クリーニング

暑さ寒さも彼岸まで。

暑さ寒さも彼岸まで、と言いますが、今年は本当にそれですね。

ほんのちょっと前まではものすごい気温だったのに。

あっという間に、気温が下がってきました。

でも、また乱高下してますねえ、昨日のチーズがまさにそれでしたから。



暑いとか寒いとか言うのって、温度の問題ではないんですよね。

体感なんです。

だから、急激な温度変化があると、気温異常に寒くなった、暑くなった、とみんな言います。


涼しく感じるとですね、みんなクリーニングを引き取りたがるんですよね。(笑)

この寒さはまずいぞ?とおもうんでしょう、早めの準備を、と考えるので、預かってた品物を届けて欲しい、と言うご依頼が増えるんです。


この数日、宅配便の発送、配達のご依頼が一気に増えました。



クリーニングを利用する人たちって、生活がきちんとしている人が多いんですよね。

だって、クリーニングするってとても面倒なんですよ。


自分で洗う物、クリーニングに出すものを分けて、さらに次のシーズンも着るもの、捨てるものも分けて、その上でクリーニングに出すわけですから。

持っていくにしても、取りに来てもらうにしても、どちらにしてもめんどくさい。


片付けと準備がきちんと出来る人たちなんですよね。


だから、涼しくなると秋物の準備をしなきゃ、冬物の準備をしなきゃ、となるわけです。

そして、同時に、夏物もクリーニングしなきゃ、となるわけです。


これ、ほぼどこでも一斉に起きてると思いますよ。

不思議なもので、あまり変わらないんですよね、クリーニングって。

僕らに問い合わせが増える頃には、他のクリーニング屋さんにも問い合わせが増えている。


そう言う時期なんでしょうね。

天気予報を見ていると、まだまだ寒暖の差が激しいようですが、徐々に秋冬物の準備をしていきましょう。

そして、夏物の片付けも。

ちょうどいい頃合いです。

| | コメント (0)

10年の思い出と掃除。

祝日でも通常営業をしています。


と言いましても、皆さんはお休みですからそんなに忙しいわけでもありません。

午前中は昨日壊れた車から持ち帰ってきた荷物の整理をしていました。


10年以上乗っていましたから、色んなものが詰まっています。

何かあったときようにと、折り畳みのスコップが積んであったり、傘もあったし、念のためと災害用のUSBの電球も積んでありました。


一番と多いのが、品物につけるタグ。

配達で預かってきたらその場で名前をつけるので、車に常時積んであるんです。

で、細かいものなので、時折落ちてそのまんまにしてたんでしょうね。

出てくれ出てくる、たくさんのタグが。

これを使い切るだけで相当時間がかかりそうなくらい。


紙類も多くて。

この車で色んな所に出かけていました。

それこそ、大阪の展示会はこの車で行ってましたし、他業種の展示会などもこれで行ってました。


展示会の入場のカードが残ってたり。

一番古いのは2011年の大阪の展示会の入場チケットが。


ここにチケットがあると言うことは、僕はどうやって入場をしたんだろう?



多分余ったチケットだったんでしょうね。

出掛けた思い出ばかりなので、なかなか掃除がすすみませんでした。(笑)

| | コメント (0)

人がたくさん出てますね。

今日からシルバーウィークでしょうか。

午前中、配達に出ようと店から出たら。

前の道路が軽い渋滞をしていました。



コロナの影響が出始めてから久しくこんなに混んでいるのは見たことがありません。

最初、どこか工事をしているのか、事故でも起きたのかな?と思ったんですけど、どんなに先を見てもそんな様子は微塵もなく。

ただ、車が多いと言った感じです。



配達に出て、走っていても車も多いし、歩いている人も多い。

スーパーの周りは渋滞だし、カートにテントみたいなのを積んで歩いている人もいたり。


そういえば、今日から大きなイベントの人数制限も一部解除されたんねすよね。

みんな気を引き締めながら、休日を楽しんでいるのかもしれません。


いいなあ、シルバーウィーク。

うちはいつもどおり営業だ。(笑)

日曜はお休みですが、来週月曜火曜もいつもどおり営業をしているので、ぜひお越しください。

| | コメント (0)

三つの出来事。

今日は不思議な日でした。

何かテーマでもあるのかな?というくらい、似たような出来事が起こったり、出来事が繋がってるような1日ってありませんか?


今日はそんな日だったんですよ。



午前中に配達に出ましてね。

とあるマンションに向かいました。

初めてのマンションで、宅配ボックスにクリーニングした品物をお届けする予定だったんです。

しかし、宅配ボックスがどこにあるのか?わかりません。

マンションによってまちまちなんですよね。

エントランスにあったり、駐車場の所にあったり、裏側にあったり。

おしゃれなマンションだったりすると、外見からは分かりづらくなっていたりします。


少し迷っていると、エントランスから住人らしき人が出て来ました。


住人なら知っているだろう、と声をかけたんですよね。



すいまさん、ちょっとお聞きしたいんですが、と言ったら、時間がないので、とけんもほろろに去っていってしまいまして。

いやー、宅配ボックスの場所知りたかっただけなんだけどなあ、と思いつつ、なんかモヤモヤするなあ、久しぶりだな、この感覚、なんで思ったんです。

その後、無事に宅配ボックスを見つけて納品をして、次の配達に向かいました。


運転中、先ほどの出来事が頭をよぎります。



なんか変な人と勘違いされたんだろうか?

身なりがおかしかったのか?

話しかけ方が気持ち悪かったのか?

ナンパと勘違いされたのか?


などなど、想像できるネガティブなものがたくさん出て来ます。

丁寧に話したつもりなんだけど、何がいけなかったのか?本当に時間がなかったのか?

もし自分が聞かれたら、まずは普通に話を聞くけどなあ?やっぱり都心に近いからそういうの嫌うのかな?とか、運転中、ずーっともやもやもや。


そこから数件配達を回り、少し時間が空いたので、コストコに行ったんです。

コストコに向かう途中の交差点で止まっていたら、前に車が割り込んできました。

急に入り込んできたので、変な入り方をするなあ?と見てたんですよね。


すると、その車から運転手が降りて来ました。



な、なに?ぼく、何かした?

いま、一瞬そんなふうに考えますよね。

あおり運転のニュースが多いですから、気がつかないうちにぼくが何かしたんだろうか?とか、一瞬で考えます。


降りて来たのはおじいさん。


窓を開けると、こう言われたんです。



この前の道路は町田街道ですか?




どうやら道がわからないらしい。

すかさず、違います、町田街道はもう一方先ですよ。



するとおじいさん、ありがとございます、と言って車に乗り込み、まっすぐ走っていったんです。


その時ね、ふと先ほどのマンションの住人らしき人のことを思い出して。

あの人は教えてくれなかったけど、ぼくはちゃんと教えることができたな、うん、これでいい、って。

あの時のモヤモヤが少し晴れたんですよね。

なんかねえ、知らない人は悪者と思え、と言われたようでモヤモヤしてたんだと思うんですよ。

たまたま道を聞かれて、素直に教えて、お礼を言われて。

こっちが普通だよな、と自分の中で確信が持てたんでしょうね。


無事コストコにつきまして、お買い物も終了。

陳列が変わっていて、先ほどの出来事をすっかり忘れるほど店内を歩き回りました。(笑)


さあ、次の配達に向かわなきゃ!


次の配達先はコストコから少し離れています。

時間もあるので急いで向かいました。

高幡不動の前のお客さんのところに寄り、次のお客さんのところへ使う前にホームセンターへ。


そこでまたとある出来事が起きたんですよね。


ホームセンターで必要なものを手に持ち、レジに並んだんですよ。

いま、ソーシャルディスタンスでレジに並ぶと距離を開けなければいけません。

両側にレジがあり、どっちに並ぼうか?迷って左側の方に並んだんですよね。

ちょうど混む時間帯らしく、その後ぼくの後ろにも人が並びました。

隣のレジにも人が並んでいます。


隣のレジの方がぼくが並んだ方よりも早かったんですよね。

あー、隣の方が早かったかあ、まあ仕方ないな、と大人しく並んでいたんですよ。


すると、ぼくの肩を誰かが叩くんです。

振り向くと、腰の曲がったおじいちゃんが。


な、なに?と思ってみてたら、隣のレジを指差して、いけ、いけ、とやるんです。

もしかして、こっちのレジが空いてるから移れって事?


すいません、とお礼を言って移らせてもらってレジを済ませました。


どうやらそのおじいさん、ぼくの後に並んだみたいなんですね。

で、自分より先に並んでるのに、自分の方が早くレジの順番が回って来たから、と僕に譲ってくれたらしいんです。


レジが終わった後、もう一度丁寧におじいさんにお礼を言って頭を下げまして。

おじいさんも嬉しそうでした。


駐車場に向かいながら、今日は変な日だよなあ、っと。

午前中、マンションでモヤモヤした出来事にあって、コストコに行く途中で誰かの役に立つことができて、ホームセンターで人の優しさに触れて。


最後のおじいさんのおかげで、今日はとても良い1日だな、と思えましたしね。

あの人の行動が、僕の1日を良い日にしてくれたんです。


順番を譲ってもらえた、というだけではなくてね。

その気持ちが嬉しいし、お礼を言ってそれを受けてくれたのも嬉しいしね。


本当の人の善意は周りの人も幸せにするんだなあ、と思いましたね。


何か不思議な力が働いているんじゃないのかな?というような日でしたね。

僕も年取ったらあんなおじいさんになろう、と思いました。




| | コメント (0)

服の色が滲んでしまったら?

クリーニング屋さんにはあるあるなのですが、お客さんに話すととても驚かれることがあります。



皆さん、服ってちゃんと作られていると思ってますよね?

まさか、不具合がそんなに起きているとは思ってないのではないでしょうか?


でも、クリーニングを生業としていると、そんな服によく出会います。

お客さんにその説明をすると、なかなか信じてもらえないことの方が多いんですけどね。



クリーニングが悪かったんじゃないの?

うちが買ってるお店でそんな商品は売らない。


この言葉、クリーニング屋さんならみんな一度は聞いたことがあると思います。


残念な話ですけどね、服はそんなにちゃんとは作られていないんです。


いや、ちゃんと作られてないは語弊があるな。

洗濯やクリーニングを想定して作られてない、が正解でしょうね。

だから、洗うとおかしくなる服が出てくるわけです。


そして、ひどいものになると、着ているだけでおかしくなる服が出て来ます。



いま、ちょうどそんな服が来てまして。

濃紺の部分と白い部分があって、濃紺の部分から紺の色が白に滲んでしまっているんですよね。


検品の時に、すでになっているので、着用中、もしくはご自分で洗って色が出たものと推測されます。



洗濯表示は水洗いもドライクリーニングも出来るとなっていますから、明らかに商品がおかしいですね。


きちんと服を作っていたらこんな風にはならないんです。

色が写ってしまうと言うことは、染色に問題がある、と言うこと。

きちんと色止め、もしくは過剰に生地に乗った染料を洗い流していないからだと思われます。

普通はちゃんとやる作業なんですけどね、たまーに出てくるんです。


さて、もしこのような商品に出会ってしまったら。


まずはきちんと洗濯表示を確認しましょう。

表示であらえるとなっていて、その通りに洗っておかしくなったのなら、メーカーに問い合わせができます。

洗濯表示に住所や電話番号が載っているので、そこに電話をかけていただくか、買ったお店に持ち込んで、経緯を説明すれと対応をしてくれると思います。


クリーニングでそのような状態になった時には?


これね、ちょっと難しくなるんです。

クリーニング屋さんから問い合わせると、結構な確率で認めないメーカーさんがいます。


クリーニングしたからでしょ?

おたくのクリーニングが悪いからでしょ?


ぼくらクリーニングのプロですからね。

なぜそんな風になったのか?その商品がどんな風に悪いのか?説明ができますから。

でも、説明をしてもクリーニング屋からだと話がなかなか進まないことが多いんです。


なぜなら、クリーニング屋さんは購入者ではないから。



不思議なもので、購入者、つまりお客さんが問い合わせるとスムーズに話が進んでいきます。

お客さんの方から問い合わせて、メーカーからクリーニング屋さんの方にどんなクリーニングをしたのか?問い合わせをさせる方が、今までの経験上、話が早いですね。



今年は暑くて汗をたくさんかいてます。

自宅で水洗いをしている人もいらっしゃると思います。

よく見てみたら、色が滲んでしまっている服もあると思いますよ。

洗濯表示を確認して、おかしいようなら問い合わせをしてみましょう。

商品に問題があったらリコール情報が出ているかもしれません。

クレーム、と言うと言う方も気が重いと思うので、わからないから問い合わせをして聞いてみる、そんな感じで問い合わせると良いと思います。

| | コメント (0)

またもや車の故障。

今乗っている車、かなり乗ってるんですよね。

配達にも使いますし、勉強をしに遠くまでいったこともあります。

小さい子供を連れて遊びにいったことも。


車中泊出来るようにマットを買ったり、寝袋を買ったりして、この数年は夜移動、朝仮眠、とかよくやっていました。


10年くらい乗っているんですけどね、走行距離が16万キロを越しています。



今日の集配中の事です。



午前中に時間指定の集配があり、なんとかそこに間に合ってほっとして、さあ次のところに配達に行こうか?とエンジンを掛けたら、なんか変な音がするんですよね。


最初は気のせいか?と思っていたんですが、そのまま走り続けても異音は収まりません。

途中、どこかで車を見てもらおうか?とも思ったんですが、お店に心当たりがないので、そのまま府中方面に。

配達を2件済ませて戻ってきてから、聖蹟桜ヶ丘のディーラーに持ち込んだのでした。



どうやら故障しているらしい。

ただ、今の段階でどこが?と言うのははっきりとは言えない、修理が混み合っていて、見れるのが早くて夜、修理は週明けになるだろう、との事。


車の中に仕事の道具が乗っているので、ひとまずお店に帰ってきました。



いつもお世話になっているディーラーの友人に電話をかけて相談をしまして、日曜日にレッカーで修理工場に持ち込むことになりました。



うーん、最近レッカー車にお世話になることが多いなあ。



富士山の水汲みの帰りに車がダメになってレッカー頼みましたっけ。

あれからまだそんなに日が経ってないんですけどねえ。

直るような故障だといいんですけど。

走っている距離から考えると、少し怖いですかね。

致命的じゃなければいいなあ。


来週の集配は問題なく出来るようにしますのでご安心を。


明日、また車を見送らなきゃ。

ドナドナだな。

| | コメント (0)

積乱雲。

今年は特にゲリラ豪雨が多いと思うんですね。

ここ府中でも、スマホの警報が鳴ったかと思うと、土砂降りの雨が降ってきます。

特に最近のアプリは、精度が高いようで、今までは府中市という広さだったのが、最近は住吉町というサイズまで細かく警報が出せるようです。


そのため、スマホが鳴ったな、と思ったら程なく雨が降ってきます。



今日、配達に出ていたんですよね。

天気も良く、訓点していると気持ちがいいんですが、その先に見える雲がそろそろ秋を迎えるはずの空には見えないんですよね。



物凄い積乱雲があるんですよ。

それも、かなりの高さのやつが。

あれがゲリラ豪雨の卵なのか、とはっきりわかるやつです。


テレビではゲリラ豪雨の話をしています。

もしかしたら、僕が見ていたあの雲のどれか、雨を降らしているのかもしれませんね。



ほんの少し気温も落ち着いて、暑いけどなんとかしのげるようになってきています。

多分、秋も近づいてるんですよ。

だから、積乱雲の反対の方を見てみると、秋っぽい雲があったりするんです。



もう少しの我慢だなあ。

今年は梅雨が長くて、カビが生えまくりましたけど、夏の終わりの雨も気をつけましょうね。

気温が高くて雨が降るので、やはり危険です。

汚れたものを丸めて置いておかないようにしましょう。

| | コメント (0)

展示会、中止に。

コロナの影響でいろんなイベントが中止になっています。

でも、ここ最近は気をつけながら開催をするところもあったり、少しずつですが元の形に戻ろうとしているように思います。


開催をするのか、中止にするのか。


イベントを企画運営しているところでは悩みどころでしょうね。

どんなに対策を取ったとしても、完璧とは言えないでしょうし、万が一そのイベント内でクラスター感染など起こしてしまったら、責任さえ問われそうですしね。


しかし、イベントに懸けているところもあるのも事実なわけで。

クリーニング業界でも年に一度の展示会で、新しい製品をお披露目したり、提案したいメーカーさんがあったりします。

そういう所からすれば、なんとかして開催をしてもらいたいと思ってるでしょうしね。


僕らも展示会を楽しみにしてますからね。



さて、そんな年に一度の展示会が、今年の12月に開催されることになっていました。

と言いながら、本当にできるのか?中止にならないのか?注視していたんですよね。

やるならそろそろ宿の予約を取らなければいけないかな、と思っていたら、本日発表がありました。



展示会の開催を延期する、と。



中止ではないのが幸いでしょうか。

いつやるのかはハッキリしていませんが、とりあえず延期ということはどこかでやる、という事。

コロナの動向次第でやるんでしょうね。


ひとまず、希望を持って次の日程が発表されるのを待とうと思います。

なにしろ、展示会は物と人と会う場所ですからね。

同業の友達と会えないのは寂しいですし。


早くコロナの影響が無くなって欲しいですねえ。

| | コメント (0)

業者に任せていいんですよ。

こんな記事を読みました。



家事を全部自分でやる必要はない。




コロナ禍で家にいる時間が増え、それに合わせて家事の負担が増えている、と。

なんでも自分でやろうとする風潮もあると思うんですよね。

ホームセンターに行けば、自分で出来ると言うものがいろんなもので売られています。


壁や床の傷を直す修理キットも沢山売ってますし、電化製品が壊れても部品なんかも売ってたりします。

そして、やり方の動画もネットを探せばすぐ見つかります。


クリーニングでもありますよね。

自宅で洗うための洗剤も種類が豊富に出ています。


なんとなく、自分で出来る、と言うことが逆にプレッシャーになってるんじゃないのかな?と思えてきますね。



自分で出来るのと、自分がやらなきゃ行けない、というのはイコールではないと思います。

人にはそれぞれ用事もあるし仕事もある。

全部の家事をこなすのって、専業主婦でもとても大変だと思いますよ。



どこを人に任せるか?



ここは生活をする上でとても大事だと思います。

ちょっと前までは上手に振り分けていたと思うんですよね。



適度に外食をして、適度に惣菜を買ってきて。

掃除を頼んだり、クリーニングに出したり、時間を作るためだったり、体への負担を減らすためだったりで、業者に頼んだり。


上手に生活をしていたんですよ。

いつのまにか、自分で出来る、という事に振り回されて疲れちゃう人が増えているんでしょうね。


僕もよくやりますけどね。(笑)

頼めばいいのに、わざわさ車を出して買い物に走ったり。

時間も体力も限りがありますから。



記事の中では、思い切って業者に任せて楽になった、という話が沢山出ていました。

きっとストレスも相当かかっていたんでしょうね。


ただでさえコロナでストレスのかかりやすい世の中です。

無理しないでたまには業者に任せてもいいと思いますよ。

誰もそれを責めませんからね。

上手に生活をしていきましょう。

| | コメント (0)

スーツをクリーニングにするのにいいお店って?

クリーニング屋さんにもいろいろあります。

麻生さんのスーツの件で、いいクリーニング屋さんを抱えているからだ、と書きました。


では、いいクリーニング屋さんってどんなクリーニング屋さん?となると思うんですよね。


高価格のクリーニング屋さんがいいクリーニング屋さんなのか?

もっと庶民的なクリーニング屋さんでいいクリーニング屋さんはないのか?

そんなふうに考えると思います。



人によっていいクリーニング屋さんの定義は変わると思いますが、では、モノを絞っていいクリーニング屋さんとは何か?で考えたら、こういうクリーニング屋さんがいいと思います、と言えるかもしれません。



スーツやワイシャツなどでいいクリーニング屋さんは?



というなら、アイロンを掛けているクリーニング屋さんをお勧めします。



多くの人が、何言ってんの?と思ったかもしれません。

クリーニングに出すんだから、アイロンかけるのは当たり前でしょう?と思いますよね?


いやいや、ハンドアイロンを使わないクリーニング屋さん、多いですよ。

プレス機と呼ばれる、大きな機械でプレスをしたり、立体乾燥機というもので乾燥と仕上げをしてしまう、というお店もあります。

両方に言えることは、どちらも価格が安くたくさんクリーニングをしているお店に多いと言うこと。


逆に言うと、アイロンをきちんと使って仕上げをしていると、クリーニング代は安くはならないし、たくさんクリーニングをすることは難しい、と言う事でもあります。



なぜ、スーツはアイロンがいいのか。

それは、きちんと整形してもらえるからです。

麻生さんのスーツの時も書きましたが、着用すれば汚れるし、形も崩れます。

それを洗って元の形に戻さなければなりません。


プレス機も便利なんですが、サイズが合わなかったり、細かなところまで気がきく仕上げはできません。


よくクリーニング屋さんで、手仕上げを売りにしているところがありますが、あれはハンドアイロンできちんと整形をしてますよ、と言う事なんです。



では、アイロンで仕上げているお店をどう探せばいいのか?



一番わかりやすいのは、クリーニング屋さんに入ったら、アイロン代が置いてあるかどうか、アイロンが置いてあるかどうかです。

これなら一発でわかります。

難しいのは、受付だけのお店ですね。


受付だけのお店って、いわゆるチェーン店が多いのと、やはり大量生産をしがちなので、そこにアイロンがけを期待するのは難しいかもしれません。


でも、中には、ロイヤルとかデラックスと言うコースを別に作って、別料金でやっているところもあります。


これ、洗い方が違うのかな?と思うかもしれませんが、多くはアイロンをかけている、と言う事なんです。

機械仕上げとアイロン仕上げ、その違いを、デラックスとかロイヤルとかに置き換えているお店は多いですね。



自分はいいスーツを持っている!と言う方は、ぜひクリーニング屋さんもアイロン仕上げをしているお店を探してみてください。

持ちも違うし、何よりも着ていて気持ちいいし、かっこいいですよ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧