クリーニング

いろんなお店を利用しましょう。

新型コロナウイルスの影響で、日常に影響が出ていますよね。


テレワークもその影響ですが、仕事そのものがなくなってしまうケースも出てきていたり。

イベントは根こそぎ中止ですから、ライブ活動をしている人や芸人さん、役者さんは今だけでなくこれから先の仕事もなくなり途方に暮れていると思うんです。


また、テレビでもやっていましたが、飲食業の人たちも大打撃で。

また、そこに納品をしている生産者たちも困っている、との事。


Facebookなどでも、コロナに負けるなと飲食店を利用しよう!という声が上がって来ています。


しかし、ですよ。

厳しいのは飲食だけではないんですよね。

他の業種の人たちも同じようにコロナウイルスの影響で仕事に支障が出ていたりするわけです。



配達に出て、いろんなところで声をかけて、景気どう?と聞いています。

飲食ももちろん厳しいですけど、他の業種もかなりひどい状態ですね。


多少減るのは仕方ないにしろ、飲食ばかり応援とやられてもね、正直もやもやするよね。



とは、とある商店主の方のお話。

その気持ちはよくわかる。

食べ物は取っついやすいんでしょうけどね、こんな時だからこそ、は食べ物だけでなく、出来る限り普通の生活に近い行動を取るのがいいと思うんです。



食べにいくのと同じように、普段利用しているお店も利用してあげるのがいいのかな、と。



土日の不要不急な外出の自粛をと、話が出てましたね。

土日が売り上げの肝というお店もあるでしょうから、大変だろうなあ。



今は我慢の時、ですからね。

仕方ないのかなあ。

なるべく他のお店も利用してあげてくださいね。

| | コメント (0)

名古屋出張記。その六。

名古屋出張記、今日が最終回です。



愛知の刈谷パーキングを出まして、目指すは静岡。

どうしてもここに寄たかったんですよね。

目的は、お弁当屋さん。


静岡弁当と言って、ここで売っている網焼き弁当が1日で500個も売れる時があるとか。

さらに深夜3時まで営業をされているので、愛知に来た帰りにいつか寄ろうと考えていたんです。

どんなお店なのか、どんな接客なのか、お客さんはどんな人たちが来てるのか?立地は?などなどいかなければ分からないことだらけですからね。


刈谷パーキングから電話をしまして、お弁当の予約を入れます。

ここから静岡弁当までは150キロ。

途中下道も入るので2時間くらいあれば着くかな?と。

日付変わるまでに取りに行きます、と伝えて、高速をひた走ります。


愛知の隣のはずなのに、遠いんですよねえ。

走っても走ってもつかない。

やっと高速を降りたかと思ったら、そこから20キロほど走らなければいけない。

なんとか時間通りにお店につきまして。

無事、お弁当も買えました。

辺りを少し走ってどんなところにお店があるのか、みたりして。

やはり来てみないと分からないですよねえ。



さあ、これで今回の用事は全て終了。

後は本当にかえるだけ。

お弁当屋さんから10キロほど走って、新東名に入り、東京に向かいます。


途中、眠くなったら仮眠をして、朝までに帰ればいいかな?と思っていたら、道路がガラガラで。

すんなりと走れるもので、これなら休憩入れても2時までには家に着く、と。

もし、3時頃になるなら途中で仮眠して朝帰ろう、と決めて走っていたら、なんと2時に家に着くことに。


帰りは本当にすんなりでしたねえ。



今回、名古屋周遊チケットという高速券を買いまして。

東京を名古屋の往復と、静岡、名古屋の乗り降りし放題になる、というチケット。

これを買ってたので、途中静岡に降りたりしてたんですね。

割引をしていても、周遊チケットの方が安かったです。


これならまたいけそうです。

名古屋はまだまだ行きたいところ、寄たいところがありますからね。

勉強兼ねてまた行ってこようと思います。


一人で車に乗って行くからいけましたけど、これが数人で移動となると躊躇してたかもしれません。

そして、この機会を逸すると、修理屋さんは見学に行けなかったと思うと、行ってよかったな、と思います。



クリーニングはどうしてもこもって仕事をするので、これからもこうして意識して外に出るようにしていこうと思います。

| | コメント (0)

名古屋出張記。その五。

名古屋出張の話の続きです。



名古屋に行くと必ずすることがあります。

それは、名古屋飯を買って帰ること。



いつも行くスーパーにより、名古屋名物のスガキヤのラーメンや味噌煮込みうどんなど、名古屋ならではの食べ物を買い込んでいくんです。

大したものではないんです、インスタント麺とか鍋の素とか。

うちの子たちには、お菓子よりもそっちの方が合うみたいなんで。



名古屋のもう一人の友達を家に送り届けるまでの間、スーパーに寄り、いつものようにかいものをにしていたんですね。



で、送って帰ろうかな、と思うと、ぜひ寄たいところがある、と友達が。

ぜひ、僕を連れて行きたいところがある、という訳です。


月曜の朝までに帰ればいいからどこにでもいくよ。



これ、いつもの僕の言葉。

月曜の朝に帰れば仕事に間に合いますから。



そうして、友達に連れて行ってもらったのが、おかげ庵。

あの、喫茶店のコメダが展開している和スイーツの喫茶店です。



ここで、お団子を焼きまして。

ええ、自分で団子を焼くんですよ。


テーブルの上で。

そして、あんこやきなこ、醤油をつけて団子を食べるんです。


いやー、美味しゅうございました。

帰ってきてから調べてみたら、東京でもおかげ庵が出店しているみたいですね。

今度は子供を連れて行きましょう。



おかげ庵でお団子を食べ、後は帰るだけ、と思うじゃないですか。

まだまだ、名古屋の夜は続きます。(笑)



先ほど別れた友達に連絡をしまして、刈谷のパーキングにある温泉に行こうよ、と。

そこで待ってるから来てね、と唐突に電話して、刈谷パーキングの温泉へ。


本日2度目の温泉です。(笑)



ここでお風呂につかり、軽く食事をとって、この2日間の話をして、9時ごろにみんなと別れることに。

これ以上、友達を拘束するわけにも行きませんしね。(笑)



さあ、後は東京へ一直線、というわけでもないんですよね。

もう一軒、どうしても寄たいところがあって。

9時過ぎに刈谷パーキングを出発して、一路静岡に向かいました。



名古屋出張記、明日が最終回です。(笑)

| | コメント (0)

名古屋出張記。その四。

名古屋出張の話の続きです。



ホテルの近くにいつも行列の喫茶店がある、と愛知の友人が。

混むから無理かなあ?と話をしていたのですが、土曜日、移動した感じだと、そんなに混んでない様子。

朝一でお店に行ってみて、入れるようならそこで朝食を取ろう、と。



で、朝早く起きて喫茶店に行ってみたんですね。

いつもなら並んでいるらしいのですが、やはり空いてて。

無事、入れたのでここで朝食を取ります。


みんな普通にモーニングを頼んだみたい。

名古屋のモーニングと言ったらコーヒーの値段でトーストやサラダが付いてくるというアレです。


日頃から野菜不足を感じている僕は、メニューにあったサラダセットを注文。

これが凄かった。


まるで日本昔ばなしに出てくるようなてんこ盛りのサラダ。(笑)

取り皿がついてるんですけど、とってもとっても減りません。

友達はさくっとトーストを食べて、コーヒーを飲んで次々と出て行く中、僕一人だけムシャムシャとサラダを食べ続けてました。(笑)


トーストにはですね、これまた名古屋らしくあんこが乗っかってましてね。

ほどよい甘さでさらに生クリームがトッピングされていて、こちらも甘くなく。

とても美味しゅうございました。



お腹も満たされた所で、一緒に来ていたメンバーの一人のご希望から、ナガシマスパーランドへ。

ここは遊園地あり、アウトレットあり、温泉ありの複合商業施設。

遊園地のデカさもハンパありません。


目的は温泉ですが、せっかくなのでアウトレットも見学。

いつもと比べて人がいないと言いつつ、それでもたくさんの人が集まっていました。


そして、温泉へ。


ひとっぷろ、浴びた所で、お昼になりまして。

何を食べる?どこで食べる?となるわけです。

名古屋と友達は名古屋名物を堪能してもらいたい、と。

で、ここまでの道中、どこも空いているのでもしかしたら今日はいけるんじゃないか?という事で、味噌煮込みうどんの本店さんに行くことに。

普段なら1時間以上並ばなきゃ入れないお店らしいのですが、この日は予想通り、がらがら。

僕らしかお客さんはいませんでしたね。


そして、この日最後の目的地、キンブルに。


キンブルってなに?という友達を連れて、行ってきました、キンブル。

ここは人が多かったですねえ。

いわゆる新品から中古まで、食料品まで取り扱うリサイクルショップ、キンブル。

見てるだけでも面白いんです。


で、店内にひたすらでかい機械がありまして。

なにかな?と近づいてみたら、なんとUFOキャッチャーの機械でした。


お値段、11000円。(笑)



安いけど、どれが買うんだろう?

どうやってもって帰るんだろう?と友達と話をしていたら。



なんとその場で売れちゃった。(笑)



店員さんも、ど、ど、ど、どうしますか?

どうやって持っていきますか?

と明らかに動揺しているし。(笑)



さすがキンブル、と言った出来事でした。(笑)


キンブルでも買い物をして、無事、名古屋への出張も終わりをむかえます。

長野からの友達とはここでお別れ。

僕もあとは帰るだけ、な訳ないですよね。


僕だけ第二ラウンドがあるわけです。



続きは明日。(笑)

| | コメント (0)

名古屋出張記。 その三。

名古屋出張の続きです。(笑)



かけつぎ屋さんを出た後、僕らは一路、おちょぼ稲荷へ。

ここは何年か前にも連れて行ってもらったことがあります。

あの時は、夜遅くて。

お詣りすると猫が出てきて、御供物を強奪していくという。(笑)


今回は月末ということもあり、ものすごい人出。

月末はたくさんの人が集まるらしい。

お詣りを済ませ、参道にある串カツ屋さんで串カツをいただきます。

ここ、岐阜なんですよね。

でも、味は味噌味で。

とても美味しゅうございました。


お詣りもすみまして、宿に向かいます。

今夜のお宿は東横イン。

荷物を下ろして、晩ご飯に向かいます。

フロントで何やらみんなで相談しているから、どこのお店にするか?悩んで無いるのかな?と思っていたら、どうやら行ってみたいお店がある、との事。

せっかくだからそこに行こうよ、となりまして。

その場で電話で予約をしてました。   


どこにいくの?と聞くと、なんと、大人のやまちゃんに行くと。




お、大人のやまちゃん?



やまちゃんは知らない人がいないくらい有名な手羽先のお店です。

こっちにもお店があるので食べたこともあります。

確か、やまちゃんは普通の居酒屋のはず。

それが、大人のやまちゃんって、どんなお店?


ドキドキしながらタクシーに乗り、5分ほどでお店に到着。

繁華街のど真ん中にあるんですよね。

で、ここだここだ、とついたお店はとても雰囲気の良いシックな店構え。


そう、大人のやまちゃんとは、少し高級ないい感じのやまちゃんなのでした。(笑)



お店の中はほぼ貸し切り。

僕らともう1組、カップルがいるだけでした。

居酒屋のようなガヤガヤした感じではなく、雰囲気のいい曲が流れ、静かな感じです。

メニューも少し違うのかな?

手羽先はいつも通り美味しかったです。


今日見学したお店の話、そこから派生した技術的な話、いろんな話をしてその日は終了。

締めのラーメンを食べて宿に帰りました。



普通ならここで終わるんですけどね。

まだまだ夜は長いんですよ。(笑)


先日、僕がVRゴーグルを買ったので、ぜひ体験したい、と。

という事で、宿に帰ってからは、VRの体験会の始まりです。(笑)


友達の部屋に集まりましてね、VRを装着して体験していました。


ネットにつなげていたわけではないので、主にゲームや動画ですが、VRがどんな感じか?みんな体験できたようで。

ここでも色んな話をしましたかねえ。


夜も老けてきたところで、お開きに。

翌日の朝食を近くの喫茶店で食べようということになりました。


喫茶店も名古屋の文化の一つ。

楽しみですねえ



さて、今日はここまで。

続きは明日ではなく、明後日になります。

明日は、朝からお出かけしてきます。


| | コメント (0)

名古屋出張記。その二。

名古屋出張の続きです。



今回のメイン、いやこのために来たと言ってもいい。

今回お邪魔したのは、かけつぎのお店。

関東ではかけはぎと言いますかね。

関西の方ではかけつぎ。

服の修理のお店です。


少し前に友達から、ものすごい技術のあるかけつぎ屋さんがある、と。

今回、名古屋に行くのでそのお店を見学させてもらう、というお話をいただきました。

本来ですと、土曜の午前中に配達をし、名古屋に入るのは夕方だったのですが、このためにお客様に無理言って集配をずらしてもらい、朝から名古屋に行く事にしたんです。



お店に着くと、先に着いた友達たちがみんなで話しています。

早速その輪に入ると、もう実際に修理しているカケつぎの話。

修理前のものを見せてもらったり、修理したものを見せてもらったり。


まあ、すごかったですよ。


今までもこの手の修理は見て来ましたけど、段違いで綺麗。

跡がほとんどわかりません。

かけつぎって、糸を穴を塞ぐように縫い込んでいくんです。

一本一本、細かい作業をしていくんですね。

生地を貼り付けて修理するのと違い、糸を生地に縫い込んでいくので、綺麗に修理できると言われていました。


でも、どうしても四辺の境界線が分かってしまう。

なので、大きな穴の修理には適せないと言われていたんです。



ところが。


今回お邪魔したお店の修理は四辺の境界線がない。

ど、とこを修理しました?というくらい、見分けがつきません。

でも、裏返すと修理しているのが一発でわかる。


ものすごい繊細な糸になると若干出てしまうことはあるらしいですが、僕が見させてもらったものはほぼ全て、わからない状態でした。


驚きながら話をしていると、彼らから質問がいくつか出るんです。


ちょうどそこにとあるメーカーさんも一緒にいたので、聞きたいことがあったんでしょうね。


話を聞いていて、面白いなあと思うのは、同じ服を扱う業種でも、微妙にニュアンスというか考え方が違うんですね。

僕らからすると、たいした話でもないのに、彼らはとても苦労していたり。

もちろん、逆の話もあります。

いつも思いますが、服を扱う業種の人たちは、もっと情報交換をした方がいいですよね。

同じもの扱っていてこれだか違うと、もったいない気がします。


当初の予定では30分から長くて1時間ほどお邪魔している予定が、日もどっぷり暮れるくらい長居してしまって。


本当に行ってよかったです。



これから修理の対応の幅が広がると思うとワクワクしますね。

お客様に確実に喜んでもらえるのがわかりますから。




さて、かけつぎ屋さんを出まして。

本日の宿に向かうのかと思いきや、ここからは名古屋の友達のアテンダントによるツアーの始まり。(笑)


続きは明日。(笑)

| | コメント (0)

名古屋出張記。その一。

先日名古屋に出かけて来た話を書いてませんでした。



2月の下旬に名古屋に出張に行って来たんです。

当初は日曜にセミナーがあって、それに合わせてみんなで集まる予定だったんです。


が。


セミナーは残念ながら中止に。

僕らも名古屋入りをやめようか悩んだんですが、どうしてもいきたいお店があったので、行って来たんです。



単独で車での移動に加えて、人の集まる所に行くわけではないので行けたんですね。



当日の朝。



ここでも書きましたが、出掛ける30分前に車のパンクが見つかりましてね。(笑)

自分でも目を疑いました。

ぱ、ぱんく?と。

気のせいかもしれない、と思い込もうとしましたけど、これから350キロ超の運転が待っていることを考えると、やはり確認をしないと危険です。


朝一でトヨタ西東京カローラに駆け込み、

見てもらったら見事にパンク。

幸いにも修理で対応できるというので修理してもらい、慌てて名古屋方面に向かったのでした。



少し早めに行動してたので、ちょうどいい感じの出発になったのですが、実はそのまま名古屋に入る、と言うわけでもなく。

名古屋に行く途中に、長野の伊那という地域がありましてね。

そこには、洗濯王子という奴がいましてね。(笑)

これまたどんなタイミングか、彼の誕生日だったもんだから、途中でセンタクアトリエに寄ったんですよね。(笑)


もちろん、なんの連絡もなしにです。

ええ、襲撃ですからね。(笑)


すると、いないんですよ。

家族で近くのお店に出かけているらしい、と言う事が判明。

名古屋入りの時間が押していましたが、彼の誕生日を祝うのも大事なので、そのまま押しかけて来ました。(笑)


喜んでもらえたと信じています。(笑)



さて、その後。


一路名古屋に向けて走り出します。

ここで、長野の友達たちと合流。

二台で名古屋に向かうのですが、この日はとにかく何かの力が働いているのか?と言うくらい、トラブルの多い日で。


朝イチの僕のパンクに始まり、王子が出掛けてて。

さらに、友達の後を走っていたはずなのに、友達の車と逸れてしまう、と言うアクシデント。

スマホで連絡を取り合った今の位置を確認すると、正反対にいることが判明。

慌てて、高速に乗り直し、今回一番の目的地に向かいました。


当初の予定より1時間遅れての到着です。



続きは明日。

| | コメント (0)

水洗いをしたい理由は?

先日、こんなお客様がいらっしゃいました。



あそこのクリーニング屋さんに持って行ったら洗えないと言われて

で、ここのクリーニング屋さん、割といいですよ、と紹介された、との事。



当たり前のように普通に紹介して、お客様も少し驚いたそうです。(笑)



ひとまず、それはおいといて。



クリーニング屋さんに行くと、洗えない、ということを言われる事がありますね。

全く洗えない、というケースと、洗い方を指定したらそれはできない、と言われるケースと。


今回は指定したらそれは出来ないらと言われたケースでした。



水洗いをしてもらいたい、というお客様のご希望だったんですね。


なんで水で洗えない、と判断したのか?僕はクリーニング屋なのでわかります。

でも、お客様は洗えない理由がわからない。

そこを説明してあげないとダメだと思うんですよね。


洗えないなら、洗えない理由を。



とりあえず、水洗いができないと言われたおおよその理由を説明。

まったくできないというわけではないけど、リスクがあるのでやりたくなかったのではないか、というお話をしました。

また、洗濯表示にも水で洗えない、と書いているので、それも洗えないという判断を後押ししたのではないか、と。


この問題の本質は水で洗えないことではないんです。



なんでドライクリーニングではダメなのか?



これがいちばんの問題なわけですね。

気になった汚れが落ちるなら別にドライクリーニングでもいいわけで、わざわざ水洗いを指定する必要はないわけですよ。


なんで水洗いを指定したかったのか?

そこを聞かないと多分お客様の不安は取り除かれないわけです。



で、聞いてみたんですよね。

なんで水洗いをしたかったんですか?と。




するとこんな答えが返ってきました。



ドライクリーニングは汚れが落ちないから、水洗いをして貰えば綺麗になるかな、と思って、と。

なんとなくドライクリーニングは汚れが落ちないというイメージがついているんだそうです。

で、水洗いは綺麗になるイメージなんだとか。


クリーニングの知識があるか?というと、いわゆる一般の方の普通の知識。

きちんとした根拠があるわけでもなさそうです。


汚れの落ちる仕組みやドライクリーニングと水洗いの違い、優劣の問題ではなく汚れの質で使い分ける必要があることなどを説明しました。


その上で、この汚ればドライクリーニングで落ちると思う、と説明をし、ドライクリーニングをした時のメリットも説明。

お預かりすることになりました。



受付だけのクリーニング屋さんが増えているので、説明ができない事もあるかもしれません。

でも、洗えない、というならその説明はするべきかな、と思います。

受付の人が洗えない、と判断した理由があるわけですからね、それを説明すればいいんです。

クリーニング屋さんはきちんと根拠があって洗ってるし、洗わない時も理由があります。

適当にギャンブルで洗っているわけではないですからね。


きちんとした説明をしないと、こうして変なイメージがついてしまう。

僕らのようにクリーニングの知識があるわけではないので、僕らとは違った解釈でイメージをしてしまいます。


まだ、残念ながら日本では洗い方を指定するまでの文化はないと思うんですよね。

まだまだ、クリーニングの事がきちんと浸透してはいないので。

お客様が、どの洗いをすればいいか?判断をするのは難しいのかな、と思います。


僕はここでなんどもかいていますが、やはりプロはプロなんですよ。

僕もクリーニングから離れれば消費者、素人になります。

他のサービスを受けるときに、その店の人よりも詳しいはずがないんです。

その詳しい人の判断よりも僕の方が優れているわけがない。

だから、僕がお客さんになったときには、お店の人の話を聞いて、プロの意見に従うようにしています。

そのためにプロは勉強していますからね。


クリーニングはクリーニング屋さんに任せましょう。

これ、きれいにして!これで十分です。

| | コメント (0)

まだクリーニングは早い。

日中の気温がわりと暖かい日が続いています。

朝晩は寒いんですよ、でも、桜は咲き始めるし、天気予報の気温に比べて体感温度は高いし。

そうなると


みなさん、冬物をクリーニングしたくなるんです。



実際、先週から冬物のクリーニングのご依頼が来はじめています。

本来ならクリーニング屋としては嬉しいはずなのですが、ちょっと待って欲しいんですよね。



もう少し、様子みましょうよ。



暖冬の年に有りがちなんですが、暖かくなってきて、もうコートとか厚手のものはいらないか、と思ってクリーニングに出したら、急に寒くなった、という事がよくあるんです。


寒の戻り、というやつなんですが、急に真冬のような寒さがやってくるんですよね。


ただ、それが1日か2日、急にやってきて、また暖かくなる。

それを繰り返すんです。



朝早くて帰りの遅い方などは、まだもしかしたら着る可能性もあります。

冬物のクリーニングはもう少し様子を見ていいと思います。

実際、お客様にもそのように話してますしね。


こういう年は、クリーニングに早く出しすぎてしまうか、出し忘れるか、担ってしまいがちなんですね。



まだクリーニングに出すのは早い、でも、洗い忘れて次のシーズンまで持ち越すのは気をつけて欲しいんですよ。



去年ならまだ桜も咲いてませんからね。

そう考えると、もう一、二回、寒い日が来そうでしょ?


それが終わってから冬物を出しても十分です。

慌てずに、天気予報を見ておいてください。

気象予報士の方も衣替えのタイミングを教えてくれます。

| | コメント (0)

ドライクリーニングのイメージを変えるには?

ドライクリーニングってイメージよくないらしいんですね、

ドライクリーニングはきれいにならないイメージ、水洗いの方がきれいになるイメージ、だとか。


クリーニング屋さんに持っていって、水洗いをしてくださいと、指定をするお客さんも増えてきているようです。



ドライクリーニングがきれいになるか?ならないか?と言われると、全然きれいになります。

多分、ドライクリーニングではきれいにならない、と思っている人の想像と全く逆で、普通にきれいになるんですよ。


では、なぜドライクリーニングではきれいにならないとイメージが付いてしまったのか?



いくつか原因があると思うんですよね。



クリーニング屋さんがよく言うのは、技術の悪いクリーニング屋さんが悪評を広めてしまったんだ、といいます。



ドライクリーニングは、洗うための準備が必要なんです。

これを溶剤管理、といいます。

ドライクリーニングでは、洗浄するために液体を濾過しながら使っていきます。

この管理が悪いと、汚れが落ちなくなることがあるんです。


クリーニング屋さんの基本中の基本であるので、これが出来てないクリーニング屋さんは良くない、と言われています。


溶剤管理が出来てないとどんなことが起こるか?と言うと、きれいにならない、縮む、臭いがつく、などが起きてしまうことがあります。


実際に、お客様からご相談を受けた時に、これは溶剤管理が悪いせいだな、と思うものもあります。

この経験をされている方は、ドライクリーニングに対してイメージが悪くなっているのもうなづけます。



もう一つ、これもイメージに影響しているよなあ、と思うものがあります。



それが、ネットなどの情報。



これね、ドライクリーニングの間違った情報が多く出回っていて、さらにそれがたくさんの人にコピーされています。

さらにさらに、それを読んだ人が、さも常識かのようにドライクリーニングの間違った話を吹聴しまくる。


主婦だったり、アパレルの人だったり、クリーニング屋さんだったり。



このクリーニング屋さんも相当まずくてね。

ドライクリーニングをしていて、平気て言う人もいるんですよね。


ドライクリーニングで汚れは落ちません、とか。


、じゃあ、ドライクリーニングするなよな?


って思いませんか?(笑)

汚れが落ちない、と言うならドライクリーニングをしなければいいじゃないですか。

なんで、お客様の品物を預かってドライクリーニングをしてるんでしょう?

落ちないドライクリーニングならしなければいいのに。


いま、純粋に水洗いしかしてないクリーニング屋さんなんて数えるほどしかいません。

それでも、全部やっているか?というと、全部ではないです。


うちも、ドライクリーニングをしますし、水洗いもします。

どちらが欠けても困りますし、どちらも一長一短があります。

水洗いでも落ちない汚れはありますからね。


ここでは何度も書いていますが、汚れや素材と照らし合わせて、適切な洗い方を選ぶのが一番いいんです。


たがら、ドライクリーニングも必要、水洗いも必要なんですよ。



ドライクリーニングのイメージを変えたい人は、クリーニング屋さんを変えてみましょう。

個人店のクリーニング屋さんに出してみてください。

同じドライクリーニングとは思えないほど感動しますから。

これから衣替えがはじまりますが、ドライクリーニングの上手な店を知っておくと、服が長持ちしますよ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧