府中の話

オリンピック、始まる。

オリンピックが始まりました。

その影響で今日の配達は一件だけで終わり。

府中周辺、交通規制されてるんですよね。


ちょうど今日の配達のお客さんのところがロードレースの会場近くだったりするのでやめたんです。

周辺道路もどのくらい混むか?予想もつきませんでしたしね。



武蔵の森公園でスタートして、東八道路から小金井街道に入り、大国魂神社の参道を通って是政橋へ。

テレビでは放送されませんでしたが、見に行った方々がTwitterFacebookに写真や動画をあげていました。


普通の道路をたくさんの自転車が走るんですから、そりゃもうすごい迫力だったでしょうね。

見に行った人は圧巻だったろうなあ。


ものすごい人手でしたけどね。

Yahooのニュースに密になってる、と書かれてましたし。


なんだかんだとみなさん楽しみにしてるのは間違い無いですね。



ロードレースが終わったらオリンピックの影響はないかなあと思っていたら、どうもそういうわけにはいかなさそう。

うちの集配エリアが広いのが原因なんですけどね。

お隣の調布は味の素スタジアムがあるし、武蔵の森総合スポーツプラザがあるしで、オリンピック開催期間中は何かと影響が出そうです。

よく調べてから配達に出るようにしなきゃな。


普通のクリーニング屋さんならこんな心配はしないんですけどね。

何しろ集配エリアが広いもんで。

引っ越したお客さんから頼まれたり、メールや電話でご相談を受けて行くようになったり、気がつくと物凄く広いエリアを回っています。

一時期は新宿や所沢まで行ってましたしね。


それに比べれば調布なんて近い近い。


みなさんもお出かけの時は気をつけてくださいね。

いつもと同じではないですから。

オリンピックやってますからね。(笑)

| | | コメント (0)

電話をかけまくる。

最近の話題はもっばらワクチンはもう打ちましたか?という話。

府中はワクチン接種が遅い、という噂を聞いているのですが、どこまで来ているのか、聞いてみないとわかりません。


案外、皆さん打ってる方がいるんですよね。



府中市内で集団接種に申し込んだ方や、近くの病院で打った方、職域接種で打った方。

いろいろです。

また、まだ打ってはいないけど予約入れたよ、という話もちらほらと聞こえてきました。



先日配達でお伺いしたお客さんから、僕らも予約取れるようになりましたよ?というお話を聞きました。

近くの病院でも予約を受け付けている、と。

調べてみるとうちから5分くらいの病院でも受け付けています。


予約時間が月曜から水曜日の午前中。

ワクチンがないと言われてるけど予約受けてくれるなら申し込もうかな、と電話をかけました。


掛けまくりました。


ええ、そりゃもう掛けまくったんです。



締切しギリギリが繋がりやすいらしいよ?

そんな噂も聞いて、締切1分前とかにも電話しました。



ずーーーーーーっと話し中。



まだまだワクチンを打つのは先なんですかねえ。

明日、もう一度チャレンジして、ダメなら翌週に持ち越しですね。

打ったら楽になる、と聞いてるので楽しみなんだけどなあ。

| | | コメント (0)

気温差にやられる。

ここ最近、休みの日は割と忙しく出掛けていたら冷蔵庫が空っぽになりました。

それなりに保存できる食料もあったんですが、それも使ってしまうと言う事態に。


今日は買い出しだ!と食糧の調達に行ってきました。



うーん、やはりスーパーは苦手だ。

特にこの時期のスーパーはものすごく涼しい。

ともすれば寒いくらいに涼しい。

中にいる時は割と快適でも、真夏の外と行き来するとしんどいんですよね。


またスーパーの駐車場ってなぜかものすごい熱気で。

空気が滞留しやすいからか、車の排気ガスが溜まるからか、もわっ!としますよね。

そこでせっせと買い込んだ食料を積み込んでいるうちに汗がどばーっと。


一軒なら多分平気なんですよね。

大体2軒くらい回るんです。

もわっ!とした後にやっと車に乗り、エアコンを入れて落ち着いたと思ったらまたお店に着く。

そして一気に体が冷えて、また駐車場で暑くなって。


これを繰り返すと一気に体力を奪われるんだな。

ほんの3時間くらいの買い物なのに、帰ってきたら同じくらいお昼寝しないと辛すぎて。


暑いままの方が体は楽なんですね。

この気温差が体に負担をかけるんでしょうねえ。


普段の暑い仕事場の方が楽ですもん。


夏場の買い物は大仕事だな。(笑)

| | | コメント (0)

いい職人は人の仕事を認められる。

配達の途中にガソリンを入れに行きました。

そこの近くに府中で有名なパン屋さんがあります。

最近は調子も悪いらしく、パンの生産もそんなに作れない様で。

人気店なものだからお店を開けたらすぐさまパンがなくなってしまいます。

インスタをフォローしているので、営業しているなあ、でも僕が回る頃にはないよなあ、といつも思ってみていました。


ガソリンスタンドからすぐの所にあります。

なんの気無しにパン屋さんの方へ車を回すと、あら今日は並んでない。

でも、すでに売り切れてる状態かも?とインスタを見てみると、まだ閉店の文字はない。


もしかして、寄れる?と思い切って寄って見ました。


店内に入るとお客さんが二人。

パンはもうそんなに残っていません。


うちはなんでも食べますから、あるものをいただいて、そして山型食パンを。

先程のお客さんが帰っていかれたので店主さんに声をかけて見たんですね。



調子はいかがですか?


そこからいろんなお話をしました。

インスタを見ていると、朝早くから仕込んでいます。

いや、あれは朝とは言わない。

深夜だ。

そこで仕込みの話を聞いて見たらもうね、パンのために生きている様なお話をするんですよね。



店を閉めてからパンの中身を買いに出かけ、まずそれを仕込み、終わってからご飯を食べて就寝。

12時になったら起きてパンを作り始める。

発酵があるから逆算するとその時間から作らないと時間が取れない、と。


思わずきちゃったんですよね。

それはなんとかならないんですか?って。

そうしたらこう答えられました。



やり方ですよね、って。

例えば、市販で中身は売っているからそれを使えばいいんです。

また、パンの生地に色々加えれば使いまわせたり出来ると。

やり方でここまでしなくても出来る、と言います。


でも、美味しいものを作ろうとしたら、こうなるんですよね、手間をかけるしかないんですって。


そこから店主さんがお勧めしてたケーキ屋さんに行った話などを。

すると、またこう言います。


同じ府中市内で頑張っている人がいたら応援したいじゃないですか、と。


いやー、すげえな。

起き上がれないほど体調崩してるんですよ?

作り方を変えたっておかしくないと思うんです。

誰もが、体は大事、潰れたら元も子もない、と言いそうなほど大変なのに、作り方を変えない。


こちらが驚いていたらクリーニング屋さんも変わらないでしょう?と言います。


チェーン店の様に大量になんてをもかんでも洗えば楽だろうけど、一つ一つ手をかけて洗えばそんなに沢山出来ないし、大変でしょ?って。


中々クリーニング屋さんの大変さをわかる人っていないんですけど、一発で言い当てられちゃいました。

洗うだけでしょ?と軽く見られがちなのに。


本当にすごい。

そして、やはり真っ当な職人は人の仕事もきちんとは評価できる。


これねえ、前から思ってたんですよね。



人の仕事を軽く見たり、大したことないと言って見たりする人って、その人が大したことないんです。

本当にできる人は、人の仕事の大変さを感じることができて、そしてリスペクトすることができる。


やらない人ほど人のことを軽く見ます。


なんか今日はついてたなあ。

本当に人気店でいつもならこんな話ができる時間なんて取れないのに。

この店主さんのお話を聞くためにパン屋さんに寄ったかの様な日でした。


パン、とても美味しかったです。

いいお話、ありがとうございました。

| | | コメント (0)

府中の5月。

例年、5月になると府中は活気が出始めます。

なぜなら大きなイベントがあるから。


一つは大國魂神社のくらやみまつり。

盛大なお祭りですよね。

ゴールデンウィークはこのお祭りで府中はいつも賑やか。

ケーブルテレビで全国放送されたりとどうやら全国的にも有名なお祭りらしい。


残念ながら去年からコロナの影響で開催されていません。

やはり、お祭りがないとどこか寂しいですよね。



もう一つ、大きなイベントがあるんです。

それが、ダービー。

東京優駿です。

東京競馬場で行われる3歳馬のクラシック。

G1レースと言われる最高峰のレースの一つが行われます。


今年のダービーは今日。

うちのじいさんも昨日からなんとなくそわそわしていました。

ダービーは競馬ファンからすると特別なレースなんでしょうね。



何年か前は僕もダービーの時はわざわざ競馬場に行ったりしてました。

何日も前から徹夜で並ぶ人もいるんです。

チケットも当日は売ってないので普通なら入れない。

でも、入れるんですよ。

入り口に余ったチケットをその場で売り買いする場所が作られていて、そこに並んでいると、渋いおじさんたちがやって来て、余ったチケットを売ってくれます。

もちろん定価で。

みんな、誰か一緒に行く人がいるかも?と余分に買っているのでこう言うシステムになってるんでしょうね。


東京競馬場は競馬場の中でもとても綺麗らしく。

設備も綺麗だし女性も安心して連れて行けるんだとか。

日本の中でもかなりいい設備らしいですよ。


東京競馬場はとにかく気持ちいい。

そこにサラブレッド達がいるんです。

サラブレッドって生で見るとすげー綺麗だなあと思うんですよ。

そしてかっこいい。


そして、ダービーをやってるい時は内馬場でイベントもやっている。

子供を連れて行っても安心、食べ物も美味しい。

そして5月の気候も相まってのんびりとできる。


府中の5月は楽しいんですよねえ。



ワクチンの接種も進んでますよね。

来年は府中の5月を堪能できるかなあ。

あともう少し、我慢我慢。

| | | コメント (0)

村木整形外科。

右手の腫れがあまりにも治らないので、重い腰を上げて病院に行きました。



行ったのは、以前、島中整形外科があった所に新しく入った村木整形外科。

初めての受診です。



5時半頃に到着。

初めてですから問診票を書かなければいけません。

ところが。

右手が腫れてますからペンが持てない。

字が書けないわけですね。

子供の頃は左利きで左で字を書いていた事もあるので、なんとかなるべ、と書き始めたらミミズのはったような字でかろうじて読めるか読めないか、って言う字。

すると、看護婦さんが残りの文を代筆してくれました。

書いたところも確認して読みやすい様に書き換えてくれたり。


いい看護婦さんだ。



診察はテキパキと早く、次々に患者さんが入っていきます。

程なくして僕が呼ばれ、中に入って説明すると、あまりの腫れっぷりに少し驚いてました。

さらに腫れたのが1週間前だ、と話すと更に驚くことに。

そうかー、普通の人はこの状態だと我慢しないよなあ、なんて思ったり。


レントゲンと採血をして、結果は明日に。


バイキンが入った事を疑ってるみたいです。

抗生剤をいただいて帰りました。


いい病院だと思いますよ。

先生も気さくな方で診断も早い。

テキパキとこなしてくれました。

サラリーマンの方や仕事帰りの人とか結構来てましたしね。

中河原の整形外科はここで安心じゃないでしょうか。


帰りに駅の下の焼き鳥屋さんが閉店していることに気付きました。

よく見ると反対側の麻雀店も。

中河原でもあちこちでコロナの影響が出ているんだなあと感じます。

| | | コメント (0)

まんえん防止等重点措置が出ましたね。

東京にまんえん防止等重点措置が出ました。

緊急事態宣言との違いは東京という大きな括りではなく、東京の中でも地域を選べる事。

そして今回、府中市もまんえん防止等重点措置に入っていました。


今日からですね。


また飲み屋さんなどのお酒を提供するお店は8時閉店に逆戻りです。



なんで府中が入ったんだろう?と不思議に思いましたけど、感染者が多いんですね。

高齢者も多いから仕方ないのかもしれません。


ワクチンもまだまだですし。

府中は90代から打つそうなので自分の分まではまだ当分先ですからね。

引き続き、気を引き締めていかないと。


でもなあ、配達に出ていると結構人は出ているんですよね。

感染対策をとりつつなんでしょうけどね。

これで増えるようだとロックダウンとかも視野に入れないといけなくなりますね。


引き続き、気をつけながらやっていきましょう。

| | | コメント (0)

東郷寺の枝垂れ桜の見頃は、ソメイヨシノの開花日です。

強い雨が降りました。

雨が降り始めると春になるのかな?と思います。

雷も鳴ってましたしね。

春雷というやつです。


天気予報で桜の開花予想を出していて、東京のソメイヨシノが来週あたりになる、と聞きました。


そろそろ見頃かな?



東郷寺の枝垂れ桜です。

多磨霊園駅から多摩川方面に歩いて5分ほどのところにある東郷寺の桜。

あまりに見事なので、毎年たくさんの人が写真を撮りにきています。


ただ一つ問題が。


いつ見頃か?分かりにくい。

ソメイヨシノの満開のニュースを聞いて見に行ったらすでに葉桜だったり。

枝垂れ桜はソメイヨシノよりも早いんですよね。


きょう、雨の降っている中、配達の帰りに東郷寺に寄ってきました。

さっと見てきただけですか、すでに桜は咲いています。

満開とまでは行きませんが、見れるレベルで咲いている。

これは、来週あたりに満開になりますかね。


東郷寺の枝垂れ桜の見頃は、ソメイヨシノの開花日なんですよ。

これを覚えておくと見頃を逃さずに済みます。


今日は雨だったので車から降りませんでしたけど、来週は写真撮れるかなあ?

年に一度ですから、楽しみですね。

| | | コメント (0)

震災の日のことを思い出すと。

今日で震災から10年ですか。

という事はここのブログも10年以上書いていることになります。

時の経つのは早いもので。


東北震災の時の話は、当時このブログにも書いています。

幼稚園の卒園のイベントをやっていた日の事でした。


その時の様子は是非ブログを遡ってご覧ください。



あの頃のことを思い返すと、うちの前の道路が異常に混んでいたのを覚えています。

確か電車も止まっていたので、あるいて会社から帰ってきてる人がたくさんいました。

深夜になって真っ暗な道を歩くのはかわいそうだ、と一晩中、店の明かりをつけておいて。


大きな橋のある道路は大渋滞だったんです。

家に帰るのに橋を渡らなきゃ行けない人がたくさんいるから混んだんでしょうね。

道路の反対側の駐車場に止めることが出来なくて、コインパーキングに一晩車止めましたし。



その渋滞の中に、見たこともないくらいでかい重機が2台いたのを覚えています。

長さだけでなく、高さもあるすごくでかい重機。

その車が入った先が、多摩境のコストコだったみたいですね。

駐車場に上がるスロープが倒壊して下敷きになった人がいて。

助けに行ったんだと思います。


ああ、新宿の会社から歩いて帰ってきた人もいて、途中の自転車屋さんで自転車を買って帰っきた人もいたなあ。


自宅のマンションにたどり着いたらエレベーターが動いてなくて、階段で登ってしんどかった、という話も聞きました。


あの日、電話が繋がらなくなって。

普通の電話回線はダメだったけど、データ通信系の通話は出来たんですよね。

スカイプの通話は使えました。

Twitterも使えたな、確か。


あの日を思い出すと、こうして断片的な記憶が出てきます。

またあんな大きな災害は起きてほしくないけど。

でも、あの日のことは教訓にしたいですよね。


| | | コメント (0)

制服の無料クリーニングについて。

この度、府中八中の三年生を対象に制服の無料クリーニングをする事にしました。

店頭にそのポスターを掲示しているのですが、もう少し詳しい説明をさせてください。



制服の無料クリーニングを決めたのは年末の事でした。


その理由の一つは、コロナ禍で子供たちのイベントがことごとく無くなり、修学旅行も延期になってしまいました


何か子供達にできないかなあ?


最初はそんなふうに思っていました。

受験シーズン前だったので、制服のクリーニングをしてあげようか、と話になり相談をしていたんです。

ビシッと仕上がったきれいな制服を着て、受験に行ったらどうだろう?と。

2月はクリーニングの閑散期にあたるので、僕らが体を動かせばなんの問題もありません。

募金や援助は難しいですが、体を動かすことはできます。


いろんな人に相談をしていたら、こんな風に言われました。



無料は良くない。


クリーニング屋さんからも否定的な話をされましたし、同じ中学生のお子さんを持つ方からも無料は返って心苦しい、と。

かかったコスト分くらいは払う方がいい、というお話もいただきました。


クリーニング屋さんからは、技術の安売りはいけない、と。

それは僕らの仕事を否定するものだ、とも言われました。


ここで悩んだのは正直なところです。

そして2月が終わったところで、改めて考え直しました。


なんで子供達にきれいな制服を着てもらいたいんだろう?と。


年々クリーニングは減ってきていますが、実は制服のクリーニングも減っています。

たまにうちに来る子供達の制服を見ていると、色がくすんだりアイロンのかかってないシャツを着ています。

忙しいお母さんたちにそこまでやりましょう、とはとても言えません。

かと言って、毎日着るワイシャツを中学生でクリーニングに出すのも現実的ではありません。


クリーニングの体験をしてない子が多いかもなあ。


そう思ったんです。

毎日着ている制服、だんだんと慣れてきてしまって、いつの間にか多少の汚れやしわでも気にしなくなっていると思うんです。


いつか大人になったら自分でスーツをクリーニングに出すかもしれません。

でも、それも子供のうちに体験をしているからこそじゃないか、と思うんですよね。


これで腹を決めました。


子どもたちに、クリーニングの体験をしてもらおう、と。


チェーン店じゃない、きちんとしたクリーニングの体験をプレゼントしよう、と。

そう決めました。


受験は間に合いませんでしたが、卒業式には間に合います。

もし、卒業式がなくても、制服を着て親御さんと記念の写真を撮ると思うんです。

その時に気持ちの良い写真が撮れるように、制服をクリーニングをしよう、と。


きれいな制服を着て、晴れ晴れした気持ちで卒業を迎えてほしいなあ、と思ったんですよね。

その体験とともにクリーニングの気持ちよさも体験してもらおう、と。



正直言いますと、この企画が何かの売り上げに貢献することもないですし、売り込むこともしません。

だから、どこにも情報はリークしませんし、仮に取材の申し込みが来ても受けません。

自分たちに出来る範囲内でしかやれないので、府中八中の三年生、と限定させていただいてます。


でもこの体験が、いつか子供達が大人になってスーツを着た時に、クリーニングをしたら気持ちいいんだ、と思い出してもらえたら、と思います。


もし、何か返したいと思ってもらえるなら、みんなが成長してスーツを着る時に、また当店をご利用ください。

そして、その時は、あの時クリーニングしてもらいました、と一言おっしゃってくれればそれだけで嬉しいです。


クリーニングの体験をしてもらいたい。


きれいな服で卒業を迎えてもらいたい。



この二つが今回の企画の目的です。



ぜひ、遠慮せずにクリーニングにお持ちください。

いつものように、手を抜かず、丁寧にクリーニングをさせていただきます。



| | | コメント (0)

より以前の記事一覧