クリーニング

オーダーメイドスーツのSADAさんへ。

TikTokをたまに見ているんです。

きっかけは、クリーニング業界でリフォームを指導している方がいるんですが、その人がTikTokがバズる!比較にならないほどたくさんの方が見ている!と言うので、何にも調べない状態で出てくるかな?と見始めたんですね。


結果、その人の動画は一度も出てきてないんですが、まあ仕方ない。

多分ものすごい数の動画が毎日アップされているんでしょうから、その中で何も検索しなければ運良くぼくのところに出てくるなんて事はほぼないと思います。何十万も見られているとかなら別ですがせいぜい一万くらいらしいですからね。


でも、面白いもので、見ている秒数をカウントしているのかな、少し見ていた動画はその続きや似たような動画が連続してやって来ます。

この辺、うまく出来ているなあと思いますね。


その中で気になる動画を見つけました。


はっきり名前も出しましょう。


オーダーメイドスーツのSADAさんの動画です。

これがねえ、かなりひどい。

スーツの知識とかは専門でしょうから別に何も文句などないんです。

ぼくが見てひどいなあと思うのはやはりお手入れのところで。


スーツを作って売っているからってお手入れに詳しいわけではない、と言うのはここで何度も書いていますが、まさにそれなんです。


動画を作っている人たちがもしこれを真面目に作ったと言うなら、その知識が全部間違っている、と言うことになります。

昔から、テーラーさんたちって少し誤解しているんですよね、クリーニングの事を。

その人たちからの情報なのか、どこで仕入れたのか。

本当に間違った話を広めるのは勘弁していただきたい。




今回、気になったのは若い子が自宅でスーツを水洗いしたら少し丈が縮んだ、と言う話からやっては行けない事を三つ挙げているんです。

それが全部間違えているんですよね。


まず一つ目として洗い方を挙げています。

ウールやシルクは水に弱いから注意が必要、と。

水に弱いと言うのはどう弱いんでしょうか?

弱いと言われても色々解釈できます。

破れやすくなるんですか?

縮むんですか?

ね?とても雑。


洗い方が縮む原因を作るのは間違っていませんがそれはウールやシルクが水に弱いからではありません。

ウールが縮むのは水に濡れて、温度を上げて、揉むから。

この三つが揃うと縮みます。

フェルト化と言う現象です。

シルクは確かに水で縮むことがありますが、それはシルクというよりもシルクの作りに影響されます。

ここも洗い方で、と言うのはやはり雑。



二つ目に乾燥方法を挙げています。

高温や直射日光に長時間当てるとスーツの生地を傷めて縮む原因になる可能性がある、と。


なんですか、可能性って???

SADAさんの話の高温と直射日光、別々の話だと思うんですが、それを一緒にして説明するのは雑。

さらに言うと、直射日光に長時間当てるとと言うなら、スーツを着て陽に当たっているだけで縮みますって。

意味がわからない。

それに、縮む理由がスーツが傷むからって言うのも意味がわかりません。

スーツが縮むのは傷むから縮むんですか???

これも間違ってますね。

仮に水洗いを適切にして、それを乾燥機などにかけると縮むんです。

その理由もウールのフェルト化です。

ポリエステルなどの合成繊維なら起きませんが、ウールの場合は濡れて温度を掛けられて揉まれると縮みます。

濡れた状態で乾燥機に入れるのはダメなんですよね。



最後にアイロンの掛け方だ、と。

高温でアイロンをかけ過ぎてしまうと傷んだり縮みの原因になる、と。

ここも非常に雑過ぎて聴いてて眩暈がして来ます。

アイロンの温度は素材によって決まっていて、例えばウールなら中温で掛けられるんです。

綿のように180度という高温では掛けられませんが、160度なら全然影響なく掛けられる。

仮にこれを低温で掛けようとすると、シワが伸びなくなったりするんですよ。

低ければいいというものではない。



最終的にこんな洗い方を勧めています。


スーツは手洗い、乾燥方法は直射日光を避けて低温で、アイロンも低温で掛けよう、と。


いろんなところから集めまくった情報で動画を作るからおかしな事を言い出すんです。

これ、スーツの縮みを防止するためと、色が褪せない洗い方がごちゃごちゃに入ってるんですよ。

ちゃんと説明しないと間違った解釈から、スーツの正しいお手入れの仕方を知らない人が増えて、間違ったやり方が常識となってしまいます。


それってSADAさんが目指しているものと違うと思うんですよね。


SADAさんたちがなぜTikTokで情報を発信しているのか?というと、昨今スーツのことを知らない人が増えているので広く知ってもらい、スーツをより楽しんできてもらうためだと思います。


で、もしそうだとしたら、このような間違った情報を流すのは行けないと思うんですよね。


SADAさん以外でも似たような情報を発信しているテーラーさんたちがいらっしゃいます。

みんな同じ事を目指していると思うんですが、こんな事をしているとスーツ離れが加速していくだけだと思うんです。


お手入れの情報を発信するなら、クリーニング屋さんにきちんと相談をし、正しいお手入れの仕方を学んで発信をしたほうがいいと思うのです。



そこでSADAさんに一つ提案があります。


僕ら、クリーニング屋さんの仲間で洗濯講座をしているんですが、僕らの話を一度聞いてみませんか?

20年から30年以上のクリーニング屋さんが経験と知識を持ってスーツの目指すべきお手入れの話を沢山できると思います。

皆さんの知らないスーツの話もあるし、今の消費者の動向も知れるでしょう。


もしご興味がありましたら連絡お待ちしております。











一伸ドライクリーニング店 

カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM


東京都府中市住吉町2-17-13

TEL 042-362-6470


定休日 日曜日


営業時間

800~夜1000


宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。


参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他



詳しい集配エリアはこちら


公式LINEはコチラ


一伸ドライクリーニング店 | LINE 公式アカウント

| | | コメント (0)

洗濯でいいわけないでしょ。

大阪府の大東市の新しい市長さんが職員さんたちの服装を自由にする方針を打ち出したそうです。


かれこれ20年以上前からビジネスシーンにおいてカジュアル化というものが出てきて、段々とカジュアル化してきました。

ネクタイはいらない、ジャケットもいらない、スーツでなくてもいい。


他にもいくつかあると思います。

仕事をするのに適している格好というものはあると思います。

例えば、僕らは洗濯講座の中でよく言いますが、田植えの時にドレスを着てやらないでしょう?と。

汚れるのは当たり前で動きやすい服装が求められる田植えにおいて、ドレスなんて不向きでしかない、というお話。


ビジネスシーンにおいて、なんでもスーツでなければいけない、ということではないと思います。


ただ、今回のニュースを読んで一抹の不安を感じました。


それは、家で洗濯すればクリーニング代が節約できる、という話。



ここでも間違ったイメージからカジュアル化の発想になってしまってたんだなあと思うと悲しくなりますね。



カジュアル化と洗濯できるかという話は別物です。

なのに、洗濯できる、節約できるというのはあまりにも無知過ぎます。


洗濯講座や能登の洗濯支援を通じて僕らが感じているのは、一般の方々の洗濯への妄信が半端ない事です。



今の洗濯方法では綺麗にならないのに、綺麗になってると思い込んでいたり、ともすればクリーニングと同じように洗えていると思い込んだり。

この勘違いが根底にあるので、ビジネスシーンできるカジュアルな服装も洗濯すればいい、なんておかしな発想になるわけですよ。


カジュアル化はぼくも賛成です。

だけど、それを洗濯で済ませていいか?と言われる難しいよなあ、と思います。


なぜなら、仕事で着ようとするとどうしてもシワが気になるし、汚れが落ちてないと匂いも気になります。

僕らクリーニング屋なら汚れていると色合いもおかしく見えてしまいます。


同じカジュアルの服でも、きちんと洗ってプレスをしてあるだけで全然見違えてしまいます。

それでいて、動きやすいというのがカジュアルのいいところではないでしょうか?


家で洗えるのがメリットではないはずです。

カジュアル化がだらしなく見えるようではカジュアル化が逆効果に働いてしまうのはなぜ長い間カジュアル化と言われながら進まなかったのか、原因が明らかにそこにあるからです。


今こうして服装の自由とか言い出せるのは、一般の人たちの服の意識が鈍くなったから。

シワになってても気にならないし、色合いが多少悪くても気にならない。

一年、もしくは半年で買い換えればいいや、となっているからカジュアル化が進んだだけ。


服ってそういうものだ、という意識が広まったから出来ているんですよ。



で、これでも別にいいんです。

ただ、これは実は今のSDGsとかと真逆を行っていて、消費社会そのものなんですよね。

服を長く着なくてもいい、本来なら数年着られる服を一年で潰して買い換えればいいって、明らかに消費社会でしょう?


ここに気づかずに市長さんが発言しているんだろうなあと思うから悲しくなるんですよね。


服を取り巻く話はかなり複雑なんですよ。


アパレルも売り上げが下がって困っているのも事実。

ファストファッションが台頭してきて売れてないという事実もある。

消費者も服が高くなると困る。


これらが複雑に絡み合っているからわかりにくくなるんですね。


でも、これらの問題の根底にあるのは、服の扱いなんです。


服が長く着られるなら、買うときに高くても問題ありません。

アパレルも十分な利益を確保すればいい。

安く大量に捌かなきゃいけないと思うから利益も少なくなるし、売れなければその分困るのも当たり前の話で。


とこれって、今から40年前くらいの状況なんですよ。


ぼくが中学生の頃は無地のTシャツが5000円くらいしてました。

ブランドのロゴが入ると6000円くらいになってて。

今の値段から見たら倍以上じゃないですかね?


この時代から、もっと売れ!去年より売れ!となり値段を下げて薄利多売へと移行していった結果が今になってるんです。


話を戻しますが、服装の自由化はいいですが、せめてきちんとお手入れをするように伝えてほしいなあと思います。

節約と言いますけど、その人たちの周辺のクリーニング屋さんもその人たちが利用しなてくれなかったら困ると思いますけどね。

市長ならそういうことも視野に入れて発言してもらいたなあと思います。









一伸ドライクリーニング店 

カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM


東京都府中市住吉町2-17-13

TEL 042-362-6470


定休日 日曜日


営業時間

800~夜1000


宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。


参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他



詳しい集配エリアはこちら


公式LINEはコチラ


一伸ドライクリーニング店 | LINE 公式アカウント

| | | コメント (0)

クリーニング屋の廃業が増えている理由。

クリーニング店の廃業が止まらない、というニュースがありました。



この話はここでは何度かかいていますが、事実なんですよね。

ただ、ニュースの内容は少し違うんだよな、っていうことがあります。



まず廃業が多い理由は高齢化と後継者難です。

クリーニング屋さん、後継者が本当にいなくて、個人店だとかなり高齢の方がやっているケースがとても多い。

ぼくの友達はみんな二代目や三代目なのでそういうお店はまだ大丈夫ですが。

と言ってもその2代目3代目がもうそんなに若くありません。

40代はほとんどいないんじゃないかな?

50代後半が多いと思います。

つまり、こちらも高齢者予備軍です。


次に売り上げの減少と機械の故障。

これが辞める原因になるんですね。


洗濯やクリーニングってその価値を知らない人が割といるんですが、冷静に考えて家庭の洗濯もクリーニングも安いわけないんですよね。


洗濯機、今いくらでみなさん買ってますか?

ドラム型の洗濯機なら20万は下らないでしょう。

それと同じでクリーニング屋さんで使っている機械も数百万から一千万を越します。

騙し騙し使っていますが、これ以上は無理、ということになると入れ替えなければいけない。

でも、ここに高齢化と売り上げの減少で、機械を入れ替えることができないんですよね。


これで機械の故障とともに辞めてしまうんです。


30年ほど前から徐々に減少をしていますが、この3年のコロナ禍が大きく影響をしていて、地域によっては前年の売り上げの半分しか行かない所もあります。


個人事業主が閉店をするって心が折れた時なんですよ。

心さえ折れなければなんとか頑張れるんです。

でも、この3年は心が折れてしまう人が結構いたんでしょうね。

どんどん辞めてしまっています。



ニュースの中では、こんなことも書かれていました。



洗濯機の進化、洗剤の進化や、服のカジュアル化も影響をしているのではないか、と見ている、と。



これねえ、20年前からずーっとクリーニング業界の中では言われてるんですけどね、これ間違いです。

これ読んでいるクリーニング屋さんがいたら、冷静に考えてもらいたい。


洗濯機、本当に進化してますか?

洗剤も進化してますか?

してないでしょ。

なら何が変化したのかっていうと、消費者が変化したんですよ。


僕らから見たら明らかにしわでも平気で着られるようになったし。

カジュアル化したと言いながら、オシャレ度は上がり、本来洗うのが大変な服ですら自分たちで洗っておかしくなっても平気と言えるようになって。


単に、気持ちの変化ってだけなんですよね。


服もカジュアル化したとかファストファッションが流行ったとか、色々それっぽい理由をつけますが、それらは関係はなく、日常生活で着る服が確実にオシャレになっている。

そう考えると、普段着でもクリーニングのほうが向いている服が増えているはずなんですよね。


勝手に、安い服だから自宅でとか、自分で洗いたがっているから、とかそんなふうに忖度してプロとしてきちんと情報を渡さずに、寄り添ったフリをしているから今みたいになってるんですよ。


クリーニング屋さんが今の現状を一番理解してません。



僕らは洗濯講座をしてきましたが、そこで普段着のおしゃれ度があがっていることと、クリーニングに向いていることが増えていることを伝えると、素直にクリーニングに出す人が増えるんです。


クリーニングに出したくないわけじゃないんですよね。

必要ないと思っているから出さないだけ。


もう遅いくらいですが、早く消費者に向けて業界上げて発信をしていかないと、手遅れになりますよ。

後継者を育てる時間も無くなるし、技術者もいなくなる。


まっさらな焼け野原になった後で、新たにクリーニングの技術を育てようとしても無理ですから。


今いる高齢者の技術者を大事にしないと本当に日本からクリーニングの技術は無くなります。

ニュースでもっともらしいことを言っている場合じゃありません。








一伸ドライクリーニング店 

カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM


東京都府中市住吉町2-17-13

TEL 042-362-6470


定休日 日曜日


営業時間

800~夜1000


宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。


参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他



詳しい集配エリアはこちら


公式LINEはコチラ


一伸ドライクリーニング店 | LINE 公式アカウント

| | | コメント (0)

洗剤の陳列。

この連休、ちょっとした事をしていました。

とある製品の洗浄テストです。


その際に必要なものとして家庭用の洗剤をホームセンターに買いに行ったんですよね。

で、驚いたんですよ。


この売り方だと、何の洗剤だかよくわからん、と。



洗剤って主に2種類しかないんです。



一つは、弱アルカリ性の洗剤。

もう一つは、中性洗剤。

さらにもう一つ分けるなら石けんですかね。


多くても3つ、普通なら2つに分けられます。


で、洗剤を選ぶときにこの二つはとても大きな意味を持っていて、買うときにわざわざ液性を見て買うくらい大事な情報なんですよ。

なのに、ホームセンターの陳列では、どれが中性で、どれが弱アルカリ性なのかよくわからない。


さらに、漂白剤も並んでいたり、柔軟剤も並んでいたりと、カオスな状況に。

どれもこれも似たようなパッケージですからパッケージで判断もつきません。


さらに洗剤に書いてある何が洗えるか、どんな汚れに効くか、みたいなものを読むとさらに混乱してきます。


一体これは何の洗剤なんだろう?とクリーニング屋の僕でさえ思うんだからかなり難しいことになってしまっています。



これは一般の消費者が洗剤を買うのも難しいだろうなあって思うんですよね。



スーパーに行って、醤油は醤油で並ぶように、ソースはソースで並ぶように、きちんと分けた方がいいと思うんですよね。

さらに弱アルカリ性と中性も分けないといけない。


せめて買うときにこんな風に分けてあれば買う方もわかりやすくなると思うんですけどね。



しかし、洗剤よりも柔軟剤の方が数が多くて棚の幅も広いのには驚きました。

一体みんな何に柔軟剤を使うのか。

こんなに売らなきゃいけないほど、柔軟剤なんて使う場面はないはずなのに。


こんな所からもおかしくなっているのが見て取れます。



ホームセンターの陳列が変わるのが先か、消費者の使い分けの意識が変わるのが先か、どちらでしょうか。

でも、この陳列が変わったら、ちゃんとした洗濯が伝わっていると言えるんだろうなあと思います。

まだまだ先は長いなあ。









一伸ドライクリーニング店 

カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM


東京都府中市住吉町2-17-13

TEL 042-362-6470


定休日 日曜日


営業時間

800~夜1000


宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。


参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他



詳しい集配エリアはこちら


公式LINEはコチラ


一伸ドライクリーニング店 | LINE 公式アカウント

| | | コメント (0)

勉強をする。

先日、友達のクリーニング屋さんに行った時のこと。

そこの奥さんとは子供が小さい頃からの知り合いなので割と仲良く話せるんですが、そこでちょっとしたクリーニングの話になりました。


色々と話していて、あーこれは新たな勉強が必要かな?と思い、勉強しようよ、って提案をしたんですよね。

でも本人は、今すぐ知りたい、という感じだったのでそのままその話は終わったんです。



友達のうちからの帰り、色々と考えていました。


子供の頃と違い、大人になって、しかも仕事の勉強ってそもそもどうやってやっていいのか?分かりません。

学校があるわけでもなく、教科書があるわけでもない。

でも、勉強していないと日々の変化についていけなくなります。

さらに仕事もあるので勉強をする時間が取れないという問題もありますよね。


一応、クリーニング業界の中では、勉強会があったりするんです。

そこに参加をするのも一つの手だとは思いますが、おそらくそれだと足りない。

というか、それだと勉強したうちに入らないんですよね。


今振り返って大人になってからの勉強って、常に細かいことに気づき、それに基本的な事と照らし合わせる作業なのかな、と思うんです。


新しい素材が出たり、新しい洗剤が出たり、新しい洗い方が出たりします。

それらに常にアンテナを張るんですが、入ってきた情報をそのまま受け取らず、基本的な情報と照らし合わせて、自分の中に落とし込む。

この作業が大人になってからの勉強なのかな、と思うんですね。


仕事をやり始めたときは基本的な学習はしますが、それから先の勉強は常に未知の領域だったり、まとめられてないものだったりします。

だから、いくら調べても答えそのものは見つからないんです。


そして、どんな新しいものも、振り返ってみると基本的な知識の延長にしかないので、結局基本をどこまでしっかりと学んでいるか?が大事なんだな、と気付くようになります。



大人になると、勉強しろ、と言われると馬鹿にされたように感じたり、どうやっていいか?わからないという人がいますが、そう感じているうちはまだ勉強が足りてないんだなあ、と思います。


いつまで経っても足りるものじゃないんだもん、常に勉強しろって事なんですが、それがわかるようになったら自然と勉強しているというまるでトンチのようなお話。


仕事が忙しい、は言い訳にもなりません。

いくら忙しくてもご飯も食べてるし、テレビも見るし、スマホもいじってる。

その中に学ぶものはたくさんあるはずですからね。


悩むって大事なんですよ。

当事者はご不満でしょうけどね。

でも、その悩む時間がその後の大きな伸びになります。

頑張って欲しいなあ。








一伸ドライクリーニング店 

カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM


東京都府中市住吉町2-17-13

TEL 042-362-6470


定休日 日曜日


営業時間

800~夜1000


宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。


参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他



詳しい集配エリアはこちら


公式LINEはコチラ


一伸ドライクリーニング店 | LINE 公式アカウント

| | | コメント (0)

思わず二度見しました。

クリーニング屋をしていて、これはヤバい商品だ、というものに出くわす時があります。



一般の方は、まさかそんな商品が世の中に売られているとは思わないでしょうが、何年かに一度、そういう商品が出回ったりします。



洗うだけでバリバリに固くなってしまう生地とかね。



信じられないでしょうが本当にそう言う生地は存在するんですよ。

洗う前は普通の服だったのに、洗った後、取り出そうとしたらバリバリに固くなって。

生地のような柔らかさは無くなり、バキッ!っと折れるようなほどの硬さになってしまうんです。



その素材名は、ポリ塩化ビニル、といいます。



昔、合皮で使われてましてね。

一見革製品のように見えて、ドライクリーニングをするとバリバリに固くなってしまうと言う生地なんです。


なぜ固くなるのか?と言うと、元々が塩ビ管なんですよね。

それを可塑剤を使って柔らかくして生地に仕立てたものなんです。

で、これをドライクリーニングすると、中の可塑剤が抜けてもとの塩ビ管に戻ると言うわけ。

だから硬くなってしまうんですね。


かなり昔にクリーニング屋で事故が多発して、せいひんとしてもつかわれなくなっているんですが、なぜかそんな問題のある生地なのに、数年おきに商品に使うメーカーが出てきたりするんですよ。


まあ、水洗いをすればいいんですが、油の汚れとかついたら困りますからね。

水洗いができるからいい、と言うものでもないと思います。


そのポリ塩化ビニル、久しぶりに出てきたんです。



その商品は毛布でした。



お客さんから預かってきて、洗う前に念のためにと、素材の確認をしたら、なんと素材名のところにポリ塩化ビニル、の文字が。


これね、クリーニング屋さんならみんな深くうなづいてくれると思うんですけどね、見た瞬間、おおっ!って声出るんですよ。(笑)

それだけレアであり、ヤバい商品であり、注意をしなきゃ!と身の引き締まるような商品なんです。


なぜ毛布にポリ塩化ビニル?と言う謎もありますが、洗い方を間違えると取り返しのつかない事故になります。

なので、すぐさま店の中で情報共有を。


クリーニングの仕事ってこの情報共有がとても大事なんですよね。

気がついたら周りで共有しとかないと、いくら知識があっても見逃してしまうこともあるわけで。

それを防ぐためにも、気がついたら共有をすることはとても大事になります。


無事に共有も済み、無事に洗い上がり、お客さんに届けられました。


お客さんの所で、その毛布の話を。


この毛布、どうされました?と聞くと、お母さんがいい商品だとブランドを選んで購入したのだとか。

お客さんにも情報共有をしとかないといけないので、洗い方の注意点などを伝えて帰ってきましたが、ブランドさんがわざわざポリ塩化ビニルを使用したと言うのも気になります。

そのブランドだけなのか?これから他のブランドでも似たような商品が出てくるのか。

しばらくは注意したほうがいいかな。


久しぶりにギョッとしましたね。

思わず写真撮りましたもん。

貴重な写真になりました。








一伸ドライクリーニング店 

カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM


東京都府中市住吉町2-17-13

TEL 042-362-6470


定休日 日曜日


営業時間

800~夜1000


宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。


参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他



詳しい集配エリアはこちら


公式LINEはコチラ


一伸ドライクリーニング店 | LINE 公式アカウント

| | | コメント (0)

今年は少し多く休みます。

遅くなりましたが、今年のゴールデンウィークのお知らせです。



5月3、4、5、6日とお休みさせていただきます。



後半の祝日全部になりました。

お出かけする方も多数いられると思います。

最大10連休の方もいらっしゃいますしね。



うちも裏でゴソゴソと。

普段できないことをしていこうと思います。










一伸ドライクリーニング店 

カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM


東京都府中市住吉町2-17-13

TEL 042-362-6470


定休日 日曜日


営業時間

800~夜1000


宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。


参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他



詳しい集配エリアはこちら


公式LINEはコチラ


一伸ドライクリーニング店 | LINE 公式アカウント

| | | コメント (0)

日焼け。

ああ、体が痛い。


案の定と言いますか、今日は体が痛くてですね。

原因はわかってるんですよ、日焼けです。

昨日、1日長野でイベントに参加していて。

ものすごく天気が良くていい感じだったんです。


山の中のイベントなんですが、本当に気持ちよくて。

で、日差しは強いものの、少し日陰に入れば気持ちいい。

日除けもあるし大丈夫だろうと思ってたんですね。


すると、時間と共に日陰がどんどんなくなりまして。

そして、体に刺さる紫外線がものすごく強く。

日陰にある左足と火に当たっている右足、明らかに右足の方がジンジンするわけです。


これは日焼けするなあ、と思っていましたが、すでに帰りの支度をしている時にどこからともなく、日焼けしたなあという声が。



クリーニング屋って普段は店の中で仕事をしているんですよね。

確かに暑い職場ですが、日差しがあるわけではないので、純粋夏さに耐えられればやっていけるわけです。

こんな日差しを浴びたらやばい。


明日の朝は厳しいだろうなあと思っていましたが、案の定、体がヒリヒリします。


今日はいつもより仕事量も多いので頑張らないといけないんだけどなあ。

日焼けに負けないように頑張りましょう。









一伸ドライクリーニング店 

カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM


東京都府中市住吉町2-17-13

TEL 042-362-6470


定休日 日曜日


営業時間

800~夜1000


宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。


参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他



詳しい集配エリアはこちら


公式LINEはコチラ


一伸ドライクリーニング店 | LINE 公式アカウント

| | | コメント (0)

春だわっしょい!

おはようございます。

今日は長野にてイベントに参加しています。


ウッドファクターさんの敷地内で、春だわっしょい!というお祭りがありまして。

そこで能登の洗濯支援の募金をしてくれる、と。

このイベント内での経費を除いた収益を洗濯支援の方に募金してくださる、と。

同時にここまでの洗濯支援の活動報告も展示してください、ということなので、やって来ました。


この時期、長野でのイベントは日差しがきびしい。

このイベントで雨が降ったことがないので、いつも暑いんです。

今日も暑くなりそう。


食べで、遊んで、たのしんで。

そしてちょっとだけ能登半島のことや洗濯支援のことを見てもらいたいと思います。








一伸ドライクリーニング店 

カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM


東京都府中市住吉町2-17-13

TEL 042-362-6470


定休日 日曜日


営業時間

800~夜1000


宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。


参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他



詳しい集配エリアはこちら


公式LINEはコチラ


一伸ドライクリーニング店 | LINE 公式アカウント

| | | コメント (0)

ゴールデンウィークの始まりだ!

今日からゴールデンウィークです。

当店は後半の祝日をお休みさせていただくことにしてます。

詳しくはまた後ほどアップしますね。



いつも通り配達に回っているとゴールデンウィークだなあと感じます。

車の通りも少なくなるし、いつも混んでるラーメン屋さんに並んでいなかったり。

配達先のお客さんが今年は10連休だとおっしゃっないたのでお出かけされてる方が多いんでしょうね。



府中はこの時期毎年くらやみ祭りがあります。

大國魂神社周辺はもちろん、各町内でもお祭りなので賑やかになります。


いつもならね、鳶の友達が大国魂神社の鳥居のところにいるからと話しているんですが、もうそこにはいないですからね。

なんとなく、お祭りからも足が遠のきそうだなあ。

でも時間取れたら行ってみますかね。


今日も冬物がたくさん集まってます。

連休のうちに衣替えを済ましておきましょう。









一伸ドライクリーニング店 

カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COM


東京都府中市住吉町2-17-13

TEL 042-362-6470


定休日 日曜日


営業時間

800~夜1000


宅配も随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。


参考エリア 府中市 小金井市 国分寺市 国立市 三鷹市 調布市 多摩市 稲城市 他



詳しい集配エリアはこちら


公式LINEはコチラ


一伸ドライクリーニング店 | LINE 公式アカウント

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧