« やっちまった。 | トップページ | チロルチョコ。 »

アイロンで焦げる理由。

僕がブログで間違ってる情報に対して指摘をするのには理由があります。

その理由は、間違った情報そのものよりも、その情報から想像される洗濯やクリーニングのイメージが歪んでいくからなんですよね。


極端な話、水は下から上に上がっていく、というくらいおかしなイメージを持たれてしまうんですよ。

すると、後々正しい情報を伝えていってもベースになる洗濯やクリーニングのイメージのおかしいので変なふうに理解されちゃうんですよね。

その弊害はあまりにも強力なので、できるだけ訂正をしようと思っているんです。


ハンズ公式チャンネルがTシャツのアイロンの掛け方を解説しています。



この手のアイロンの掛け方で今まで的を得た解説を見たことないんです。

今回もズレてました。


なぜ的を得ない、ズレた話になるのか?というと、上手なアイロンの掛け方は手順を教えればいいと思っているからなんですね。


どこから掛けるといいとか、その時にこうしろとか。


曖昧な表現が多く、これを見てもちゃんとアイロンをかけられるようには見えません。

だって、アイロンでシワが取れる原理をみんな知らないのに、出来るはずないもん。


世の中に出回っているアイロンの掛け方がずれているのは、みんなが知りたいのはシワの取り方、伸ばし方なのに、そのやり方を一切教えてくれてないからなんですよね。


てか、知らないんじゃないですかね?


本当のやり方を知らない、ということを知らなくて自分の知っているアイロンの掛け方を教えている人は沢山いますよね。


さて、今回のハンズ公式でも色々おかしいんですが、一番おかしかったのはこんな所でした。



霧吹きをかけすぎてシミのようになってもアイロンで乾かしてはいけない、と。

なぜなら、焦げてしまうことがあるから、と言います。

アイロンで乾かさずに少しおいて乾かすといい、と。



別にアイロンで乾かしたっていいんですよ。

焦げるってことは何かそこにあるから焦げるわけで。

アイロンの熱で焦げさせるってなかなか難しいんです。

焦げるということは綿素材だと思いますが、アイロンで焦げるような温度になるとまずアイロン握れませんからね。


霧を吹いてアイロンで乾かした時に焦げる理由は主に二つ。



一つは汚れが残っていたケース。



汚れがきちんと落ちてない時に焦げてしまうことがあります。


もう一つは、アイロンの底面が汚れていたケース。


これもよくあるパターンなんですよね。

なので、アイロンをかけるときは底面の汚れを確認したほうがいいんです。



むやみやたらに焦げるとか恐怖心を与えるのはよくないです。

焦げるのには理由があるんだから、きちんとそれを明示して、どうすればそれを回避でいるのか?教えてあげればいいわけで。

あやふやに書くと、焦げる理由がよくわからなくて、うんふうんで焦げたり焦げなかったりするように読めてくるのはよくないですよ。


そうして、あやふやなイメージを服に持たせて洗う事をギャンブルのように説明するのは本当に良くありません。


説明するときはちゃんと説明しましょう。



アイロン講座、去年からずっとやりたいと思っているんですよねえ。

正しい情報が広まれば間違った情報が流れてきても信用することはなくなりますしね。


アイロンは手順を知ってもかけられません。

皆さんが知りたいのは、シワをとることでしょ?

それは手順ではどうにもならないですよ。

そこを教えている人は今のところ、ためしてガッテンくらいだったなあ。

あれはちゃんとしてた。








一伸ドライクリーニング店 

カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM


東京都府中市住吉町2-17-13

TEL 042-362-6470


定休日 日曜日


営業時間

800~夜1000


宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。


参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他



詳しい集配エリアはこちら


公式LINEはコチラ


一伸ドライクリーニング店 | LINE 公式アカウント

| |

« やっちまった。 | トップページ | チロルチョコ。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やっちまった。 | トップページ | チロルチョコ。 »