« 今年は少し多く休みます。 | トップページ | 伊勢屋さん、閉店。 »

思わず二度見しました。

クリーニング屋をしていて、これはヤバい商品だ、というものに出くわす時があります。



一般の方は、まさかそんな商品が世の中に売られているとは思わないでしょうが、何年かに一度、そういう商品が出回ったりします。



洗うだけでバリバリに固くなってしまう生地とかね。



信じられないでしょうが本当にそう言う生地は存在するんですよ。

洗う前は普通の服だったのに、洗った後、取り出そうとしたらバリバリに固くなって。

生地のような柔らかさは無くなり、バキッ!っと折れるようなほどの硬さになってしまうんです。



その素材名は、ポリ塩化ビニル、といいます。



昔、合皮で使われてましてね。

一見革製品のように見えて、ドライクリーニングをするとバリバリに固くなってしまうと言う生地なんです。


なぜ固くなるのか?と言うと、元々が塩ビ管なんですよね。

それを可塑剤を使って柔らかくして生地に仕立てたものなんです。

で、これをドライクリーニングすると、中の可塑剤が抜けてもとの塩ビ管に戻ると言うわけ。

だから硬くなってしまうんですね。


かなり昔にクリーニング屋で事故が多発して、せいひんとしてもつかわれなくなっているんですが、なぜかそんな問題のある生地なのに、数年おきに商品に使うメーカーが出てきたりするんですよ。


まあ、水洗いをすればいいんですが、油の汚れとかついたら困りますからね。

水洗いができるからいい、と言うものでもないと思います。


そのポリ塩化ビニル、久しぶりに出てきたんです。



その商品は毛布でした。



お客さんから預かってきて、洗う前に念のためにと、素材の確認をしたら、なんと素材名のところにポリ塩化ビニル、の文字が。


これね、クリーニング屋さんならみんな深くうなづいてくれると思うんですけどね、見た瞬間、おおっ!って声出るんですよ。(笑)

それだけレアであり、ヤバい商品であり、注意をしなきゃ!と身の引き締まるような商品なんです。


なぜ毛布にポリ塩化ビニル?と言う謎もありますが、洗い方を間違えると取り返しのつかない事故になります。

なので、すぐさま店の中で情報共有を。


クリーニングの仕事ってこの情報共有がとても大事なんですよね。

気がついたら周りで共有しとかないと、いくら知識があっても見逃してしまうこともあるわけで。

それを防ぐためにも、気がついたら共有をすることはとても大事になります。


無事に共有も済み、無事に洗い上がり、お客さんに届けられました。


お客さんの所で、その毛布の話を。


この毛布、どうされました?と聞くと、お母さんがいい商品だとブランドを選んで購入したのだとか。

お客さんにも情報共有をしとかないといけないので、洗い方の注意点などを伝えて帰ってきましたが、ブランドさんがわざわざポリ塩化ビニルを使用したと言うのも気になります。

そのブランドだけなのか?これから他のブランドでも似たような商品が出てくるのか。

しばらくは注意したほうがいいかな。


久しぶりにギョッとしましたね。

思わず写真撮りましたもん。

貴重な写真になりました。








一伸ドライクリーニング店 

カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM


東京都府中市住吉町2-17-13

TEL 042-362-6470


定休日 日曜日


営業時間

800~夜1000


宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。


参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他



詳しい集配エリアはこちら


公式LINEはコチラ


一伸ドライクリーニング店 | LINE 公式アカウント

| |

« 今年は少し多く休みます。 | トップページ | 伊勢屋さん、閉店。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年は少し多く休みます。 | トップページ | 伊勢屋さん、閉店。 »