日記・その他

GOTO千葉。

今日は朝から母を連れて千葉に行っていました。

GOTO千葉です。(笑)

いつものように社会福祉協議会から車椅子対応の車を借りまして。

台風の直撃を受けるかな?とドキドキしていたんですが、速度があがって、特に影響は受けませんでしたね。



千葉まで何しに行ったのか?と言いますと、買い物と親戚のおじさんのうちへ挨拶に。

母が倒れてからご無沙汰していたので、現状報告を兼ねて、行ってきました。



朝、少しだけ早く出て高速で。

流山市に行ったんですけどね、近いですよねえ。

富士山より近い。

うちから75キロくらいです。

渋滞がないからあっという間に着きます。



おじさんたちには事前に車椅子だからうちには上がれないよ、と伝えてあったのですが、やはり見るまではなんとかなるだろ、と思ってたらしく、着いてから部屋に上がらないか?と言われたんですよね。

一目見れば、無理なのはわかりますから、おじさんたちを車に乗せて近くのスターバックスへ。

事前に車椅子に対応しているか?確認をしておいたんですよ。


新しいスタバなのでとても綺麗、トイレも対応しているので安心です。

8時半ごろからとにかく話したいお年寄りたちですから、外の席を確保。

コーヒー飲みながらいろんな話をして気がついたら11時。

よく話してましたねえ。


その後、丸亀製麺で早めのお昼を。

ここも車椅子に対応してくれているので助かります。

中に入れれば、椅子を退けて食べさせることができる。


いま、グーグルマップで調べることができるんですよね。

なので、事前に行く場所が決まっていたら、周辺の店をチェックして、車椅子で入れるか、トイレはあるか、と確認をしています。


トイレも、コンビニを探せばなんとかなるんですよ。

新しい綺麗なコンビニに行けば、とても広いトイレが必ずある。

古いコンビニだとスペースの関係でなかったりしますが、少し走れば見つかりますしね。


今まで気づかなかった町のバリアフリー、本当に増えているなあと感じます。


お昼ご飯を食べたので、おじさんたちと別れて買い物に行こうと思ったら、ついていく、と。

あらら、大所帯の珍道中になってしまいました。



寄るお店は決まっているので、そのまま連れて行ったんですね。

おじさんのうちからそう遠くないけど、知らないお店だと言います。

そんなもんなんですよ、そこに住んでいても、みんな生活の導線は決まっているから、行ったことのない道、行ったことのないお店は沢山あるんです。


僕らに連れ回され、地元の知らないお店を梯子して、5時間後に帰宅。(笑)

娘さんたちが、どこのスターバックスに行ったのよ?と驚いてましたね。(笑)


ほぼ1日、大笑いしながら話をして買い物をして、母も満足したようです。

こんなに充実した1日はなかった、と。


いくまでは緊張してたと思うんですよね。

おじさんがどう思うのか?とか心配させないか、とか色々と思う所があったみたい。

でも、なんの連絡もしない方が、想像は悪い方に悪い方に行きます。

それなら、一度会っておいた方がいい、と思うんですよね。

結果的に大成功でした。


味をしめたのか、また今度来る、と。

近いからまた連れてきましょうかね。

冬になる前かなあ。


しかし、流山っていいところだな。

大好きになりました。(笑)

| | コメント (0)

子どもを可愛がってくれてました。

この何年かはお客さんの訃報を聞くことが多かったんです。

それだけ長く営業をしている、と言うことでもあるんですが、やはり悲しいし寂しいですよね。



この寒い雨の中、お客さんがいらっしゃったんです。

嫁さんが受付をしてたんですが、慌てて今にやってきて、母にカウンターまで来れるか?と聞いてきました。


来たのはお客さんの息子さん。

お母さんが亡くなられたんだそうです。



小柄なお母さんで、買い物用のカートを引きながらいつもうちの前を通っていました。

うちの店の建て替えと同じくらいからご来店くださるようになり、うちの子供の成長を一緒に見守って来てくれたんですね。


赤ちゃんの頃から見てて、幼稚園の運動会は観に来てくれました。

小学生になり、体の大きくなった中学生の頃も見守ってくれました。


急に引越しをされることになって、少し離れてからご無沙汰をしていたんです。


その間に病気になり、なんとうちの母と同じリハビリ病院に入っていたことがあったとか。

ほんの少し時期がずれてたようですが


母といろんな話をしたようです。

息子さんも亡くなってからやる事が多くて、まだ実感も湧かないと言います。


最近、気になっていたんですよ。

似たような方がうちの前を歩いているのを見て、元気かなあ?なんで思い出していました。

それがまさかこんな報告を聞くようになるとは。


ご冥福をお祈りします。

| | コメント (0)

車椅子を押してみて気づくこと。

夕方、銀行に行く用事があったので、母を連れて出かけてきたんです。

車椅子ですから、三男に手伝ってもらって。


中河原駅方面に歩いて行き、横断歩道を渡り、銀行へ。

まだ、5時前だったので歩道も空いています。

もうちょっとすると、会社帰りの人がたくさん出てくるんでしょうね。


車椅子を押していると、普段気づかないことにたくさん気づくんですね。


まず、歩道は思いの他、凸凹している。

押しててはっきりと手に衝撃がくるんですよね。

ベビーカーを使ってた時もそう感じましたけど、ベビーカーはまだ軽いのでまたちょっと違うんです。


車椅子は大人が乗っているので、かなりガタガタ揺れるんですよ。


そして、歩道は意外と斜めだったりもします。


車がはいるところだったり、工事の跡だったり。

この斜めがかなり怖いんですね。

軽いベビーカーなら力でヒョイっと修正ができるのに、車椅子だと、そのまま持っていかれちゃう。

だから、ルート選びは慎重にやらないといけません。

出来るだけ、平らなところを選んで押していかないと。

しかし、歩道が狭いとそうも言ってられないんです。

向こうからも人が歩いてくるから、左に寄らないと。

すると、斜めになるわけですね。


もしかしたら、上手な押し方があるのかもしれません。

なにしろ、僕らも車椅子を押し始めたビギナーなので。



また、バリアフリーのお店って意外とないんだなあとも思います。

コンビニはバリアフリーですけど、トレイも対応しているお店は限られます。

比較的新しいコンビニは対応してますよね。


そりゃ、バリアフリーマップというのが必要な理由もよくわかる。

最近はタクシーも対応してますしね。


超高齢化社会になって、これからどんどん対応していくんでしょうねえ。

お散歩程度なら安心して出かけられるんだなあ、と感じました。

| | コメント (0)

乗っ取り被害が増えてます。

ここ最近、メールの方に沢山の詐欺メールが来てました。

あの手この手、品を変えてよくなるなあと逆に感心します。


大人はみんな何かしら契約をしていますよね。

簡単な登録からカード情報を伴った会員登録まで、気がつくとものすごく沢山の登録をしていたかと思います。

既に記憶の彼方に追いやられてしまったものもあるでしょう。

そこをついてくるんですよね。


今回も、あれ、これ何年か前に登録した記憶があるな?と思うようなメールが何通か。

文章が少しおかしいので、警戒はするのですが、万が一本当のメールだと困るから、読まないで捨てるわけにもいかない。

しかも、発信者はきちんとしたメールアドレスで来ているので、それだけでは詐欺か本当か、区別がつきにくくなっています。


メール本文のリンクを見ると詐欺なのはわかるんですけど、スマホだとわかりづらいんですよね。


巧妙だなあ、と思う反面、現金からカードや電子マネーに移行するからこういう犯罪が増えるんだろうな、と思います。

もしかすると、今が一番多いのかもしれませんね。

ユーザーが増えて、思いもしないような犯罪が増えて。

ここから色々とセキュリティを上げていくんだと思います。

過渡期ってやつですね。



他にも詐欺はありますね。

最近多いのがFacebookでの乗っ取り被害。

周りでは1週間に数人やられています。

突然、メッセンジャーで、これ見て、と動画が送られてきて、それを見るとアプリの登録を要求させる。

登録をしてしまうと乗っ取られて、他の人に同様のメッセージを送るらしいです。


これを何人もの人たちがやられています。


なんで信じちゃったの?と聞くと、そもそもこの手の乗っ取りを知らなかったのと、知り合いから来たから信用した、というものが多かったですね。


悪い人たちもそこを利用しているんです。

知り合い、友達から来たら、信用して開くだろう、って。


冷静になれば、そんな一言だけで送ってくるわけはないんですけどね。

久しぶりのやりとりならなおさら。


とにかく、乗っ取り、詐欺、いろんな犯罪メールがやってきます。

気を付けましょう。

| | コメント (0)

貴重な時間。

僕はおばあちゃん子で、よくおばあちゃんから話を聞いていました。

いろんな話をしてくれるし、決して僕のことを責めないし。

たまにすごい怒られることもあったけど、おばあちゃんが大好きでした。


今日、嫁さんが用事で午前中に出かけていました。

その間、店番をしていたんですが、母が店に降りてきて店番をしてたんです。

車椅子なので、荷物を取りに行けませんから横に子供が代わる代わるいて。

僕は店の奥の方に居たんですね。


すると、何やら話し声が聞こえてくるな、と思ったら三男と母が何やら話している。

たわいもない話から、昔の話まで。

母が子供の頃の話や働き始めた話など沢山してましたかね。


多分、子供にとってみたら今とかけ離れ過ぎて全てが新鮮だったのではないでしょうか。


その内、次男と交代をして、今度は次男と母が話し始めます。

やはり、昔の話からたわいもない話、なんか色々と話してましたかね。


後ろでそれを眺めてて、貴重な時間を送っているなあ、と感じまして。

今、おじいちゃん、おばあちゃん、と一緒に暮らしている子はあまり居ませんし、話す機会も少ないと思うんですよね。


親が教えられることもあるんですが、おじいちゃん、おばあちゃんでしか教えられないこともあると思っています。

同じ話でも僕らよりも聴きやすくなるでしょうしね。


僕も、おばあちゃんとの話はとても良かったし、考え方の一部になっているのは間違いない。

沢山いる孫の中の一人だったと思うんですけどね。


いつか子供たちが、思い出す時が来るのかな?と思います。

その時、なんで思うのかな?

良かったと思うのか、ただ懐かしいと思うのか。

どうなんだろう?


今はこの貴重な時間を楽しんでもらいたいですね。

| | コメント (0)

溶けるチーズに気温の高さを感じます。

シルバーウィーク、最終日でした。

テレビでは観光地に凄い人だとか。

うちは普通に営業をしておりました。


実は毎年この日は長野に出かけていたんです。

10年ほど前に長野の友人たちにとてもお世話になりまして。

その時の恩返しに、と毎年この日は長野にお手伝いに行くんです。


この日にお祭りがあって。

そこにクリーニング屋さんの友達が出店をするんですよね。

クリーニング屋さんが集まっでやるんだけど、特にクリーニングのことには触れず。

以前はその場で染み抜きとかもしてましたけど、最近は顔を見るだけでクリーニング屋さん達ね、と認知されているので、出る事そのものに意味が出てきています。


僕らだけでなく、他の地域からもクリーニング屋さんが駆けつけるんです。


そこでお互いお土産を渡したりするんですが、ぼくが毎年持って行っていたのが、燻製のチーズ。

自家製なんですね。

ここによく出てくるチョウさんに教えてもらった燻製のチーズをしこたま作って持っていきます。


これが大好評でしてね。

これを食べたら他の燻製のチーズはたへられない、という人もいるくらい美味しいんです。


今年は行かなかったので、作るのをやめようかな、と思ってたんですけどね。

なんだかコロナで何もかもやらなくなるのもしゃくで。


と言う事で、今日は店を開けながら裏の方で燻製のチーズを作っていました。



やはり、今年は暑いんですよ。

だって、作ったチーズが溶けてるのがあるんですもん。

去年までは流石にここまで溶けたのはなかったので、気温が高めなんだと思います。


さて。

作った燻製のチーズ。

今回会えなかったところに送りますかね。

向こうも年に一度の楽しみだと思うし、なるべくいつも通りにしていたいですしね。

いつも通り、ふつうに、です。

| | コメント (0)

自販機が荒らされる。

うちの母方の実家は群馬の山のほうにあります。

家もそこそこあるんですが、何しろ山ですからね、周りは畑や田んぼがあり、のどかな場所です。


細い県道沿いに、うちの実家で契約している自販機があるんです。

バス停があり、電灯がある所に自販機が。

夜になるとそこが唯一の明かりとなるので、まあ目立ちますよね。


土曜に電話が入りまして。

なんと、その自販機がどうやら荒らされたらしい。

しかも、プロの犯行だろう、と言うんですね。


自販機の中の小銭なんてたかが知れてます。

しかも、ど田舎のほとんど人も通らないような自販機です。

そんな所まで荒らすなんて、どれだけお金が欲しかったんだろうか?

群馬、色々と泥棒が増えてるんですよね。

豚も盗まれたりしています。

でも、豚なんて盗んでも転売出来ないし。

いっしゅん、これもコロナのせいか?なんて思っても見ましたが、真相は分かりません。


壊された自販機は、新しいのに変わるそうです。

所々、錆びてた味のある自販機でしたが、こんどはピッカピカの自販機があの暗い道を照らすんでしょうね。


大変でも、犯罪はダメ。

自販機荒らしなんてやめてね。

| | コメント (0)

三つの出来事。

今日は不思議な日でした。

何かテーマでもあるのかな?というくらい、似たような出来事が起こったり、出来事が繋がってるような1日ってありませんか?


今日はそんな日だったんですよ。



午前中に配達に出ましてね。

とあるマンションに向かいました。

初めてのマンションで、宅配ボックスにクリーニングした品物をお届けする予定だったんです。

しかし、宅配ボックスがどこにあるのか?わかりません。

マンションによってまちまちなんですよね。

エントランスにあったり、駐車場の所にあったり、裏側にあったり。

おしゃれなマンションだったりすると、外見からは分かりづらくなっていたりします。


少し迷っていると、エントランスから住人らしき人が出て来ました。


住人なら知っているだろう、と声をかけたんですよね。



すいまさん、ちょっとお聞きしたいんですが、と言ったら、時間がないので、とけんもほろろに去っていってしまいまして。

いやー、宅配ボックスの場所知りたかっただけなんだけどなあ、と思いつつ、なんかモヤモヤするなあ、久しぶりだな、この感覚、なんで思ったんです。

その後、無事に宅配ボックスを見つけて納品をして、次の配達に向かいました。


運転中、先ほどの出来事が頭をよぎります。



なんか変な人と勘違いされたんだろうか?

身なりがおかしかったのか?

話しかけ方が気持ち悪かったのか?

ナンパと勘違いされたのか?


などなど、想像できるネガティブなものがたくさん出て来ます。

丁寧に話したつもりなんだけど、何がいけなかったのか?本当に時間がなかったのか?

もし自分が聞かれたら、まずは普通に話を聞くけどなあ?やっぱり都心に近いからそういうの嫌うのかな?とか、運転中、ずーっともやもやもや。


そこから数件配達を回り、少し時間が空いたので、コストコに行ったんです。

コストコに向かう途中の交差点で止まっていたら、前に車が割り込んできました。

急に入り込んできたので、変な入り方をするなあ?と見てたんですよね。


すると、その車から運転手が降りて来ました。



な、なに?ぼく、何かした?

いま、一瞬そんなふうに考えますよね。

あおり運転のニュースが多いですから、気がつかないうちにぼくが何かしたんだろうか?とか、一瞬で考えます。


降りて来たのはおじいさん。


窓を開けると、こう言われたんです。



この前の道路は町田街道ですか?




どうやら道がわからないらしい。

すかさず、違います、町田街道はもう一方先ですよ。



するとおじいさん、ありがとございます、と言って車に乗り込み、まっすぐ走っていったんです。


その時ね、ふと先ほどのマンションの住人らしき人のことを思い出して。

あの人は教えてくれなかったけど、ぼくはちゃんと教えることができたな、うん、これでいい、って。

あの時のモヤモヤが少し晴れたんですよね。

なんかねえ、知らない人は悪者と思え、と言われたようでモヤモヤしてたんだと思うんですよ。

たまたま道を聞かれて、素直に教えて、お礼を言われて。

こっちが普通だよな、と自分の中で確信が持てたんでしょうね。


無事コストコにつきまして、お買い物も終了。

陳列が変わっていて、先ほどの出来事をすっかり忘れるほど店内を歩き回りました。(笑)


さあ、次の配達に向かわなきゃ!


次の配達先はコストコから少し離れています。

時間もあるので急いで向かいました。

高幡不動の前のお客さんのところに寄り、次のお客さんのところへ使う前にホームセンターへ。


そこでまたとある出来事が起きたんですよね。


ホームセンターで必要なものを手に持ち、レジに並んだんですよ。

いま、ソーシャルディスタンスでレジに並ぶと距離を開けなければいけません。

両側にレジがあり、どっちに並ぼうか?迷って左側の方に並んだんですよね。

ちょうど混む時間帯らしく、その後ぼくの後ろにも人が並びました。

隣のレジにも人が並んでいます。


隣のレジの方がぼくが並んだ方よりも早かったんですよね。

あー、隣の方が早かったかあ、まあ仕方ないな、と大人しく並んでいたんですよ。


すると、ぼくの肩を誰かが叩くんです。

振り向くと、腰の曲がったおじいちゃんが。


な、なに?と思ってみてたら、隣のレジを指差して、いけ、いけ、とやるんです。

もしかして、こっちのレジが空いてるから移れって事?


すいません、とお礼を言って移らせてもらってレジを済ませました。


どうやらそのおじいさん、ぼくの後に並んだみたいなんですね。

で、自分より先に並んでるのに、自分の方が早くレジの順番が回って来たから、と僕に譲ってくれたらしいんです。


レジが終わった後、もう一度丁寧におじいさんにお礼を言って頭を下げまして。

おじいさんも嬉しそうでした。


駐車場に向かいながら、今日は変な日だよなあ、っと。

午前中、マンションでモヤモヤした出来事にあって、コストコに行く途中で誰かの役に立つことができて、ホームセンターで人の優しさに触れて。


最後のおじいさんのおかげで、今日はとても良い1日だな、と思えましたしね。

あの人の行動が、僕の1日を良い日にしてくれたんです。


順番を譲ってもらえた、というだけではなくてね。

その気持ちが嬉しいし、お礼を言ってそれを受けてくれたのも嬉しいしね。


本当の人の善意は周りの人も幸せにするんだなあ、と思いましたね。


何か不思議な力が働いているんじゃないのかな?というような日でしたね。

僕も年取ったらあんなおじいさんになろう、と思いました。




| | コメント (0)

この青紫色は?

クリーニングの仕事って汚れるんですよね。

そりゃ、よごれものをあつかってるんだから、当たり前だろう?と思うかもしれません。

汚れる理由はそれだけじゃないんですよ。


例えば、服から色が移ったり。

これね、濃色のものでたまに起こります。

他の服に色が移ったりする可能性があるので、濃色のものは扱う時にとても注意をするんですね。


今朝、気付いたんです。


今で寝落ちをして、朝になって起きて後悔をする、ここまではいつものパターンなのですが、その時に右手を見ると、親指の付け根から手首まで紫色になっていたんですよね。


こういう時に真っ先に思い付くのは、色のつくものを触ったかな?という事。



紫、もしくは濃紺のものを触ったかな記憶はない。

そのような品物とあった記憶はない。


とすると???


そう、内出血ですね。子供の頃によくみたやつです。

でも、ここをぶつけた記憶すらありません。

親指も動くので、ぶつけた訳ではなさそう。



じゃ、なんで内出血をしてるんだ?という謎だけが残ってしまいました。


しばらく考えましたが、答えは出ず。

ま、動くので放って置きましょう。

そのうち治る。(笑)

| | コメント (0)

煮干しの頭問題。

我が家には猫が2匹います。

一年くらい前からその猫たちのご飯を入れる器に煮干しの頭だけ残るようになりました。



ハードタイプの餌を食べてまして、その中に煮干しがそのまま入ってるんです。


最初は、もともと頭だけ取れていたやつがあったんだろう、そんで食べ辛かったから残ったのかな?と思ってたんですね。

それがですよ、日に日に煮干しの頭だけが増えていくんですよね。

他の餌はきれいに食べているのに、煮干しの頭だけ残っている。


これはおかしい。


流石に気付きますよね。

もしかして選り好みをして食べてる?

煮干しの体は食べるけど、頭は食べたくないとか?

どちらの猫が選り好みをしているのか?



その疑問が先日解明されました。


ママクックというメーカーからフリーズドライのささみが販売されていて、これが猫に大人気なんですよ。

で、そこのメーカーからシラウオのフリーズドライが売られていて、試しに買ってきたんです。


シラウオそのまんまをフリーズドライしてあるので、頭もしっかりついています。


それを1匹ずつに一つずつあげてたんですよね。

すると、白い方の猫の前に、シラウオの頭が落ちてたんですよ。

で、それを取って、猫の口に持っていくと匂いは嗅ぐけども食べない。(笑)

何度か繰り返すと、一度口に入れたフリをして、ぽろっと吐き出します。



おまえか。(笑)

おまえが頭を嫌いなんだな?(笑)

器用なやつめ。(笑)



これで犯人がわかりました。

食べてもらえるように少し工夫しましょうかね。

前は普通に食べてたんだけどなあ。

なんで急に食べなくなったんだろう?

不思議ですよねえ。



| | コメント (0)

より以前の記事一覧