ファッション・アクセサリ

服を着る理由、クリーニングする理由。

最近夜になるとclubhouseのアパレル関係者の部屋に入って話を聞いています。

同じ服を扱う仕事をしていますが、デザインしたり作ったり、販売したりするアパレルとメンテナンスをする僕らクリーニング屋さんでは相当な隔たりがありまして。


アパレルはこんな業界だ、みたいなのは昔から色々かあるのですが、生の声を聞いてみたくてほぼ毎晩話を聞きに行ってるんです。


いやー、新鮮ですよね。

アパレルの悩みをたくさん聞いていると、大変だなあ、と思うし、作る側、売る側の心理や考え方が実によくわかる。

驚くような話も聞けますし、見てる角度の違いが僕らとの大きな違いだな、と気づく事もあったり。


アパレルへの見方が確実に変わってきています。


アパレルの人たちは本当にファッションが好きなんですよね。

そして、各々好きなスタイル、デザインを自分の中に持っています。

面白いのはお互いのそういう違いを見事の尊重している、という事。


これがオシャレなんだ!みたいな事はしません。

この辺はクリーニング屋さんの方が頑固かも知れませんね。


これが正しいスタイルだ!みたいな話をするクリーニング屋さんは割といます。

ファッションを勉強している人に多いんですけどね。

アパレルの人たちの話を聞いていると、そこまで絶対のものでもないんだなあ、と思えてきます。

アパレルの方が感性でものを見ている印象、クリーニング屋さんは知識で見ている印象です。



そこでひとつ気づいたことがありまして。


アパレルのファッションが好きな人たちがなんで服を着るのか?

今回それが分かったんですよね。



自分の気分が上がるから着るんです。



自分の好みの服、おしゃれな服を着る事で、自分の気持ちが上がる、高揚するっていうんですね。

だから、このコロナ禍でも、自宅でもおしゃれをするし、近くのコンビニに行く時もおしゃれをする。

なぜなら、自分の気持ちが上がって幸せを感じるから。


実に面白い話だなあ、と思いました。


服を着る事で気分が上がる、これってすごいと思うんですよね。

コロナで服が売れなくて、アパレルは売り上げを落としています。

僕もお客さんに話を聞くと、人に会わないし、家の近くしか出ないから外行きの服は着ない、と何度と言われました。


今回のコロナで僕は、服は人と会うために着ているんだなあ、と思ったんですね。

多くの人がそう話していたから。


人と会わなくなったら服は着なくなるんじゃないのか、そう思っていました。


ところが、服を着る事で気分が上がる人たちがいる、という事を知って見方が変わったんですよね。


服って面白くて、いろんな側面があります。

 

人に見られたときに恥ずかしくないように着る人もいます。

おしゃれが好きで着る人もいますよね。


この二つ、相反するものだと思うんだけど、実はみんなの中に両方ともあると思うんですよね。


周りに配慮してきている人も、やはり気に入った服を着るのは嬉しいし、自分の気に入った服を着る人たちも褒められると嬉しかったりする。


で、この話を聞いてて思い出したんですよね。



クリーニングをした服を着ると気分が上がる人達がいるってことに。

晴々とするんですよ、クリーニングをした服を着る時って。


よごれていると恥ずかしく感じたりするのが、クリーニングで綺麗になると恥ずかしさもなくなり、自信を持てるようになる。


おしゃれをする人と同じ感覚なのかなあ、と思います。


面白いな、ここでおしゃれとクリーニングが繋がるなんて。

根っこは同じ感覚なのかも知れません。



クリーニングしたら気分が上がる、多くの人にこう言ってもらいたいな。

そうなるように頑張らなきゃ。

| | | コメント (0)

アイロンの掛け方の違い。

ここ最近、洗濯に絡んだ話がテレビによく出ています。

洗い方や染み抜きの仕方、これはもう何年もやってますよね。


で、いよいよアイロンの掛け方まで出るようになりました。

アイロン、主婦の嫌いな家事の一つだそうです。

今朝もアイロンの掛け方をやっていましたね。


誰がやってるんだろう?と思って調べてみたら、なんとプレス屋さん。

アイロンをかける仕事をしている人ってクリーニング屋さん以外にもあるんです。


アイロンというとみなさんご存知なのは、クリーニング屋さんですよね。

他にはテーラーさんもアイロンを掛けます。

そして、プレス屋さんという、出来た新品の服にアイロンをかける仕事があるんです。

今回はそのプレス屋さんがテレビでアイロンの掛け方を教えていました。


アイロンの掛け方は、みんな違うんですよ。

クリーニング屋さんにはクリーニング屋さんの掛け方があり、テーラーやプレス屋さんには各々のやり方があります。


その違いはどこからくるのか?というと、服の状況の違いと言えるかもしれません。



真新しい服にアイロンを掛ける、ということはそれにも意味があって、縫製時のシワを取ったり、立体的に型をつけたい、という目的があります。

と同時に、アイロンによるあたり、新品ですからてかるのを嫌うので、アイロンで強くプレスをしない傾向があります。


クリーニング屋さんの場合は、汚れた服を洗っているので、その時のシワを取るのと、元の形に戻すために生地を張る、という目的があります。


簡単に言うと、洗った事で生地が縮んでるのでそれを元のサイズに戻さなきゃいけないんですよ。

本来なら洗っても縮まないんですが、生地に縮まないような加工をしていなかったり、生地に余白の余裕があったりすると、洗う事で目が詰まったり元々のサイズに戻ろうとして縮んでしまうんです。

テーラーさんの場合は、自分でしっかり作った服へのアイロン掛けなので、安心してアイロンを掛けられると思いますが、クリーニングに集まる服は千差万別。

服の状況を見ながら、それに合わせてアイロンを掛ける必要があります。


各々、掛け方が違うアイロンですが、最近はクリーニング屋さんでも、テーラーさんの仕上げを学んでそれを活かしているクリーニング屋さんもあります。



家庭でのアイロン掛けはどれがいいかな?と考えてみました。


洗って仕上げることを考えると、クリーニング屋さんの仕上げがいいよなあ、とは思いますが、結構大変です。

プレス屋さんの仕上げの方が楽かもしれないけど、洗った品物にはどうだろう?


しかし、アイロンの掛け方を教えるのって、みんな順番にこだわりますよね。

そこが大事ではないのに、みんな順番を教えたがる。


なんでだろう?

そこがアイロンが嫌いな理由ではないのに。

いまだにきちんとしたアイロンの掛け方を教えてる人には会ったことありません。

そのうち出てくると思いますけどね。

いくら順番を教えてもアイロンは楽しくないんですよ。

伸びないから。

きちんと皺が取れるやり方を教えないとねえ、と思います。

| | | コメント (0)

アイロン台の貸し出し。

クリーニング屋さんって横のつながりが割とある業界なんですよね。

組合があり、勉強会があり。

いろんな集まりがあって全国から集まる事もあります。

また、同じ地域のクリーニング屋さん同士で交流のある所もあるんです。


本来なら商売敵なんでしょうけどね、他の業種の人たちから見ても、仲がいいよねえ、と見えるらしいです。


横のつながりがあると、たまに貸し借りをしたりします。

包装資材が切れてしまって借りてくるとか、本当に近いとあるらしいですよ。

昔、うちの父の兄弟弟子の所が機械の故障をして。

直るまでの間、うちに品物を持ってきて洗っていたことがありました。


本当に機械を貸すだけで、洗っているのはその人でしたけどね。(笑)


つい先日、資材商さんから相談をうけまして。

仕上げ台を貸して欲しい、と。


いわゆるアイロン台です。


家庭用のとは違い大きくてバキュームが付いているんです。

普通の仕上げ台は大きな机のような形で脚がついてるんですね。

しかし、うちで持ってる仕上げ台、少し変わってて、上の台しかないんですよ。

つまり、テーブルとかあればそこにおいて仕上げ台として使える、という変わった代物。


資材商さんがいってるクリーニング屋さんの仕上げ台が壊れて、新しい仕上げ台が来るまで貸して欲しい、との事でした。


現在、うちでは使っていなかったので貸すことに。

困った時はお互い様です。

いま、クリーニング業界は厳しいので、その周辺のメーカーも当然厳しいんですよ。

昔なら製品の在庫があって、急いで持ってきてくれたりしましたが、今やメーカーが無くなったりしてますし、残っているメーカーも在庫を抱えないで、受注生産とかになっています。

壊れたからすぐ持ってきて!とはなかなかいかなくなってしまってますからね。


10日ほど貸してたでしょうか。

無事に新しいアイロン台が届いたらしく、うちのアイロン台もお役目御免となって返ってきました。


もう使わないから捨ててもいいのかもしれませんけどね。

うちでも何があるか?わからないから残しておかなきゃなあ。

予備としてきれいにしてとっておきましょ。

これあると、出張で仕上げとかも出来るんですよね。

そうだ、アイロンの講座とかに使えるな。(笑)

| | | コメント (0)