« 11月に半袖。 | トップページ | カーテンの静電気? »

ニットの洗い方。

洗濯研究家を名乗る方が増えてきています。

その方々がいろんなメディアで情報発信をするんですけどね。


研究家を名乗るならちゃんとした情報を出してくれ、頼む。

もうね、コタツ記事のようなどこかで調べた話を勝手に解釈して出すのは良くないですよ。

なぜコタツ記事のようだ、というのかと言うと、実際にやって理解してたらそんな解釈をしないから。

テキストだけを読んで自分の知識に当てはめるからおかしな解釈をして変なことを広めることになるんです。


もう、いい加減訂正するのに疲れてきたなあ。



ニットの洗い方を指南している洗濯研究家の方がいました。



ニットの洗い方、すごい雑な話ですよね。

ニットは作りの話で洗い方の基本は素材で決まります。

その後に作りが関係をしてくる。

素材の話抜きに洗い方の説明をするなんてあり得ません。


でも、この洗濯研究家の方はしちゃうわけですね。



洗濯絵表示を確認して、それに合わせて洗う、と言います。

これね、正しく思えるけど正しくないんですよ。

なぜなら、洗濯絵表示だけでは読み取れないものがあるんです。

また、洗濯絵表示がきちんとテストをしてつけられている保証もありません。

それだけ今の洗濯絵表示はかなりいい加減。

そこだけを信用して洗うのはリスクがあります。



その説明の中に、ウールやアクリルの説明もあるんです。

あるんですが、遅いんですよ、それは洗い方の前に説明しなきゃいけない。

なぜなら、ウールなら手洗いでも洗い方を間違えると縮むから。

同じ手洗いの表示でもウールはウールに合わせた手洗いをしないといけません。


またおかしな説明をしているんですが、ウールはタンパク質だから暑いお湯で洗うと縮む、と。

そんな話、聞いたことないんですよね。


あのね?

ウールのアイロン掛け、160度とかでやるんだけどね?

別に縮まないんだよね?


お湯を使う時に注意をするのは別の理由ですよ。

もうちょっと勉強してから発信をしてくれ…。


研究家名乗ってて半端すぎる…。



僕らはよく言うんですが、洗濯研究家を名乗る人やおかしな洗濯の方法を教えているクリーニング屋を名乗る人たちって、大間違いではないんですよね。

みなさん、かすっていくんです。

だから、うまくハマれば洗うことができる。

けど、ハマらないと事故になる。

半分くらいはハマらないと思いますよ、だから僕らはダメですよ、と話してるわけで。

レアなケースならこんな注意喚起はしません。


もう、本当に素人の洗濯研究家の人たちは勘弁して。

きちんと学ぶか、ネタ元を表記したほうがいいと思う。

大元の話をしている人たちも違うふうに伝えられて困ると思いますしね。


うちらの講座を聴きに来ますか?

発信の内容が変わると思いますよ?







一伸ドライクリーニング店 

カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM


東京都府中市住吉町2-17-13

TEL 042-362-6470


定休日 日曜日


営業時間

800~夜1000


宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。


参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他



詳しい集配エリアはこちら


公式LINEはコチラ


一伸ドライクリーニング店 | LINE 公式アカウント

| |

« 11月に半袖。 | トップページ | カーテンの静電気? »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 11月に半袖。 | トップページ | カーテンの静電気? »