« 服の勉強はどこで? | トップページ | 世の中の臭い問題の解決方法は? »

干す時にこれを注意すると変わりますよ。

みなさん、シワがとても気になるようで。

そりゃ、なんでも水で洗ってたらシワになります。

でも、僕らからしたら当たり前だけど、洗濯をしたらどうなるか?想像がつかない消費者の皆さんからすると、シワになるものとならないものがあってその違いがわからない、なんでシワがつくんだ!とストレスが溜まっているんじゃないか、と思うんですよね。


だからこんな記事が出てくるんだと思います。



プロが教えるシワの取り方。



ほー。プロが教えるんだ。

すごいなあ、と見ていたら、とあるクリーニング屋さんでした。


おそらく記事を書いた人が多少盛っているんだろうなあ、と思いますが、これでアイロンがいらないかも知れない!とまで言ってる。

そんなわけあるか!アイロンの伸びと全然違うぞ?と思いながら読みましたけどね。


荒ジワをとる、という考え方でいくと、正しいんです。


簡単に説明しますね。


要は、干す時に縫い糸を引っ張るんですよ。

記事では生地が重なったところを引っ張る、と書いていましたが、そうではなく、縫い糸を引っ張るんです。


これには理由があって、縫い糸が縮むんですよね、たいてい。

で、その縫い糸を引っ張って元の長さにしてあげると余計なシワが減るんですよ。


実はこれは基本中の基本の話なんです。


僕らクリーニング屋さんはアイロンをかけるのが上手。

消費者の皆さんのように、アイロンかけても伸びない!アイロン訳わからない!と言うようなことはなく、ちゃんと伸ばすことができます。


しかし、だからと言って、洗ってしわくちゃのまま干すと手間が掛かって仕方ないんですよね。

アイロンをかける時間も長くなる。

仕事としてやっているとこれはロスなので、できるだけアイロンのかけやすい状態に事前にするんです。


それが先ほど出た、縫い糸を引っ張る。


これでおおよその荒ジワをとっておいて、アイロンをかけやすくしてるんですよ。

アイロンで伸びた状態とひっぱって乾かした状態では全然違います。

だから、乾いたら着られるわけではなく、きちんと仕上げをするんです。



化学繊維などは水の影響を受けないのでそもそも乾いたらほぼシワのない状態になったりしますから気にならないですが、綿や麻などの植物系の繊維は水の影響をもろに受けるので、糸を引っ張ったり、仕上げたりする必要があるんです。



クリーニング屋さんにはいろんなところから取材依頼が入ります。

質問に答えて、それが記事になる時におかしな内容になることがあるんですが、まさに今回もそんな感じだったのではないでしょうか?

クリーニング屋さんが記事の中身を全部書いているならともかく、ほぼそんな事はないので、取材をして聞いた記者が独自の解釈を入れ込んで書くので、おかしな話になる。


クリーニングだけではないと思いますけどね。



正確に伝えるってのは本当に難しい。

取材を受けたクリーニング屋さんも記者さんも、騙そうとしているわけではなく、誰かのために頑張ってるんですからね。


願わくば、内容がちゃんとしていてほしいなあと思います。


こんなこと書いてあるけど、これ本当?と聞いてくれたら答えるんですけどね。

そう言う人は本当に少ないんですよ。

実は記事そのものを読んでる人がほぼいなかったりして?(笑)








一伸ドライクリーニング店 

カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM


東京都府中市住吉町2-17-13

TEL 042-362-6470


定休日 日曜日


営業時間

800~夜1000


宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。


参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他



詳しい集配エリアはこちら


公式LINEはコチラ


一伸ドライクリーニング店 | LINE 公式アカウント

| |

« 服の勉強はどこで? | トップページ | 世の中の臭い問題の解決方法は? »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 服の勉強はどこで? | トップページ | 世の中の臭い問題の解決方法は? »