« なぜ被災地にクリーニングが必要なのか? | トップページ | 洗濯ネットから臭いが? »

洗濯ネットの使い分けは?

洗濯でネットを使うことがあると思います。

しかし、今はそのネットの使い方が間違っている人が非常に多い。

なぜネットを使うのか?理解してない人がたくさんいるんでしょうね。


まあ、クリーニング屋を名乗る人や洗濯研究家を名乗る人たちがネットの使用をお勧めしたりしてますから、その真似をしてしまう人が出ても仕方がないんですが。



ネットを使う理由、それは機械力を減らすためです。

もう少し簡単にいうと、服にかかる力を弱める、という事。

なので、ネットを使う服は基本的に弱い服、という事になります。


例えば、とても柔らかい服だったり。

編み方の粗いニットだったり。

壊れそうなボタンなどがついていたり。

こういう服の場合、洗っている最中に他の服からの影響が出たりするのでネットで保護する必要があるんですね。


で、多くの人もネットを使うのは保護を目的としていると思うんです。

じゃあ何が間違えているのか?というと、本来そこまで弱くない服をネットで保護しようとする事。

つまり、必要ないのにネットで保護してしまっているんですよね。


多分、いろんな服の不具合を経験していて、それが洗濯のせいだと思っているからだと思います。


服に起こる不具合には必ず原因があります。

理屈があるんですね。

ところが、ほとんどの人はその理屈を知りません。

だから、洗った事によりこうなった、と思い込んでしまい、過剰に保護してしまう。

その結果、汚れが落ちなくなってしまってるんですよね。



洗浄力とよく言います。


洗浄力とは何か?というと、洗剤の力、水や溶剤などの洗浄液の力、揉み作用の力、などの総合力です。

例えば、洗剤を使わないとするとそれで洗浄力は落ちてしまいます。

また、水ではなくお湯に変えると洗浄力は上がります。

このように、どれかの力を強くしたり弱くする事で洗浄力は上がったり下がったりするんです。


で、ネットに入れるという事は、先ほども書きましたが服にあまり力をかけたくない時に使うものなので揉み作用の力が働かなくなります。

つまり、単純に洗浄力は落ちるんですね。



ここで、落ちた分の洗浄力を補おうと洗う前に洗剤を汚れている部分に付けたりして足りない洗浄力を補ったりします。



ネットを使う必要のある服には使いましょう。

しかし、必要のないものに使ってしまうと、汚れが落ちなくなってしまいます。

プレウォッシュをすればいい、という人たちもいますが、ネットを使わずに普通に洗って落ちるものをわざわざネットに入れて洗剤をつけて洗うと、余計な洗剤を使うので、環境に良くないですよ。

洗剤は必要な分だけでいいんです。

わざわざ自分で洗浄力を落として、洗剤を吹き付けて綺麗になったと錯覚する必要なんてありません。


まずは洗おうとしている服が強いのか弱いのか、そこを知る必要があります。

それさえ分かってしまえばネットも上手に使い分けられるようになります。










一伸ドライクリーニング店 

カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM


東京都府中市住吉町2-17-13

TEL 042-362-6470


定休日 日曜日


営業時間

800~夜1000


宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。


参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他



詳しい集配エリアはこちら


公式LINEはコチラ


一伸ドライクリーニング店 | LINE 公式アカウント

| |

« なぜ被災地にクリーニングが必要なのか? | トップページ | 洗濯ネットから臭いが? »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なぜ被災地にクリーニングが必要なのか? | トップページ | 洗濯ネットから臭いが? »