« カビではなく細菌でしょ? | トップページ | 洗い残しはありませんか? »

洗濯研究家の大きな間違い。

洗える、と言う言葉ほど現代においていい加減な言葉はないのかなあと思ってしまいます。



いろんな人が洗えますよ!クリーニング代が節約出来ますよ!と言います。

手順が書かれていて、それっぽい写真も添えられていて。

言葉だけ読んでいると、クリーニングと同じ品質で洗えるのかと錯覚してしまいます。


僕らクリーニング屋さえも、そんな錯覚を起こしてしまうんですから、洗濯やクリーニングの知識のない消費者が見たら信じてしまうし、それがいい事だと錯覚してしまうだろうなあと思うんですね。



洗濯研究家の方が介護ポストセブンに記事を書いていました。

そこにはクリーニング代の節約にと洗い方の説明と共に、洗った服の写真も載っています。


先に答えを書きますが、僕、こんなふうに洗った服は着たくありません。

だって、仕上がってないもの。

手順を読んでいると意味の通じるところと通じないところがちらほらあって、洗い上がった写真を見るととても着れたものじゃないジャケットやコートの写真があるんですよ。

表面には水で洗った凸凹が見れるし、せっかくのジャケットやコートがみっともなくなってしまっている。


どんなに丁寧に洗っても水につけたら生地の表面は変化します。

アイロンで仕上げなければ元に近い状態には戻りません。



洗えると言ってもこの状態の服を着させられてる人はかわいそうだなあって思います。



洗濯の研究を始めたのもクリーニング屋に出して綺麗にならなかったからだと言います。

そこから研究を始めたと。

仮に初めはクリーニングへの不満からだとしても、洗濯を学んで行くとなぜそのクリーニングで汚れが落ちなかったのか?もわかってくるはず。

すると、そのクリーニング屋を選んだミスが自分にあることもわかるはずです。


まあ、それはひとまず置いておきましょうか。


自分で研究して洗えるようになった、クリーニングの節約になる、と言っていたのでどこまで近づいた洗い方をしているんだろう?と思っていましたが、これは酷いなあと言う洗い方でした。


本当に残念です。



今、物価が上がって生活を切り詰めたいのはよくわかります。

しかし、切り詰めればいいと言うものではなく、そこには切り詰めたことによって損をしたり、おかしくなるようなものではいけないと思うんです。


クリーニング代を節約したつもりが服を壊して、恥ずかしい思いをするような事が節約になるのかな???


もし、本当に洗濯を研究するのなら、自宅で洗うものとクリーニングに出すべきものをきちんと分けることを伝えるべきだと思いますが?

何でもかんでも自分で洗う事がいいわけではなく、今持っている服を適切に扱い、なるべく長く着用できるようにするのが洗濯研究家の役目ではないですか?


間違った洗濯を広め、服を傷め、長く着用できないようなことを広める事が洗濯研究家のやっている事なら、そんな研究家はいらない。


それは、多くの洗濯に困っている消費者のためにならない。



自ら洗濯に興味を持ち、自分で洗剤などを全部購入して試した結果を公表するくらい、誰かの役に立とうとしているなら、今やっていることをもう一度見直さないといけません。

洗濯のやり方とか知識の問題ではなく、そもそも服を着る、と言う意味を見直した方がいいです。


洗濯が主になるからこんな間違いをするんですよ。



洗濯が主になるわけないでしょ?

洗濯なんて服のおまけです。

なぜ洗濯をするのか?と言ったら、またその服を着るため。

次に着たくないと思うような洗濯は間違っています。










一伸ドライクリーニング店 

カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM


東京都府中市住吉町2-17-13

TEL 042-362-6470


定休日 日曜日


営業時間

800~夜1000


宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。


参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他



詳しい集配エリアはこちら


公式LINEはコチラ


一伸ドライクリーニング店 | LINE 公式アカウント

| |

« カビではなく細菌でしょ? | トップページ | 洗い残しはありませんか? »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カビではなく細菌でしょ? | トップページ | 洗い残しはありませんか? »