなあ。

結局、ゆっくりした速度で走っていき、5時ちょっと前にセンタクアトリエに到着。

長野から来ていた友達ともそこで合流。

開口一番、僕の口から出たのはこの言葉。



おい、雪降ってんじゃねえか。



挨拶もせずにこれです。

ひどいなあ。(笑)



そんな絡みをしつつ、とりあえず向かうか、と荷物を積み替え、友達の車で和歌山方面に向かいます。

今日の目的地は和歌山県の紀の川。

ここに宿を取りました。


6時頃出発。

高速の電光表示板には、飯田あたりで渋滞の文字が。

さらに、雪用タイヤにしろとも出ています、


これからどうなるのか?

明日に続きます。










一伸ドライクリーニング店 

カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM


東京都府中市住吉町2-17-13

TEL 042-362-6470


定休日 日曜日


営業時間

800~夜1000


宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。


参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他



詳しい集配エリアはこちら


公式LINEはコチラ


一伸ドライクリーニング店 | LINE 公式アカウント

| | | コメント (0)

和歌山に来た目的は?

昨日、午後から走りまして和歌山に来ました。

今回の目的は備長炭の購入です。



いま、うちらの仲間内で七輪が流行っていまして去年は能登に切り出し七輪を買いに。

そして、今年は、備長炭を買いに和歌山まで来た、と言うわけです。


和歌山、能登より近いでしょ!なんてよく調べもしないで考えていたら遠い遠い。

大阪の方を経由して回り込んで入るか、三重の方から回り込むかしか行き方がないんですね。

しかも、高速を使おうとすると大阪の方を経由、三重から入ろうとするとかなりの部分を下道で走ることになってしまう。

時間で見ると高速が早くて距離で考えると三重になる。

と言うことで僕らが選んだのは大阪の方を経由して一旦和歌山で一泊、と言うことでした。



6時半にホテルのロビーに集合して備長炭を買いに。



今日もかなり走ります。

ほとんど寄れないんじゃないかなあ?









一伸ドライクリーニング店 

カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM


東京都府中市住吉町2-17-13

TEL 042-362-6470


定休日 日曜日


営業時間

800~夜1000


宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。


参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他



詳しい集配エリアはこちら


公式LINEはコチラ


一伸ドライクリーニング店 | LINE 公式アカウント

| | | コメント (0)

制服のクリーニング。

ただいま夜の11時。

今どこにいるのか?と言うと和歌山に来ています。


午前中、配達で府中から吉祥寺まで回り。

帰ってきてから品物にタグ付けをしてから出掛けてきました。



何をしに来たのか?はまた明日のブログをお楽しみに。(笑)



今日のためにお土産を買いに出かけたんですよね。

最近、ちょくちょくお土産に使っているのが八王子のとあるチョコレート屋さん。

前を通るたびに気になっていたので寄って買ってみたら美味しくてお土産に使わせてもらっています。

今回もお土産に購入をしたんです。



実は毎回気になっていることがありまして。


それは店員さんの女性、が着ている服装。

エプロンや頭につけている布巾。

これらがきちんと糊をつけられてプレスされているんですよ。

で、きれいにプレスをされているのでとても気になっていたんです。

で、今回、思い切って聞いてみたんですよね。



そのエプロン、クリーニングに出しているんですか?それとも自宅で洗っているんですか?と。



すると、クリーニングに出しています、との答え。

出しに行っているのか?と聞いたら、お店に取りに来てくれます、とおっしゃっていました。



仕事柄、店員さんの着ている服はついみてしまいます。

その状態で特に不快感になったりすることもないのですが、とても綺麗な状態で着ているのをみるとやはり印象が違うよなあと思います。


とても丁寧に見えるんですよね。



チョコレート屋さんの店員さんも確かにとても丁寧な方なんですが、さらに丁寧に見える。

店員さんの服装って大事だなあ、と思います。

 


僕らは自分でアイロンをかけているので、見たらアイロンの丁寧さもわかるんですよ。

いいクリーニング屋さんとおつきあているんだなあって思いますね。



昔は、こう言ったお店の制服とかクリーニング屋さんが請け負ってきれいにしていました。

いまは、自分で洗濯をさせるお店が増えています。

そのせいか、あまりきれいな服装をしていない店員さんが増えているんですよね。

働いている人にやらせることじゃないと思うんですよね。

働いている人が気持ちよく働けるように、制服のクリーニングはお店側がきちんとやってあげるのがいいのかな、と思います。


こう言う姿勢がチョコレートにも出ているのかもしれませんね。

お土産に持って行っても評判がいいので助かっています。









一伸ドライクリーニング店 

カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM


東京都府中市住吉町2-17-13

TEL 042-362-6470


定休日 日曜日


営業時間

800~夜1000


宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。


参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他



詳しい集配エリアはこちら


公式LINEはコチラ


一伸ドライクリーニング店 | LINE 公式アカウント

| | | コメント (0)

洗濯とドライクリーニングの違い。

世の中の洗濯には2種類あります。


一つは水洗い。

もう一つはドライクリーニングです。


家庭では水洗いしかできません。

ドライクリーニングは有機溶剤を使って洗うので家庭では出来ないんですね。

ドライマークの洗えるコースや洗剤が売られていますが、洗剤を何に溶かして洗うのか?で決まるので、水で溶かしている以上、それは水洗いになります。



さて、実は水洗いとドライクリーニングはもう少し違いがあります。

それは工程数の違い。


水洗いは洗いにすすぎをすると結構な工程数になるんですね。

脱水まで含めると6工程から8工程くらいあるんじゃないでしょうか。

これがドライクリーニングだと脱液まで入れても3工程。

圧倒的にドライクリーニングのほうが工程数は少ないです。



理由はいくつかありますが、水洗いの場合は洗剤を取り除く必要があるのでどうしても濯ぎの回数が必要になるから。

ここが大きいんですね。

ドライクリーニングの場合は、有機溶剤そのものに油などの汚れを落とす性能が強くあるので、すすぎと洗浄が一緒になっているから、回数が少ないんです。

そして、空気中に揮発してしまうので残らないから問題もない、と。


洗っている時間もドライクリーニングの方が短いですからね。

この辺も大きな違いです。



洗浄って奥が深くて一言では言い表せないものがあります。

たとえば、よく言われるのがドライクリーニングは油で洗うので服の油が取られてパサパサになってしまう、と。

じゃあ水で洗えばいいのか?となりますが、実は水で洗ったほうがパサパサになります。

それは洗剤が油を取るからです。

使う洗剤の種類によってはドライクリーニングではありえないようなパサパサ具合になったりします。


そもそも考えてみてください。

なぜ洗剤を入れるのか?

洗剤を入れる理由は、水に溶けづらいものを落とすため、それって油の汚れでしょ?

洗剤は、汚れの油と服の油を区別出来ませんから、水洗いの方が油を取ってしまうわけです。


ドライクリーニングで油が取られる、と言ってる人たち、見たことあるのか?と言いたい。(笑)



憶測でものを言っちゃダメですよ。


ドライクリーニングがよく分からない、と昔ほど言われなくなりました。

その代わり、洗濯がよくわからないという人はたくさん見かけるようになりました。

多分、家で洗うものが増えて、クリーニングの利用が減っているからでしょうね。


その洗濯の悩みも全ては服の仕分けがうまくいってないから。

クリーニングのほうが向いているもの、洗濯の方が向いているもの、ここを理解できたら洗濯の悩みもなくなるんですけどね。

できないものを抱え込むといいことはありません。









一伸ドライクリーニング店 

カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM


東京都府中市住吉町2-17-13

TEL 042-362-6470


定休日 日曜日


営業時間

800~夜1000


宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。


参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他



詳しい集配エリアはこちら


公式LINEはコチラ


一伸ドライクリーニング店 | LINE 公式アカウント

| | | コメント (0)

クリーニング屋、廃業のピンチ!

漫画って面白いですよね。

昔なら子供が読むもので大人は読まなかったりしたんでしょうが、今や大人だって普通に漫画を読みます。



アプリで漫画が読めるんですよね。

で、ちょっと前に話題になっていた、葬送のフリーレンという漫画をアプリで読み始めたんです。

うちの子供たちが話していて気になったんですよね。


で、その中では魔法は魔導書を読んで覚えて行くもので、花を咲かせる魔法とかそういう具体的な魔法がいくつもあります。

それを覚えて初めて使えるようになって行くんですね。


魔導使いの弟子の女の子がとある試験を受けました。

そして見事合格しまして、魔導書をもらったんですよね。

一体どんな魔法だったのか?


漫画を読み進めるとこんな風になっていました。



なんだか服がきれいだな、そしてフローラルな香りがする、と。

するとこう言うんです。


服の汚れを綺麗さっぱり落とす魔法です、と。


みんなが欲しがるような魔法。

そしてフローラルというところに現代に近いものを感じます。

このフローラルの香りは単なる香料なのか、柔軟剤の香りなのか、どうなんでしょう?

アイロンは掛かっているのか?汚れだけ落ちているのか?色々気になりますが、一つだけ言えることがあります。


こんな魔法が出来たらクリーニング屋は全員廃業だな、と。


神話の時代に存在したとしれる古の魔法、らしいです。

つまり、人間が存在してかずっと求められてきた魔法ということですね。

それだけ服を綺麗に着るということは人類の長年の夢だったと言えるのかもしれません。


漫画を通して洗濯やクリーニングについてのイメージを感じることができるのはとても面白いです。

作者や担当の方が洗濯やクリーニングにどんなイメージを持っているのか?よくわかります、

今回はフローラルってところに感じますねえ。


もし魔法が出来たら一番先に覚えようかな、その魔法。

てか、それだけでいい。(笑)










一伸ドライクリーニング店 

カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM


東京都府中市住吉町2-17-13

TEL 042-362-6470


定休日 日曜日


営業時間

800~夜1000


宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。


参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他



詳しい集配エリアはこちら


公式LINEはコチラ


一伸ドライクリーニング店 | LINE 公式アカウント

| | | コメント (0)

いつでもウェルカムです。

うちのお店は京王線の中河原駅から歩いてすぐの所にあります。

うちの店の前は結構多くの人が通るんですよね。


理由は駅に向かって行くのと、駅前のスーパーに行く人がいるから。

昔は関戸橋の所にもさくらサンリバーというスーパー併設の商業施設があり夜の10時まで開いていたこともあって夜遅く迄店の前を人が通っていってました。

昔の中河原を知っている人には懐かしい光景じゃないですかね?


今は8時を過ぎるとあまり通らなくはなっています。


店の前を通る人の中には以前お客さんだった方もいらっしゃいます。

お年を召して、もうクリーニングに出すようなものはない、という方もいらっしゃるんですよね。


今日の午前中に以前ご利用されていたおばあさんが寄っていってくれました。


お年を聞くと90歳を越えたとか。

それでも出来るだけ駅前のスーパーに買い物に行くようにしているんだそうです。


もうクリーニングに出すものも無くなってねえ、とおっしゃいます。

別にクリーニングするものがなくても寄っていっていいんですよ?とお話をします。



いつからですかねえ、利用しなければ寄っちゃいけないような感じになったのは。

別に僕らは普通に顔出していただいて構わないんですけどね。

挨拶だってするし、世間話だってします。

クリーニングする服を持ってきてもこなくても、です。


当たり前でしょう?

お客さんとしてきたから挨拶する、お客さんじゃなければ挨拶しないなんてありえないじゃないですか?


皆さんが周りの人としているように、僕らも同じように挨拶もするしお話もします。

だから、気兼ねなく寄っていっていいんですよ、とお話をしました。



遠慮なんてすることないのにねえ。



昔の話をするのはあまり好きではありませんが、特に用事がなくてもお店によるのなんて普通のことだったんですよ。

前を通った時に目があったから寄った、そんなことはたくさんありました。

そのまま1時間くらい世間話をしていることもありました。


そんな普通のことが出来ないなんてなんだか寂しいな、と思います。


利用されなくたって構いませんよ。

いつでも寄っていって欲しいなあと思います。









一伸ドライクリーニング店 

カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM


東京都府中市住吉町2-17-13

TEL 042-362-6470


定休日 日曜日


営業時間

800~夜1000


宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。


参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他



詳しい集配エリアはこちら


公式LINEはコチラ


一伸ドライクリーニング店 | LINE 公式アカウント

| | | コメント (0)

年末に向けて。

今朝は冷え込みが厳しかったですねえ。

一気に冬になったかと思いましたが配達に出たら暖かい。

これならまだ冷たいコーヒーを飲めます。(笑)



配達の合間にホームセンターに寄りました。

仕入れたいものがあったんですよね。

するとホームセンターの中で店員さん達が慌ただしく品出しをしている。

よく見ると、全部正月用品です。


よく考えたら11月も中旬に差し掛かっているんですよね。

うちもカレンダーを配り始めているし着実に今年も終わりに向かっていっています。



いつまでも暑く、そして急に冷え込むような今年のような感じって、気がついたら年末になってて色々と忘れてしまいがちです。

いま、何を着ていいか?みなさん迷っていますよね?

こういう時って危ないんですよ。


もしかしたら着るかも?と半袖とかを残しがちで、洗い忘れてしまうとか。


そんな事がないように大掃除があるのかもしれませんね。

今年はずっと暑かったので絶対洗ってしまわないとダメです。

忘れないようにしてくださいね。








一伸ドライクリーニング店 

カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM


東京都府中市住吉町2-17-13

TEL 042-362-6470


定休日 日曜日


営業時間

800~夜1000


宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。


参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他



詳しい集配エリアはこちら


公式LINEはコチラ


一伸ドライクリーニング店 | LINE 公式アカウント

| | | コメント (0)

洗濯講座、新宿で2回目です。

今日は新宿にて洗濯講座をしています。

先月、東京で初開催をしましたが、今月も新宿にて企画をしました。


この講座を受けてみたいと思った理由はなんですか?



毎回聞いていますが、理由は様々ですね。

綺麗に洗えないから洗濯を学びたいという人や、普段している洗濯をきちんと勉強したことがないから知りたいという人、洗濯大好きなのでもっと知りたいという人、本当に色々です。


そして、講座が始まって5分もするとみなさんその視点はなかった、とおっしゃいます。



なぜ洗濯をするのか?



全てはここから始まっていきます。

そして、本当に大事なのは洗濯ではない、という事も。


世の中に色々な洗濯講座、洗濯のやり方を教えてくれるサイトはありますが、僕らのような話をするところは他にはありません。

なかなか珍しい、貴重な洗濯講座。

洗濯を通して違う世界が見えるようになってくれると信じながらやっています。










一伸ドライクリーニング店 

カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM


東京都府中市住吉町2-17-13

TEL 042-362-6470


定休日 日曜日


営業時間

800~夜1000


宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。


参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他



詳しい集配エリアはこちら


公式LINEはコチラ


一伸ドライクリーニング店 | LINE 公式アカウント

| | | コメント (0)

練習中。

今、練習をしているんですよね。

何の練習かというと、ウイスキーの練習。

お酒は基本年に2回しか飲みません。


大晦日と元旦。

この2日だけしか基本飲みません。

飲み会とかあってもソフトドリンクが多いんです。


そもそも飲む習慣がないので飲んだことあるお酒も限られています。

ビールに酎ハイ、焼酎に日本酒。

日本酒だってやっとこ飲んでいる感じです。


それがですね。

夏あたりに山﨑のハイボール缶が発売されて賑わっていたんです。

興味ないからスルーしていたんですが、あまりにも人気で品切れが続出、うまい!というのをたくさん聞いて興味が出たんですよね。

さらに、コンビニで山﨑や白州の小瓶がはんばいされて、こちらも大人気で。


みんながそんなに騒ぐなら体感してみたくなるじゃないですか。

それで色々と探して山﨑のハイボール缶や山﨑、白州の小瓶を手に入れたんです。


しかしですよ。

そもそもウイスキーなど飲んだことがない僕が飲んで美味しいのか?自信がないんですよね。

お酒だって強くないし。

入手困難なお酒を手に入れて、もし飲んでわ美味しくない、と思ったら悲しい。

それにダメなら好きな人にあげた方がお酒も喜ぶと思うんですね。


で、思ったんですよ。



ウイスキーの練習をしよう、と。



先ほども書きましたが、そもそも飲む習慣がないのでそんなには飲みませんが今日なら飲んでも平気、という日を選んで練習をしています。


先日はジャックダニエルのコーラ割りのやつを。

また、カバランというウイスキーのハイボール缶を。

どれも味が違うんですね。


でも、まだ美味しいとは思えていません。

アルコールだな、という印象。

そして、今日はローソンで売っていた三郎丸蒸溜所のハイボール缶というやつを飲んでいます。


これもまた違う。



味の違いはわかるんだけどな。

ウイスキーが美味しいと思えるように練習をして、みんなが上手いという山﨑や白州をおいしく飲むんだ、というのが年末までの目標。(笑)










一伸ドライクリーニング店 

カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM


東京都府中市住吉町2-17-13

TEL 042-362-6470


定休日 日曜日


営業時間

800~夜1000


宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。


参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他



詳しい集配エリアはこちら


公式LINEはコチラ


一伸ドライクリーニング店 | LINE 公式アカウント

| | | コメント (0)

お茶。

急に寒くなりました。

となると、冬物のお届けが増えていきます。


今日は小平の美容室さんにお届け。



府中市内から三鷹まで配達に行き、そこから小平に戻ります。 

道路も混んでいたのですが、割と順調に到着。

誰か髪の毛洗っているなあ、と思っていたら、嫁さんの妹でした。(笑)


クリーニングのお届けはあっという間です。

品物を渡して、お題をいただいて終了。

そのまま帰ればいいんですが、今日はお茶でも飲んで行きますか?と言われたのでありがたくお茶を頂いていくことに。

義理の妹が髪の毛を洗って、そのあとパーマするところを見せてもらいました。



クリーニング屋と美容師さんって似ているところがいくつかありまして。

原理というか、髪の毛をセットするとか色を入れるとか、クリーニングでも似たようなことをやるんですよね。

なのでせっかくだからとあれこれと質問してたんです。



やはり本職ですから詳しい。

そして、クリーニングと通じるものがある。

2人でふんふん言いながら話をしていると、義理の妹が2人の間では噛み合っているのね?みたいな顔をしてまして。

そりゃ、2人とも現場にいる人間ですから噛み合います。


お茶を頂いて30分くらいいましたかねえ、色々聞けて満足したところでお暇してきました。



実は配達に行ってお茶をご馳走になるとか結構あります。

昔通っていた独身寮とかは、真夏の時期、僕が配達に行くと氷水が用意してあるとかもありました。

熱中症で倒れられると困るからとわざわざ用意してくれてたんですよね。


そんなことが割とあるのでお呼ばれするとありがたく頂いてきます。



やっぱり本職さんのお話を聞くのは楽しいですねえ。

またひとつ賢くなりました。(笑)