中河原の話

同級生と。

配達先でバッタリと出会うことってたまにあります。

出入りの業者さんが、僕がお伺いしている会社にも行っていたりする事もあるんです。


今日、そんな事がありまして。


いつも通り、会社に配達に行ったんですよ。

で、社長と少しお話をして。

挨拶をして車に戻ると、後ろに別の車が止まりました。

待たせちゃったかな?とそういう時は挨拶をするようにしています。


すると、車から降りてきた人が、あれ?工藤くん?と声をかけてくる。


ん?知り合い?と思って近づくと、あ、あー!Tくん?と。



なんと小学生の頃の友達でした。



彼とは少し縁のある付き合いがあって。

ずっと一緒ではないんですが、何かの時に一緒になる事があったんですよね。



小学生の頃は、割とやんちゃな子で。

僕のイメージではすぐ喧嘩をするような子でした。

でも、かっこよくて。

その彼が途中に引っ越していったんですよね。


それから何年かしてから、彼のうちに行くことになりまして。

うちの親が何かの拍子に知り合ったみたいです。


八王子の当時山の方で。

ホタルが観れるからおいで、と呼ばれていったんですよね。

その時に再開したら、僕の知っている彼ではなくて。(笑)


やんちゃではなく、とても丁寧な言葉を話すいい子になってました。



そのご、しばらく時間が空きます。

高校生の頃だったかな?一度こっちにきて、小学校に一緒に行きましたっけ。



その後、社会人になって、うちに寄ってくれたり。

服を扱う仕事をしているので、その縁で僕も彼のお店に寄ってみたり。

そのお店も閉店して別のところでやる、というので、それっきりになってたんです。



その彼と。



配達先でバッタリと出会って。

不思議なもんで、数年振りにあっても普通に会話するんですよね。

お互い容姿も全然変わっているんだけど。(笑)



5分ほどの立ち話でしたけどね、話ができて嬉しかったです。



僕は育った場所で商売をしていますが、同級生とは本当に会わないんですよ。

就職して地方に行った人もいるらしいですし、会社勤めだと僕と時間が合わないからそもそも会わなかったりします。

電車を使うのも通勤時間帯じゃ無いから余計ですよね。



みんな、どうしてるんだろうか?

多分、頑張ってるんだろうなあ。


また、Tくんとは会えそうな気がします。

それを楽しみに

| | コメント (0)

いつもと違う雰囲気。

昨日、集配に出たんですよね。

街中を走っていると、いつものゴールデンウィークとやはり少し違うんです。


あるべきものがない。

その違和感はすぐに感じました。



府中市のゴールデンウィークは、いつも閑散としているんですよね。

人をあまり見かけないんです。


なぜか?



町中がくらやみまつりに集中しているので、集まる所には人が集まっていますが、他のところは閑散としているんですね。



町内でお祭りの格好をしている人たちがいる所には、結構な人が集まっています。

また、大国魂神社周辺は、お祭りの参加者、観光客でごった返しています。

府中駅前のけやき並木は当然歩行者天国になってて車は入れないし、しゅうへんのどうろもすごい混むし。


町中がお祭りに集中している感じなんですよね。



それが、ですよ。

今年の大きな違いは、閑散とはしているものの、集まっているところもない、ところなんですよね。

お祭りの法被を着ている人なんて当然いないし、府中駅周辺、大国魂神社の辺りを走っても、静かだし。



なんか変な感じなんですよね。



くらやみまつりがないと言うだけで。

CATVでも放送されてたし、CMもあったし。

それらがないのも、さらにおかしな雰囲気に拍車をかけているのかもしれません。


お祭り大好きなみなさんにとってはとても残念な年になってしまいましたが。

子どもたちにとっても、お祭りで遊ぶ機会が減って残念だと思うけど。


来年を楽しみに今を乗り切るしかないですね。

今年我慢した分、来年は派手になるのかな?

そんなのを少しだけ期待してます。(笑)

| | コメント (0)

薬局はどこにありますか?

3月の末に、中河原薬局さんが閉店されました。



実は全然気付いてなくて。

ある日、お客様がいらしたときに言われて初めて気付いたんです。



中河原薬局さん、やめるんですか?と。

3月いっぱいらしいですよ、と言う話を聞いて驚いたわけです。



何年か前にご主人が亡くなりまして。

奥さんがやっていたんではないかなあ、と思います。


大きな薬局でお客様によっては、この辺ではあそこにしか置いてない化粧品ももあるのよ、なんて言うお話をする方もいるくらい。


中河原で薬局と言ったら、皆さん中河原薬局という感じだったみたいです。


で。


実は何人もの方が、こんな話をするんですよ。



薬局、どこかにない?と。



実は中河原には薬局がいくつかあります。

何年か前はもっとあったのですが、だんだんと減って行ったんです。

それでも、

中河原薬局以外に二つもあります。


調剤薬局も入れたらもっとありますよ。



でも、みなさん、薬局がどこにあるのか?知らないみたい。


一つは、駅前のライフの建物の中の一階に薬局が入っています。



もう一つは西友の通りを四谷の方に少し行くと、ヴェルパークというドラッグストアが。


もちろん、隣の駅に行けば他にもありますしね。

この辺で住んでいる分には薬局には困らないと思うんですけど、意外にも皆さん、他の薬局を知らなかったようで。



クリーニング屋さんに聞けばどこにあるのか?わかるだろう、と聞きにこられたみたいです。(笑)



クリーニング屋さんは街の情報が集まりますからね。

何かあったら聞きにいらしてください。(笑)



| | コメント (4)

いろんなお店を利用しましょう。

新型コロナウイルスの影響で、日常に影響が出ていますよね。


テレワークもその影響ですが、仕事そのものがなくなってしまうケースも出てきていたり。

イベントは根こそぎ中止ですから、ライブ活動をしている人や芸人さん、役者さんは今だけでなくこれから先の仕事もなくなり途方に暮れていると思うんです。


また、テレビでもやっていましたが、飲食業の人たちも大打撃で。

また、そこに納品をしている生産者たちも困っている、との事。


Facebookなどでも、コロナに負けるなと飲食店を利用しよう!という声が上がって来ています。


しかし、ですよ。

厳しいのは飲食だけではないんですよね。

他の業種の人たちも同じようにコロナウイルスの影響で仕事に支障が出ていたりするわけです。



配達に出て、いろんなところで声をかけて、景気どう?と聞いています。

飲食ももちろん厳しいですけど、他の業種もかなりひどい状態ですね。


多少減るのは仕方ないにしろ、飲食ばかり応援とやられてもね、正直もやもやするよね。



とは、とある商店主の方のお話。

その気持ちはよくわかる。

食べ物は取っついやすいんでしょうけどね、こんな時だからこそ、は食べ物だけでなく、出来る限り普通の生活に近い行動を取るのがいいと思うんです。



食べにいくのと同じように、普段利用しているお店も利用してあげるのがいいのかな、と。



土日の不要不急な外出の自粛をと、話が出てましたね。

土日が売り上げの肝というお店もあるでしょうから、大変だろうなあ。



今は我慢の時、ですからね。

仕方ないのかなあ。

なるべく他のお店も利用してあげてくださいね。

| | コメント (0)

人間ドック。

先日、車を駐車場に止めて、お店に帰ろうと歩いていたら、声を掛けられたんです。



一伸さんですよね?



急に話しかけられても動じません。(笑)

商売している人は普通の出来事なので。

いつどこで誰に見られているか?わからないですから。

知ってもらえてるってことはいい事なんですよね。



は、はい、と返事をすると、どうやら恵仁会病院の方でした。


お話があるんですが、いちとおみせによってもいいですか?との事。

いいですよ、と返事をしたら2時間後くらいにお店に来たんです。


なんの話か?と言うと、人間ドックのお話。

恵仁会病院は以前から人間ドックをやっていたんですが、いろんな人に知っていただこうと、こうして営業に回っている、との事。


人間ドックって、いろんな種類があるんですね。

全然知りませんでした。


脳ドックとかは聞いたことがありましたが、日帰り、入院、肺、などなど、いろんな種類があるんですね。


トータルヘルスステーションという名前で、恵仁会病院の隣に建物が建っていて、そこでやられているようです。


よろしかったら置かせてください、とパンフレットを置いて行かれました。


気になる方がいらっしゃいましたら、ぜひお待ちください。

カウンターの横にひっそりと置いてあります。(笑)



5af74036d2de403686d9b0a9ad633560


| | コメント (0)

大東京綜合卸売センター 四季フルーツさん

お客さんからいろんなお話を聞きます。

その中で、新しいお店ができたよ、面白いよ、と言われたお店が一軒ありました。



大東京綜合卸売センターの中に、果物屋さんが出来たんです。



四季フルーツさん



と言います。



お客さんが昨年末に卸売センターに買い物に行って、ふと目に止まった大きなラフランス。

美味しそうだなあ、と見てて、そのまま買って帰ったらとても美味しかった、との事。


ネット通販をしていて、熟れてネットでは取り扱えないものをかくやすで出していると言います。



それは面白いなあ、という事で、配達の帰りに卸売センターに寄ってきました。



第一通路、入ってすぐのところに四季フルーツさんはあります。

お店というよりも、そうこのような感じ。

外にはダンボールに入った果物がちらほら。


でも、よく見てみると、その果物が今食べ頃ですよ、というような感じの果物なんですよね。


僕が行った時には、柿とグレープフルーツとみかんとデコポンが並んでいました。



柿を購入。



帰ってすぐさま子供に食べさせたら、ものすごく甘い!って。

三男は、メロンよりも甘い!と1人で食べてしまうくらい。

僕が買った時の値段が一個100円だったので、とてもリーズナブルでした。



果物って食べごろが難しいんですよね。

買ってきてもすぐ食べない方がいいものが多くて、置いてるうちに売れすぎちゃったり。

でも、四季フルーツさんのなら、熟れて食べ頃なので、そのまま帰ってすぐ食べられます。

何よりも、値段がお手頃。


行ってみないとどんな果物があるか?分かりませんが、覗きに行く価値はありますよ。

ぜひ、卸売センターに行ってみてください。

| | コメント (0)

トマト。

本日までお休みをいただいております。

明日から仕事初めとならます。もうしばらくお待ち下さいませ。



去年の事です。

うちが借りている駐車場の入り口にぬいぐるみが落ちていました。

手のひらサイズのぬいぐるみで、トマトの

ぬいぐるみなんです。

顔が書いてあって、ちょっとシュールな表情のトマトのぬいぐるみ。


そのままにしておくのもなんとなく気が引けたので、入口の塀の隙間に置いていったんです。

誰かが探してるかもしれないから、一番見やすい所に、と。



ところがそれから、そのトマト、毎朝場所が変わるんですよね。


ある時は一番上に置かれていたり、ある時は狭い場所にぎゅうぎゅうに押し込まれていたり。

毎朝、位置が変わるわけです。


顔が描かれていますからね、ぎゅうぎゅうに押し込まれていたりすると、顔が歪んで苦しそうに見えて心が痛むようになり。

日に日に、トマトに感情移入をするようになってきました。


年末のある日、トマトがいなくなったんです。


前日、とても風の強い日で、ぬいぐるみですから風で飛ばされたのかもしれない、と辺りを見渡してもトマトは居ません。


それから数日、トマトは居なくなり、もう会えないのかなあ、と思っていたら、またいつもの場所にあのトマトが!


完全に居付きましたね。(笑)


僕以外でも気になっている人はいるんだろうなあ。

今日もトマトは元気そうでした。(笑)


Da14d944ead24c21ba612bacf4ffc3ca

| | コメント (0)

府中八中の同窓会のLINEグループが出来たみたいですよ。

先日、中学生の頃の同窓会がありました。

一昨年、友達が亡くなり、それで集まった時に同窓会を開こう、という話になったそうで。

今年の初めにやって、つい先日、3回目の同窓会を開いてました。



残念ながら参加出来なかったのですが、後日、LINEグループ作ったよ、と幹事の友達から連絡が。


中学の頃の友達がいたら誘って!と連絡が来まして。


中学の頃の友達でここを見てる人はいるのかな?と思いつつ、ご連絡です。(笑)


僕の方からも招待できるようなので、入りたい人がいたらメールをくださいね。

すでに50人ほど参加しているみたいですよ。

同窓会の写真見たけど、半分しかわからなかった。

あの頃の面影を残してる人もいれば、全然わからない人も。

歳をとりましたよねえ。(笑)

| | コメント (0)

聖イリナモンテッソーリスクールに通わせるか?で迷ってる人がいたら?

うちは子どもたちが大きくなりましたが、数年前までは幼稚園に通わせていました。

長男から最後の三男まで、実に7年間お世話になっています。


うちがお世話になった幼稚園は、聖イリナモンテッソーリスクール。

僕が子どもの頃は、桜ヶ丘幼稚園と呼ばれていましたっけ。

僕はその頃通っています。



先日、今のイリナにお子さんを通わせている方からこんな話を聞きました。



幼稚園に入園のお問い合わせが来るらしいんだけど、とある質問で難色を示す方が結構いらっしゃる、と。


その内容は、父兄がお手伝いとかをしますか?

と言うもの。


幼稚園に通わせている間に、園の行事などで親が駆り出されるか?そんなことを聞きたいみたいです。

で、なるべくなら駆り出されない幼稚園がいい、と言うことみたいですね。


まあ、なんとなく分かります。

共働きも多いですし、仕事を休むのも難しいでしょうしね。

また、休みだとしても貴重な休みですから、他に用事がたくさんあったりします。

そっちで大変なのに、さらに幼稚園のお手伝いまで出来るかどうか。



参考になるか?分かりませんが、イリナに子供を通わせていた一親の意見として読んでみてください。



イリナは他の幼稚園とは少し違います。

人数が極端に少ないですし、教育も少し違います。

通わせるとすぐにわかるのですが、子どもたちが自発的に考えて、行動するようになるんです。


人数が少ないと、楽しくないのでは?と思う方もいらっしゃるようですが、子どもたちからすれば、大人数でも一緒に遊ぶのは数人の子なので、人数が多い少ないはあまり関係ありません。


友達と仲良く遊ぶときもあるし、もちろん喧嘩をすることもあります。

そのときに、イリナの教育の凄さが見れるんですよ。


きちんと話しをする。


これ、出来るようでなかなか出来ません。

これを丁寧に繰り返し教えていくことで、何をするにも話し合いをし、みんなで協力して物事を出来る子達に育ちます。


で、親ですが

少人数の幼稚園ですから、当然、先生方も少ないわけで

例えば運動会、遠足、イリナ祭りなど親の協力が欠かせません。


ここで1つ誤解をされると困るのですが、親の協力と言っても、少しニュアンスが違うんですね。


園に協力をする、と言うよりも、子どもたちに協力をする、そんなイメージです。


たしかに時間を作って、手伝うのは家族の協力もいるし大変なんですけどね、でも、自分たちのかわいい子どもたちの行事ですよ、子どもたちが喜ぶなら、お父さんもお母さんも頑張っちゃうじゃ無いですか。(笑)


それに、子どもたちの大事な思い出の中に、自分たちも一緒にいて作れるって中々経験出来ることでは無いです。


僕らも子育てが始まったときに、いろんな方に言われました。



子どもと一緒に遊んだり出かけたり、何か出来るのは短いよ、と。

大きくなったら、親なんて振り向きもしないで、遊びに出かけちゃうから、と。

今のうちに、たくさん関わってあげなさいって。



はい、今それを実感しています。



振り返ると、我が家の7年ってものすごく長いんです。

普通の家庭は3年から5年くらい、そのくらいしか子どもに関われません。

あっという間ですよ、本当に。


この時間に、園の行事とはいえ、子どものために関われるなら、僕はいいことじゃ無いのかな、と思います。


子どもに近いところで関われる、イリナの教育は親にとっても嬉しい教育ですよ。



もし、イリナに興味を持ったけど、迷っている方がいらっしゃったら。


そんな時は、遠慮なく、幼稚園に行ってみてください。

イリナにいる子どもたちを見て、先生を見て、こんな風に育てたい!と思えると思います。


かわいくてかわいくて、大事なお子さんのことだから、いろんなことに敏感で慎重になってしまいますが。

みんなが通う大きな幼稚園の方が良さそうに見えるかもしれませんが。


贔屓目に見ても、イリナはいいですよ。


ぜひ、ご検討くださいませ。



ちなみに、今年高校受験のうちの娘、高校を選ぶのに文句垂れてまして、本当に行きたいのはイリナだ!と言うくらいなんです。

卒園して高校生になると言うのに、ですよ。

これを見ても、どれだけ子どもたちにとって素晴らしい教育をしてくれるか、わかってもらえると思います。


そろそろ、園の前にあるもみの木に、デコレーションされる頃かも知れません。

それを見にいくついでに、覗いて見てもいいかもしれませんね。

| | コメント (0)

あっという間に!

今日は朝から忙しい日でして。

家族が何かしらの用事で居なくなる、そんな日でした。


人が少なくなると、残された人は忙しくなります。(笑)



今日はですね、府中のリサイクルセンターでリサイクル品の販売会があったんですね。

チョウさんが行く、と言うので、うちの子どもたちも一緒に連れて行ってもらったんですよ。

折りたためるテーブルとイスが欲しくて。

何かいいものないか、子どもたちに見て来てもらおうと。


10時に始まるんですが、前回の教訓から今回は早めに行ったんですね。

9時に現地に到着。


ほんの数人しかいなかったそうです。

その後、10時オープン。

僕はその頃、配達に出てて。

1010分にメールが来たんですよね。


内容はこんなでした。



開始10分でほぼ売り切れです。



えっ?そんなに早く?

どれだけ人気なのよ?と驚きましたが、そんなだと目当てのものは見つからなかったんじゃないか、と思ってたら、なんとか購入したみたいで。

配達帰りにリサイクルセンターに寄ったんですよね。


子どもたちに話を聞くと、オープンと同時に、ものすごい人たちが一瞬で買っていった、と。

ちゃんと見てる?と思うくらい、一瞬の出来事だったらしいです。

それでも、折りたためるテーブルと椅子をなんとか見つけだらしい。

子どもたち、いい仕事したな。(笑)


数も少なかったらしいんですけどね、でも、リサイクル家具の販売が認知されないる証拠だと思います。

来年の春先の販売会はもっとすごいんだろうな。

使えるものは直して使ったほうがいいですしね。

いい取り組みだと思います。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧